静岡中部のグルメ 静岡市清水区

【ヒロズシ(Hirozushi)】地元・清水で大人気の創作海鮮系居酒屋!ボリューム満点の料理に腰を抜かす!

「ヒロズシ(Hirozushi)」とは?

ヒロズシ(Hirozushi)」は、静岡市清水区中矢部町にお店を構える創作海鮮系居酒屋。1978年オープンの鮨処「ひろ寿司」が前身。

鮨だけでなくたくさんのメニューがあるし、ボリュームも満点なので、普段使いの居酒屋にぴったりです。

「ヒロズシ(Hirozushi)」はこんなお店

やや駅から遠いエリアにある「ヒロズシ」。呑むなら桜橋駅から頑張って歩くかタクシーで向かいましょう。

ヒロズシの外観

靴を脱いで上がる店内は、掘りごたつ席となっているので、リラックスしながら食事をすることができます。

「ヒロズシ(Hirozushi)」のメニュー

「Hirozushi」のメニューは、鮨・刺身・串揚げ・焼物・デザートなど、バラエティに富んでいます。メニュー表の字がたまに読めないけれど、それはご愛嬌(笑)

基本は和風の定番・オリジナル料理が多いけれど、中華っぽいのもあるので、おもしろいですね。どれも気になります。

メニューの一例

  • 刺身少々盛:1,350円
  • 中くらいさらだ:680円
  • 鮨てきとうに四カン:730円〜750円
  • もち米の焼売:600円
  • 油淋鶏:690円
  • 上海式ワンタン:720円
  • よだれ鶏:880円
  • 大和芋のいそべ揚げ:780円
  • 豚のステーキ:1,000円

とにかくボリュームがすごい

まずはビールで喉を潤そう。1週間がんばった自分に乾杯。ある日のお通し、もつカレー。

もつカレー

お通しだと侮れない完成度の高さ。もつはまったく臭みがないし、このままごはんにかけても美味しいカレー。いきなり、人気店の片鱗を見せつけてきました。

もつカレー

笑っちゃうくらいのボリュームがある「中くらいさらだ」。サラダだけどほぼパンの印象(笑)チーズパンがうまい。大だとどうなってしまうのだろう。

はなげっくす
サラダではなくバリケードと呼びましょう。
かくれんぼに最適ね。
りい

8種類ほどの魚介が並ぶ「刺身少々盛」。少々と言いながら十分なサイズ。

刺身少々盛

個人的に一番のおすすめ「よだれ鶏」。香味野菜がたっぷりでクセになる味わい。辛さは控えめ。ミニサイズでもすごい量。

よだれ鶏

海苔がしっかり香る「上海式ワンタン」。ワンタンの中身はニラがぎっしり。こちらもミニサイズ。

上海式ワンタン

最後はやっぱり鮨。「てきとうに四カン」は、730円〜750円と値段もてきとう(笑)ごちそうさまでした。

お鮨

ボリュームやばい!

はなげっくす
とにかく量がすごくてお腹がパンパンになるね。
腹パンの覚悟が必要ね。
りい

「ヒロズシ(Hirozushi)」のここがおすすめ!

「ヒロズシ」のおすすめポイントをおさらいしておきましょう。

  • 料理はどれもボリュームがあってインパクト抜群。
  • 「よだれ鶏」などの中華系メニューに注目。
  • 常連になるとわがままを聞いてくれる(らしい)。

お店の情報

店名 ヒロズシ(Hirozushi)
住所 静岡県静岡市清水区中矢部町1-11
電話番号 054-351-0191
営業時間 17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日 水曜日
座席数 32席
タバコ 全面喫煙可
駐車場 あり(5台)

まとめ

清水の「ヒロズシ」は、とにかくボリュームがすごい創作海鮮系居酒屋でした。ぜひ、ウォーキングも兼ねて行ってみましょう。

居酒屋に関する記事はこちら

はらぺこグルメマップ(β版)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はなげっくす

静岡のグルメブロガー・グルメライター・ユーチューバー。月間最高35万PVの静岡グルメブログ「はらぺこリズム」を運営中。グルメの分野から静岡を盛り上げたい!気に入った飲食店をランチ・ディナー問わず紹介、全力で応援しています。ぐるなび「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。「ことりっぷ」パートナーメディア。地元のSBSラジオやトークイベントに出演経験あり。

-静岡中部のグルメ, 静岡市清水区
-,

© 2021 はらぺこリズム Powered by AFFINGER5