由比港漁協「浜のかきあげや」で味わう最高鮮度の桜えび!

「浜のかきあげや」とは?

静岡市清水区由比といえば、「駿河湾のルビー」と呼ばれる桜えびの聖地。

由比港には行列のできる人気の食堂「浜のかきあげや」があります。土日は、多くの人でごった返して、かなりフィーバーしています。

浜のかきあげや お店前

今では静岡県外の多くの地域で、桜えびを食べることができますが、鮮度が落ちやすい(静岡市内の居酒屋でさえ、明らかに鮮度が悪い時があった)ので、本当に新鮮な桜えびを食べたいのなら、やはり由比をおすすめします。

「浜のかきあげや」では、さまざまな桜えびメニューを味わうことができますので、数時間かけて訪れる価値アリ!ぜひたくさんの人に来てもらいたいです。

いつ行くのがベスト?

桜えびは、春(3月中旬~6月初旬)秋(10月下旬~12月下旬)に漁期があります。休漁期間中も「浜のかきあげや」は営業していますが、当然漁期に行くのがベストに決まっています。

最高の時期に、由比で桜えびを堪能しましょう。

「浜のかきあげや」の様子

日曜日の開店30分後くらいに行きましたが、すでに駐車場には車がいっぱい。あいにくの雨模様でも、この通り行列ができています。大人気!

ただ、行列にたじろぐなかれ。結構回転が早いのでご安心を。待っている間に、壁に貼ってあるメニューをじっくりチェックしましょう。

スポンサーリンク

「浜のかきあげや」のメニュー

店名にもなっている「かきあげ」は要チェック。釜揚げの桜えびとしらすを味わえる「由比どんぶり」や「浜のカレーうどん・そば」など魅力的なメニューが並びます。

圧倒的におすすめなのは、お得な「由比丼セット」(由比どんぶり・かきあげ・桜えびの味噌汁)。これで1,000円って衝撃的。

生桜えびをタレに漬け込んだ「沖漬け丼」も見逃せないです!桜えびを生で味わえる贅沢は由比ならでは。

お会計を済ませたら、流れに沿って食事スペースへ移動しましょう。なかなかの混みようです。

これが「由比丼セット」だ!

ついに「由比丼セット」と一戦を交える時がやってきました。どんぶり・かきあげ・味噌汁、すべてに桜えびが使われています。贅沢ぅううう!!!

由比丼セット

桜えびの釜揚げとしらすの釜揚げの最強タッグ。キン肉マンで例えるならば、ザ・マシンガンズ(キン肉マン&テリーマン)のよう。え、わかりにくい?

これは…うまい!桜えびの上品な甘みが口いっぱいに広がっていきます。しらすもふっくらしていて、やわらか。桜えびの脇役でないことを証明。

桜えびのかきあげは、驚くほどにサクサク。家で揚げるのとは比べ物にならないぐらいのサクサクパラダイス。

味噌汁にも桜えびがたっぷり。いいダシが出ています。港にある食堂の味噌汁の安定感ってハンパないですよね。

桜えびによって得られた高揚感。どんぶり・かきあげ・味噌汁の三重奏は、今まで聴いたことのないような音色を奏でてくれました。桜えび先輩、ありがとう。

生桜えびをタレに漬け込んだ「沖漬け丼」も食べてみましたが、臭みもなく本当に新鮮。うむむ、甲乙つけがたい。いや、つける必要がない。どちらのどんぶりもうまいでいい!

「桜えびまつり」もいいけれど…

由比漁港では、毎年5月3日に「桜えびまつり」が開催されます。このお祭りでも桜えびのかきあげを購入することはできますが、大人気すぎて本当に混むんです。その様子はわたしもレポートしています。

由比の桜えびまつりは激混みフィーバーだった

「桜えびまつり」もいいけれど、できれば普段の土日に「浜のかきあげや」を訪れることを推奨します。

お店の情報

週末の土日は、開店と同時にかなり混雑しますので、どうぞお早めに。

店名 浜のかきあげや
住所 静岡県静岡市清水区由比今宿字浜1068-2
TEL 0543-76-0001
営業時間 10:00~15:00<火~木(桜えび漁期間のみ)、金~日・祝>
定休日 月曜日、火曜~木曜(桜えび休漁期間)、祝日の翌日、年末年始
座席数 食事スペースあり
タバコ 完全禁煙
駐車場 あり

まとめ

静岡を訪れたら必ず食べたい「浜のかきあげや」の桜えび料理。ぜひ鮮度の良さを体感してみてください。

プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。