「桜えびサイダー」はリアルで強烈な桜えびの香りが本気できついぞ!

「桜えびサイダー」ってなに?

木村飲料といえば、毎回ユニークなラムネやサイダーを発表する静岡県島田市に本社を置く飲料メーカー。

「うなぎコーラ」「しずおかコーラ」「たくあんコーラ」「激辛カレーラムネ」「わさびラムネ」など、インパクト抜群の商品を、みなさんも一度は目にしたことがあるかもしれません。

そんな業界で異彩を放つ木村飲料が、またやってくれました。桜えびの製造販売のエキスパート・ヤマト食品とのコラボで、「桜えびサイダー」を発売したのです。

どうする?嫌な予感しかしないけど、飲んでおく?というわけで、気が乗らないまま買いに向かいました。

「桜えびサイダー」ってどこで買える?

「桜えびサイダー」は、サービスエリアやお土産物屋さん、エスパルスドリームプラザ内にある「清水ラムネ博物館」で購入することができます。

今回は、「清水ラムネ博物館」に行ってきました。

大正〜昭和初期の貴重なラムネの瓶、ラムネの製造に使われていた機械が展示されています。

50種類以上にも及ぶ木村飲料のラムネやサイダーを購入することができるので、木村飲料ファンにはたまらないですね。

新発売の「桜えびサイダー」が最前列にどどーんと並べられていました。眩いくらいの赤。

みなさんもエスパルスドリームプラザを訪れたらチェックしてみてくださいね。

これが「桜えびサイダー」だ

さて、いよいよ「桜えびサイダー」を味わう時がきてしまったわけです。やだなーやだなー、こわいなーこわいなー(稲川淳二風)。

「海のルビー」の名にふさわしい、きれいなルビー色。見た目はピンクグレープフルーツジュースみたいで、爽やかな感じがしますよね?うん、それは間違いです(笑)

コップに注ぐ前からわかっていたよ。でも気づかないふりをしていたんだ。開封した時から、強烈な桜えびの香りがブワッとしていたんだよ。

ただ、えびせんのように、ほのかな心地良い香りではないんだ。ヤマト食品と木村飲料が本気になりすぎて、すごくリアルな生臭さなんだよね。伝わるかな?

はっきり言ってね、本気でまずい。

顔をしかめるくらい、しっかりまずい。絶対に飲み物にしてはいけないやつ。でも木村飲料はまずくて良いのです。これは褒め言葉です。

大手と同じようなことはしない完全なる独自路線。罰ゲーム用のラムネやサイダーを積極的に開発している木村飲料だからこそ許される味。ありがとう!

「桜えびサイダー」のここがすごい

  • 桜えびの加工のプロ・ヤマト食品との共同開発。
  • 駿河湾で水揚げされた桜えびから抽出したエキスを使用。
  • 桜えびの香りがリアルすぎてきつい。心が折れる。

まとめ

木村飲料から新発売された「桜えびサイダー」は、はっきり言ってまずいですが、よくぞこんなものを作ってくれたと感心するばかりです。

これからもユニークなラムネ・サイダーに期待したいと思います。みなさんもぜひ「桜えびサイダー」を飲んでみてくださいね。

はなげっくす
未知なる領域に飛び込んでいく木村飲料さんが好きです。
プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。