函南の魅力溢れる古民家カフェ「irodori(イロドリ)」は絶対に外せない!

「イロドリ」とは?

函南にある「イロドリ(irodori)」は、パティシエの浅賀さんが作り出す魅惑のケーキや焼き菓子を購入、またはその場で味わうことができるパティスリー&カフェです。

もともと私はカフェ巡りが趣味で、東京・神奈川・静岡のカフェをたくさん見てきました。正直、「イロドリ」はその中でもトップクラスです。古民家という落ち着く空間にゆったり流れる時間。絶品のケーキ。どれも素晴らしすぎて、完全に心を鷲掴みされました。

今回は、そんな「イロドリ」の魅力をみなさんに少しでもお届けできたらと思います。

外観・店内の様子

「イロドリ」は、伊豆箱根鉄道・伊豆仁田駅の目の前にある古民家カフェ。門構えがすでにおしゃれ。期待度高めの外観ですよね。

イロドリ

黒い門をくぐり、玄関へ向かいます。これが本当にパティスリー&カフェなのか。静岡にいながら鎌倉にでも来たかのような感覚。門から玄関の間に、ワクワクが加速してしていきます。

イロドリ

外にも席がありました。春から初夏は新緑に囲まれることでしょう。心地よい風が通り抜けて、すごく気持ちが良さそうです。

イロドリ

クラシックな店内は、ただ古いというわけではなく、クラシックの中にモダンな要素も垣間見え、とってもおしゃれ。

イロドリ

窓際の席に通していただきました。うわー、こりゃたまらん。なんて素晴らしい席なんだ。この時点ですでにかなり感激しています。

イロドリ

店内を見渡すと、たくさんのアンティーク家具が設置されており、ムード作りが見事。「うーん、すごい」とただただ唸ってしまいました。

イロドリ

メニュー紹介の直前に、トイレを紹介することになるとは思わなかったのですが、「イロドリ」のこだわりをトイレに見たような気がします。トイレにまで行き届く雰囲気作りに、私はとても感動しました。

イロドリ

広めのトイレは、廊下とトイレの間に段差がなく、まるで部屋の延長のよう。従来のトイレのイメージを覆す造りですが、部屋と同じ雰囲気なので、席で味わった感動・懐かしさ・落ち着く気持ちが損なわれることはありません。

おすすめメニュー

こちらアップルパイ(700円)とニルギリのアイスティー(600円)です。つやのある飴色のアップルパイは、ゴロゴロのりんごがたっぷり。バニラアイスときめ細かい生クリームが寄り添います。

イロドリ

今思い出してもよだれが出そうなのですが、このアップルパイは本当に素晴らしいです。

表面は、一瞬のパリッとした食感のあとしっとり甘い感じ。りんごは、バター・はちみつ・カルバトス(りんごが原料の蒸留酒)で煮てあるそうです。ほんのりシナモンが香ります。くるみの食感も良いですね。

イロドリ

特に感動したのは、なめらかな生クリームです。極上の舌触り。しかもしつこい甘さではなく、とても上品な甘さで、いつまでも舐めていられそう。あー、小瓶に詰めて携帯したい!

イロドリ

アップルパイ・生クリーム・バニラアイスが一体化した時の至福感がすさまじいです。これは言葉では伝えられません。実際に食べていただくしか手段はありません。

イロドリ

あぁ!幸せが止まらない!

イロドリ

ストロベリーショートケーキチョコレートがけ。チョコレートの垂れ具合がたまらない!ヴィジュアルが反則すぎる(笑)こちらも負けず劣らずの至福感です。冬季限定なのでお早めに!

スポンサーリンク

お店の情報

店名 irodori(イロドリ)
住所 静岡県田方郡函南町仁田195
TEL 055-970-1666
営業時間 10:00~18:00(L.O.17:30)
定休日 木曜日、第一・第三水曜日
座席数 20席
タバコ 完全禁煙
駐車場 あり(お店の隣に3台、すぐ近くの駐車場に6台分)

お店のすぐ近くの駐車場には、写真のように駐車スペースがあります。ストッパーの後ろに、小さな「irodori」と書かれた看板があるのでわかりやすいです。

イロドリ

まとめ

「イロドリ」は、ゆったりとした時間の流れる素敵な古民家カフェでした。三島・函南エリアでカフェをお探しの方は要チェック!

プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。