「金の字 本店」のポーク焼きがもつカレー煮込みを超えてきた

「金の字 本店」とは?

静岡市清水区のご当地グルメといえば、清水もつカレー。もつカレーの元祖「金の字 本店」さんは、清水でかなり有名なお店。先日ぐるなびの「みんなのごはん」の取材で訪れたので、当ブログでも紹介しておきます。

当ブログでは、あえてもつカレー煮込みよりもポーク焼きというメニューに焦点を当てながら、「金の字」さんの紹介をさせていただきます。なぜかと言うと、自分の中でポーク焼きがもつカレー煮込みを超えてしまったからなんです。

「金の字 本店」おすすめメニュー

メニューはそれほど多くありませんが、お酒のつまみになるメニューが並びます。

三代目もおすすめ!これがポーク焼きだ

これが「金の字」さんのポーク焼き。豚肉をお酒と香味野菜に3日間漬けこんで柔らかしたこだわりのメニュー。三代目もおすすめ。

お肉の断面はこの通りすごくきれい!じっくりまんべんなく火が通った感じ。食べてみると、本当に柔らかくてうまいです。

味付けも好きです。バター醤油のソースはちょっと濃いめですが、付け合わせのセロリの爽やかさが、全体をうまくまとめていますね。ごはんを食べたくなりますが、残念ながらごはん系のメニューはありません。

かなりボリュームがあるので、2人で分けるとちょうどいいかもしれません。1人だとこれで結構お腹いっぱいになってしまうので、ペース配分を間違えないようにご注意を。序盤で注文することをおすすめします。

もつカレー煮込みに匹敵する存在と言っても過言ではないでしょう。必ずしも「金の字=もつカレー」ではないことを証明した一品。

名物・もつカレー煮込み

もちろん、清水もつカレーの元祖である「金の字」さんのもつカレー煮込みは外せません。静岡麦酒に合います。

もつが嫌いな人でも余裕で食べられるくらい本当に臭みがありません。もつに苦手意識のある私が言うのだから間違いないです。感動すら覚えるレベル。

この食べやすさは、ひとえに徹底した下処理によるものだと断言できます。実際にお話を聞いて、下処理の現場を見学して心からそう思いました。

カレーの味は好みが分かれそう。カレーライスのカレーとは全く違います。スパイシーでお酒に合うカレーですね。「金の字」さんのカレーは、「金の字」さんだけの味。他に味の似ているお店は思い当たりません。唯一無二のカレーと言っていいでしょう。

「金の字 本店」のこれは必ず押さえよう

  • こだわりのポーク焼きはボリュームがあるから序盤で注文しよう。
  • 伝統の味、清水名物・もつカレー煮込みは必ず注文しよう。
  • 一人飲みでもグループでもOK。アットホームな雰囲気に浸ろう。
  • 人気店なので電話予約はしておこう。もつカレー煮込みの取り置きも可能。

お店の情報

店名 金の字 本店
住所 静岡県静岡市清水区真砂町1-14
TEL 054-365-1505
営業時間 17:00~21:00
定休日 日曜日
座席数 35席
タバコ 喫煙可
駐車場 周辺に有料駐車場あり

土曜日は開店前から列ができることがあります。並んでいるお客さんの数によっては、17時前に開店する場合もあるので、早めに行きましょう。

まとめ

「金の字 本店」さんは、もつカレー煮込みだけではなく、ポーク焼きが本当におすすめ。必ず食べましょう。取材させていただいた記事は、「みんなのごはん」で近日公開予定。ぜひご覧ください。

プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。