【パンチャバティ】超健康的!鷹匠のカフェでヴィーガンスタイルの料理を味わう!

「パンチャバティ」とは?

静岡市葵区鷹匠にある「パンチャバティ」は、ヴィーガンスタイルの料理を提供するカフェ。個人的にヴィーガン初体験。もともと行きたいお店で、すごく楽しみにしていたので、スキップしながら向かいました。

ヴィーガンってなに?

そもそも、みなさんはヴィーガンという言葉を知っていますか?わたしは詳しく知らなかったのですが、ベジタリアンとは似て非なるものなんだとか。

簡単に言うと「動物性食品を食べないベジタリアン」といったところでしょうか。なので、ヴィーガンスタイルの料理には、肉・魚・卵・牛乳・チーズなどは一切使われていません。

ベジタリアンが健康志向なのに対し、ヴィーガンは動物愛護の精神が根底にあるので、全く意味合いが違うんですね。

「パンチャバティ」の様子

鷹匠スカイコーポという建物の2階。「ペトラルカ」というイタリアンの向かいにあります。

おしゃれで清潔感のある店内。誰かに教えたくなるそんな居心地の良い雰囲気のお店ですね。

窓際の席は、たくさん光が差し込んで、気持ちが良さそう。

おしぼりからはアロマの香りが。こういった細かい心遣いは嬉しいものです。

スポンサーリンク

「パンチャバティ」のメニュー

この日のランチは、玄米菜食プレート、プレート+前菜、カレーの3種類。普段は、キッシュプレートもあるみたいです。わたしは、プレート+前菜を選択。

量の調整にも応じてくれます。+200円でミニデザートを付けることができるのは嬉しいですね。

これがヴィーガンスタイルの料理だ

前菜は、春野菜の炊き合わせ。レモンの寒天ジュレが爽やか。

里芋のポタージュは、弱った胃腸にやさしいですね。ピンクペッパーでピリッとアクセント。さりげない工夫が光ります。

メインは、自然農法の春キャベツを使ったロールキャベツと数種類のおかず。もちろんお肉は使っていません。

数種類のおかずにも手間をかけているのがよくわかります。一例を挙げると、豆腐を2週間味噌に漬け込んだ後に燻製にしたおかずは、本当に燻製チーズのような味わい。

素材を活かしてうまくアクセントがつけられている印象で、しっかり満足感もあります。ヘルシーだけど、物足りないといった感じはありません。

ほうじ茶でほっと一息。

感動したのは、こちらの「パンチャナッツのスパイスケーキ」。5種類のナッツを使った食感のおもしろさ、生クリームに見立てた豆腐クリームのなめらかさに驚きました。

今回はミニサイズだったので、次回はフルサイズで楽しみたいケーキですね。

「パンチャバティ」のここがおすすめ

「パンチャバティ」のおすすめポイントをまとめてみました。

  • ふらっと立ち寄りたくなるおしゃれで落ち着く空間。
  • ヴィーガンスタイルの料理を気軽に味わえる。
  • ヘルシーで健康的な食事ができる。
  • 動物性食品を使わない分、さまざまな工夫がされている。

お店の情報

店名 パンチャバティ(Panchavati)
住所 静岡県静岡市葵区鷹匠3-1-13-201
TEL 054-273-5515
営業時間 11:30~17:00
定休日 月曜日、火曜日
座席数 13席(カウンター7席、テーブル6席)
タバコ 完全禁煙
駐車場 なし(周辺に有料パーキングあり)

まとめ

「パンチャバティ」は、ヘルシーで健康的な料理を求めている人に最適なカフェです。ぜひ一度、ヴィーガンスタイルの料理を味わってみてください。

プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。