【活うなぎ橋本】蒲焼と白焼Wの魅力!コスパ最高の清水のうなぎ屋!

「活うなぎ橋本」とは?

静岡市清水区の「活うなぎ橋本」は、食通たちも認めた知る人ぞ知るうなぎ屋さん。年々高騰しているうなぎを2,500円前後で味わえるコスパ最高の優良店です。

あんまり広めちゃうと常連さんに怒られそうですが、読者のみなさんに知ってほしいので、怒られるの覚悟で書きますね。

「活うなぎ橋本」はこんなお店

貫禄ある看板とシックな店構えの「活うなぎ橋本」。オープンは2010年ということで、数あるうなぎ屋の中で歴史は浅いほう。

活うなぎ橋本の外観

店内は清潔感があってなかなかいい雰囲気。カウンターがメインですが、テーブル席やお座敷もあり。

活うなぎ橋本の店内 活うなぎ橋本の店内 活うなぎ橋本の店内

清水エスパルスの選手も多く訪れているようで、サインがズラリと飾られていました。ホームでの試合前日に、うなぎを食べて気合いを入れているのかもしれませんね。

「活うなぎ橋本」のメニュー

「活うなぎ橋本」はとにかく安い!国産のうなぎを使用した「うな重」がなんと2,500円。「うな丼」なら1,700円。アンビリーバボー。

活うなぎ橋本のメニュー

名物は、うなぎの蒲焼と白焼の両方を楽しめる「極み重(2,500円)」。特に一身半たっぷり味わえる「特上極み重(3,200円)」がイチオシ。

はなげっくす
一番高いのでも4,000円以下だなんて。今時、そんな価格で食べられるうなぎ屋さんないよ!

その他のメニューはこんな感じ。サラダ・デザート・ドリンクなどがあります。

活うなぎ橋本のメニュー

うなぎの蒲焼と白焼をダブルで楽しもう!

うなぎ一身半がのった「特上極み重(3,200円)」は、蒲焼と白焼をダブルで味わえる贅沢な一品。

特上極み重 特上極み重

土佐備長炭で焼き上げられた最高の焼き色。

特上極み重 特上極み重

さあ、思う存分楽しみましょう。蒲焼はごはんと一緒に、白焼はシンプルに塩で。

うなぎの白焼

ふわウマー!

うなぎの蒲焼
はなげっくす
ふんわりやわらかな関東風で、少し甘めのタレが絶妙だね!
りい
ごまかしが利かない白焼は、素材の良さをダイレクトに味わえるわ!

卓上にある紀州産の山椒をかけて食べると、より味わい深いものになります。香りが強くてたまらないですね。

紀州産の山椒

楽しみ方いろいろの「特上ひつまぶし(2,700円)」もおすすめ。

特上ひつまぶし 特上ひつまぶし

薬味をかけたり出汁をかけたり、バリエーション豊富で美味しく楽しめますね。

特上ひつまぶし 特上ひつまぶし

スポンサーリンク

「活うなぎ橋本」のここがおすすめ

「活うなぎ橋本」のおすすめポイントをおさらいしていきましょう。

  • 店内は、清潔感があって落ち着いた雰囲気。
  • 2,500円前後からうな重を味わえるコスパの良さが魅力。
  • うなぎの蒲焼と白焼をダブルで楽しめる「特上極み重」が超おすすめ。

お店の情報

店名 活うなぎ橋本
住所 静岡県静岡市清水区庄福町7-15
TEL 054-351-3000(予約可)
営業時間 11:00〜14:00(L.O.13:45)、17:00〜21:00(L.O.20:30)
定休日 水曜日
座席数 25席ほど
タバコ 完全禁煙
駐車場 あり(店舗前3台、近隣に3台)

まとめ

安くて美味しいので、とにかくまずは足を運んでほしい「活うなぎ橋本」。これだけ安い値段で提供されているのは「リピートしてもらいたい」という思いがあるそうですよ。素敵やん。

プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。