おでんバー「屋根裏」は、味良し・値段良し・雰囲気良しの三拍子揃った清水界隈で要チェックの優良店

おでんバー「屋根裏」とは?

静岡市清水区銀座のおでんバー「屋根裏」は、常連客を中心に、連日賑わいを見せる清水の人気店です。

おでんバーというジャンルですが、通常のバーより気軽に入れますし、落ち着いた雰囲気の居酒屋感覚で利用することができます。

「清水で雰囲気のいいお店ないかな」

「給料日前だから安いお店希望」

そんな方には、コスパが良く毎日でも通いたいくらいの「屋根裏」がおすすめ。その魅力を紹介します。

店内の様子

千葉県市川市の「バーしろばしゃ」のマスターがお店を閉めて、生まれ故郷の清水で開店したのが、こちらのおでんバー「屋根裏」。

薄暗い店内には懐かしの音楽が流れ、とてもいい雰囲気。ゆっくりとお酒が飲めます。常連客で賑わっている時が多いので、静まり返っているわけではなく、ほどよくにぎやか。

カウンター中心なので、お客さん同士の距離が近く、知らない人とも自然と会話ができる、そんなお店です。人見知りで有名なわたしですら、カウンターのお客さん6人くらいと盛り上がったことがあるぐらい。不思議と一体感が生まれるお店です。

メニュー

「屋根裏」はとにかく安い!名物のおでんは、なんと50円から。ほとんどのメニューが、300円前後。「マスター、これ安すぎない?」と、マスターの生活を心配してしまうレベル。

ちなみに、「屋根裏」のおでんは、「白のおでん」と「黒のおでん」の日替わりです。白は、昆布・鰹の塩味の出汁。黒は、醤油を使った出汁なんだそう。静岡おでんの黒いスープとはちょっと異なるとのこと。

生ビールも300円と、ビール好きには嬉しすぎる価格設定。「男気メガジョッキ(850円)」や「メガ角ハイボール(850円)」など、メガ系のドリンクも名物のひとつです。

体育会系男子には、「プロテインメガサワー(850円)」をおすすめします。

「生ビール(300円)」と「生グレープフルーツハイ(380円)」で乾杯。ビールは300円なので、値段なんて気にせずに、今夜は飲んじゃいましょう。

お店おすすめの「牛すじ皿(250円)」。とろっとろの牛すじ・つくね・豆腐が入っていて、ビールのつまみには最高ですな。

おでんバーですから、おでんを食べないと始まりません。たまご、だいこん、もち巾着、しらたき。全部で250円です。とにかく安い!

「屋根裏」の中では一番高い「メガハンバーグ(850円)」。じっくり焼かれた巨大なハンバーグは、肉肉しくて食べ応えがありますね。

コスパが良すぎるので、1人2,000円くらいでも充分楽しめると思います。

「屋根裏」のここがおすすめ

「屋根裏」のおすすめポイントをまとめてみました。

  • とにかく安い!財布にやさしいおでんバー。
  • 薄暗い照明と懐かしの音楽が流れて、のんびり飲める。
  • 常連客で賑わっていて楽しい雰囲気でもある。
  • 「白のおでん」と「黒のおでん」の日替わり。

お店の情報

店名 屋根裏
住所 静岡市清水区銀座1-9
TEL 090-4091-7572
営業時間 18:00〜24:00
定休日 木曜日・日曜日
座席数 14席ほど
タバコ 喫煙可
駐車場 なし(近隣に有料駐車場あり)

清水の方なら、清水銀座と清水駅前銀座の間の踏切と言えばわかるでしょう。踏切のすぐ前に「屋根裏」があります。「タケダフルーツ」の隣です。

席数が少ないので、いつもだいたい満席です。開店直後から混むので、電話予約はしておいたほうがいいでしょう。

まとめ

お酒好きは必ずおさえておきたい「屋根裏」は、「ねぇ、マスター、ちゃんとごはん食べていけてる?」と、マスターの生活が心配になるぐらいの安さと落ち着いた雰囲気が魅力のおでんバーでした。

プッシュ通知を

関連記事

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。