注目のレンタルサーバー「mixhost」の魅力を利用者に聞いてみた

最新のクラウド型レンタルサーバー・mixhostとは?

レンタルサーバーの移行を検討する時って、理由はいろいろありますよね。速度が遅いとか障害多いとか。実はわたしもここ数ヶ月、速度の面で不満があり、レンタルサーバーの移行を検討していました。

そこで見つけたのが、つい最近サービスを開始した、クラウド型レンタルサーバーのmixhost。気になるものの、ちょっと実際にどうかよくわからないので、利用者に聞いてみました。



mixhostの最大の魅力は表示速度

はなげっくす
ゴリライモさん、今日はmixhostについて教えてください。
ゴリライモ
はい。レンタルサーバーを探していた時に、たまたまmixhostを見つけたのですが、mixhostは魅力的なポイントが幾つもあり、選択して良かったと非常に満足しています。
はなげっくす
ほほぅ。例えば、どんなところが魅力的だったんですか?
ゴリライモ
mixhostは今流行のクラウド型で、これだけなら他のサービスと大差がないと思っていました。しかし、低料金で最新のクラウド型レンタルサーバーが使えること、そしてスペック的にも優れている2点が気に入りました。
はなげっくす
なるほど、スペックの話が出てきましたが、mixhostが優れている点は何ですか?
ゴリライモ
表示速度が速いことですね。これはmixhostが謳っている特徴の一つで、実際に試した結果からも、レンタルサーバーを検討中の人におすすめしたいと思いました。
はなげっくす
なるほど、ゴリライモさんが実際に試した結果、速いなと思ったんですね。
ゴリライモ
そうですね。回線のバックボーンは国内最大級とのことで、混雑しても表示速度が低下しない安定性を、時間帯に関わらず体感することが出来ました。
はなげっくす
ああ、バックホーンね。(は?バックホーン?)

バックボーンとは、レンタルサーバーとインターネットを繋ぐネット接続回線のことです。

ゴリライモ
速度の速いSSDが採用されていたり、通信回線がチューニングされている点も魅力なので、最先端のクラウドサービスを試したい場合にも最適かと思います。
はなげっくす
ああ、SSDですよね。今話題の(適当)。(何言ってんだこいつ)

SSDはSolid State Driveの略で従来のHDDに比べてディスクアクセスが高速になっています。ウェブアプリケーションなどでデータベースに頻繁にアクセスするようなサービスの場合はSSDが有効でしょう。

mixhostはWordPress利用者におすすめ

はなげっくす
近年、WordPressの利用者が増えていると思いますが、メリットはありますか?
ゴリライモ
そうですね、やはりすぐに使えてしかも速い点が魅力だと思います。
はなげっくす
ゴリライモさんも実際にWordPressを利用してみたんですね?
ゴリライモ
はい。mixhostの本番環境では、最適化済みのWordPressが使えますから、重量級のデザインでも実用に耐え得ることが確認出来ました。
はなげっくす
なるほど。他のレンタルサーバーと比較してどうなんでしょうか?
ゴリライモ
試しに、他のレンタルサーバーで使っていたデータを複製、比較してみたところ、明らかに表示速度に優位な差が現れました。
はなげっくす
おお、それは魅力的ですね。Google先生も「表示速度は、検索結果のランキングを決定する一つの要因だ」とおっしゃっていますからね。
ゴリライモ
mixhostには、独自のキャッシュ機能が標準装備されているので、この仕組みが速度の秘密だと推測しています。

mixhostは初心者におすすめ

はなげっくす
mixhostの魅力はわかってきましたが、初心者向けではないっぽいですね。
ゴリライモ
そんなことはありません。mixhostは、表示速度を重視する人におすすめのサービスですが、一方ではレンタルサーバーの初心者にも、おすすめ出来る点が多いことが分かりました。
はなげっくす
え、そうなんですか?
ゴリライモ
セキュリティー対策は、サイトの運営を始めると立ちはだかる壁ですが、メールだけではなく、Webアプリにもウィルススキャンが施されているので安心しました。
はなげっくす
確かに初心者はそのあたりよくわからないので、セキュテリティ的に優れているのは安心できますね。
ゴリライモ
あと世界で最も人気のあるコントロールパネルのcPanelを採用しています。世界中の数百万のサイトで使用されているので信頼性がありますし、高機能で使いやすいです。
はなげっくす
なるほど、管理画面の見やすさや使いやすさは重要ですね。

mixhostは中級者以上にもおすすめ

はなげっくす
中級者以上におすすめなポイントもありますか?
ゴリライモ
そうですね、SSHやCronに対応していたり、必要に応じてアプリケーションが導入出来る柔軟性の高さにあります。
はなげっくす
ああ、でしょうね。(あん?SSH?Cron?何語だよ。)

