【そば前おがわ】十割蕎麦とおつまみを楽しめる研屋町のお蕎麦屋さん!

「そば前おがわ」とは?

2018年10月、静岡市葵区研屋町にオープンした「そば前おがわ」は、サクッと呑める新進気鋭のお蕎麦屋さん。

ぺこ
はなげは知らないと思うけど、「そば前」ってのは、蕎麦を食べる前にお酒とおつまみを楽しむことだよ。
はなげっくす
ハァ?知ってたし!そば前のプロだし。

愛知県で修行されたご主人が手碾き・手打ちする極上のお蕎麦。最近何かとアツい研屋町でじっくり楽しみましょう。

「そば前おがわ」はこんなお店

昭和とアートが融合した「金座ボタニカ」のすぐ隣に店舗を構える「そば前おがわ」。キリッとした茶色の扉に期待値は高まります。

そば前おがわの外観

白と茶系の内装とジャズが流れる落ち着いた雰囲気の店内。カウンターのみ8席で、どこからでも店主さんの仕事ぶりを眺めることができます。

「そば前おがわ」のメニュー

「そば前おがわ」のお蕎麦は、「もりそば」のみという潔さ。「二種盛り」は品種の異なるお蕎麦を2枚楽しめます。

お蕎麦
  • もりそば(十割):800円
  • 追加一枚:590円
  • 二種盛り:1,290円

そば前だけあって、おつまみが充実。もちろん日本酒も揃っているので、お蕎麦の前に一杯やりましょう。

おつまみ
  • 手造り豆腐:290円
  • ぬか漬:340円
  • 小松菜おひたし:290円
  • トマトのおひたし:390円
  • 板わさ:390円
  • 合鴨のたたき:890円
  • だし巻:490円
  • なめ茸おろし:290円
  • なめ茸とアボカド:490円
  • なめ茸入り玉子焼き:590円
  • クリームチーズのわさび漬け和え:430円
  • たたみいわし:430円
  • そば味噌ときゅうり:290円
  • そばがき:590円

そば前と十割蕎麦を楽しむ

シンプルな「そば味噌ときゅうり」。そば味噌と日本酒の相性は言うまでもありません。

そば味噌ときゅうり

クセがなくやわらかい「合鴨のたたき」。間違いなくお酒が進む一品。

合鴨のたたき

丁寧に焼き上げられた「だし巻」は、口の中でふんわりやさしくほぐれていきます。

だし巻

2種類の蕎麦を楽しめる「二種盛り」。日によって品種は異なりますが、まずは北海道キタワセ(18年産)

北海道キタワセ 北海道キタワセ

1枚目を食べ終わって、いいタイミングで出てくる2枚目は常陸秋そば(17年産)

常陸秋そば

鼻へ抜ける香りや口に広がる味わいの違いを楽しみましょう。どちらも十割ならではのほど良い歯ごたえはありつつ、すすった感じも心地良い。

北海道キタワセ

良きお蕎麦。

はなげっくす
シンプルなだけにお蕎麦としっかり対話できるのが良いね。
ぺこ
お前のたわ言を聞かされるお蕎麦の気持ちを思うと涙が出てくる。

スポンサーリンク

「そば前おがわ」のここがおすすめ

「そば前おがわ」のおすすめポイントをまとめてみました。

  • ジャズが流れる落ち着いた雰囲気の店内。
  • お蕎麦の前に日本酒とおつまみを楽しめる。
  • お蕎麦はもりそばのみ。「二種盛り」がおすすめ。

お店の情報

店名 そば前おがわ
住所 静岡県静岡市葵区研屋町21
TEL 不明
営業時間 17:00〜23:00
定休日 現在は無休
座席数 8席
タバコ 完全禁煙
駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)

まとめ

静岡市葵区研屋町で注目の「そば前おがわ」は、サクッと呑める素敵なお蕎麦屋さんでした。近所で飲んだ時のシメにもどうぞ。

▼静岡市内で蕎麦を食べるならこちらもおすすめ。

【ちゃやま】名店「つむらや」の味を完全継承したお蕎麦屋さん!

2018.12.21

【在来蕎麦 たがた】アノ名店の2号店でお得なおまかせコースを楽しもう!

2018.10.26

【手打ち蕎麦 たがた】静岡でこだわりの在来蕎麦を味わうならここ!

2018.10.21

【一朋(いっぽう)】静岡街中の蕎麦屋で新感覚の創作蕎麦を食べよう!

2018.09.20

【手打蕎麦こなや】至高の「みょうがそば」をすすって季節を感じろ!

2017.08.10
プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。