【無上帑(むじょうどう)】贅沢な時間が流れる富士山を望む絶景カフェ!

「無上帑(むじょうどう)」とは?

静岡県富士市の「無上帑(むじょうどう)」は、豊かな自然の中で、静かな季節の移ろいを感じることができる絶景カフェ。

大きな窓から富士山を眺められるというのが最大の特徴。最高に落ち着いた空間で、コーヒーを飲みながらゆっくり過ごしてみませんか?

「無上帑(むじょうどう)」ってどういう意味?

「帑」にはもともと「金・銀をしまっておく蔵」のような意味があるそう。つまり「無上帑」とは、「この上ない贅沢な場所」を意味するとのこと。

無上帑の意味

「無上帑(むじょうどう)」はこんなお店

伝統的な日本建築を基に建てられたという「無上帑」。うっとりするぐらい美しく風格のある建物ですね。

無上帑の外観 無上帑の外観

バックには富士山が見えるという素晴らしい景観。晴れた日は即決で「無上帑」を訪れたいですね。

無上帑からの景色

店内の雰囲気はもう最高に落ち着いていますね。板の間の座敷席は、富士山を眺められる特等席です。

おお!

おおお!

最高!!

はなげっくす
この景色は特別感あるなぁ。富士山ってこんなに素敵なんだね。
ぺこ
この大きな窓がすっごくいいね。雄大な自然をダイレクトに感じられる。

窓際には仏像や陶器がずらっと並べられています。

真空管アンプからはおしゃれなジャズが流れていて、心地良い空間を演出。

入口すぐの席には、西洋アンティークな椅子とテーブル。あたたかいストーブ。あえて富士山を背中で感じながら、時の流れに身を委ねるのも良いでしょう。

春〜初夏の暖かい日は外の席も素敵。川のせせらぎを聞きながら、優しい風を感じましょう。

外の席 敷地内には小川が流れる

スポンサーリンク

「無上帑(むじょうどう)」のメニュー

「無上帑スペシャルサンド」を中心としたカフェメニュー。コーヒーだけでなく、ビールとのセットも可能。

無上帑のメニュー

「おしるこ」「抹茶ミルク」「ホットワイン」などの冬季限定メニューと単品のドリンクがこちら。夏になると登場するかき氷も人気。

無上帑のメニュー 無上帑のメニュー

本山地区で穫れる自然薯を使ったとろろめし「自然薯 百(1,800円)」は、静岡朝日テレビ・森直美アナもおすすめの一品。

これが「無上帑スペシャルサンド」だ!

国際ハムソーセージコンテストで、多くの金メダルを獲得した「グロースヴァルトSANO」さんのソーセージと自家製天然酵母のパンを使用した「無上帑スペシャルサンド」の「珈琲セット(970円)」

焼き色のついたソーセージからは、食欲をそそるいい香りがします。

うん、うまい!

ぺこ
ソーセージはジューシーだし、天然酵母のパンがモチモチだね。
はなげっくす
このパンさ、手で持っても全然手が汚れないよね。サラサラだ。

食事のあとは、セットの「ぶれんど珈琲」を飲みながら富士山を眺めましょう。贅沢な時間ですね。

ぶれんど珈琲 ぶれんど珈琲

コーヒーカップもそれぞれ違って可愛いですね。

コーヒーカップが可愛い

「無上帑(むじょうどう)」のここがおすすめ

「無上帑」のおすすめポイントをまとめてみました。

  • 建物の雰囲気が素晴らしい。ジャズが流れて優雅な時間が流れる。
  • なんと言っても富士山。大きな窓からは雄大な富士山が眺められる。
  • 極上のソーセージと天然酵母を使用した「無上帑スペシャルサンド」がおすすめ。

お店の情報

店名 無上帑(むじょうどう)
住所 静岡県富士市南松野247
電話番号 0545-69-3588
営業時間 10:00〜17:00
定休日 木曜日
座席数 35席
タバコ 店内禁煙
駐車場 あり

まとめ

最高の景色を眺めながらゆったりできる「無上帑」。四季の移ろいを感じながら、大人の時間を過ごしてみてください。もちろん、ファミリーでも楽しめますよ。

富士山
プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。