SSHとは、Secure Shellの略。暗号や認証の技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通信するためのプロトコル。UNIXコマンドを用いて、サーバーの遠隔操作が可能です。

Cronとは、指定時間に指定コマンド(プログラム)を自動的に実行させるサーバーの機能です。定期的なメールの送信や、ブログのRSS取得などに使用されます。定期的に実行するプログラムを個数制限無しで設定できます。

ゴリライモ
これらを総合的に判断すると、テスト環境に最適ですが、自動バックアップで必ず毎日データが複製されるので、障害耐性が必要な本番にこそ適しているでしょう。

mixhostの総合評価

はなげっくす
では最後にmixhostの総合評価を聞かせてください。
ゴリライモ
はい。初期費用は無料でしたし、月額費用は480円〜なので、性能を見ると今までのレンタルサーバーと比較にならないくらい魅力的に思えました。
はなげっくす
そうですね。確かに魅力的ですね。
ゴリライモ
mixhostは登場したばかりのサービスで、利用者が少ない点は不安でしたが、無料のお試し期間で確認出来ましたから、正式契約で1年間使うことにしました。
はなげっくす
わたしも使ってみたくなりました。
ゴリライモ
現在も利用開始当初の印象と変わらず、速度は常に安定しているので、これから友人にもおすすめしたいと考えています。
はなげっくす
大絶賛ですね。よくわかりました。ありがとうございました。

mixhostの魅力をおさらい

さあ、mixhostの魅力をおさらいしていきましょう。

全てのプランでピュアSSDを採用

パソコンでもHDDよりSSDのほうが書き込みや読み込みが速いので、イメージしやすいと思いますが、ストレージにSSDを採用しているのは魅力のひとつですね。

高速のハイスペックサーバーを採用

HTTP/2に完全対応した「LiteSpeed Enterprise」を日本で初めて採用。一般的なWebサーバーであるApacheより数十倍〜数千倍も高速と言われています。表示速度を重視する人にとっては大きなポイントですね。

マルチドメイン、データベース、メールアドレス無制限

独自ドメインとサブドメインを無制限で利用できるのはもちろん、データベースもメールアドレスも無制限。WordPressなどの各種CMSの設置も無制限。

さらに、他のレンタルサーバーだと、プランごとに転送量が決められていることが多いですが、mixhostは全てのプランで転送量が無制限。気持ちいいほどに無制限ですね。

独自SSLが無料

Google先生も常時SSL化を推奨していますが、安いレンタルサーバーでは、SSL対応は有料なんですよね。この点も、mixhostなら、世界シェアNo.1のCOMODO社のSSL証明書を無料で使用できます。

また、一般的にはSSL化したサイトは重くなると言われていますが、mixhostはHTTP/2に対応しているので、SSL化しても大きな影響はありません。

充実のセキュリティで安心

WAF・ウィルススキャン・スパムメールフィルタなどのセキュリティも標準で提供されています。

バックアップや復元が無料

1日1回自動的にバックアップが行われており、もしデータが消失しても過去14日のバックアップからデータを復元できます。これも無料!

無料お試し期間が30日もある

どのレンタルサーバーもだいたい無料お試し期間が10日〜15日くらいありますが、mixhostはなんと30日間もあるんです。

30日間あれば、サイトの表示速度がどれぐらい速くなるか、充分にテストができるので、サーバーの乗り換えを検討する人にとっては、非常に嬉しいですね。



当ブログでもmixhostを採用しました

当ブログは、これまでロリポップを使っていましたが、WordPressの管理画面やサイトの表示速度に不満がありました。料金は安くて良いんですけどね。

そこでずっと気になっていたmixhostを採用しました。30日間の無料お試し期間で、データを移行してテストをしましたが、サイトの表示速度が明らかに速くなりました。快適です。

スポンサーリンク

迅速な障害対応

つい先日、サーバーに障害が発生して、当サイトも2時間ほどアクセスできない状況になりましたが、迅速な原因究明と復旧作業は評価できますし、その日のうちに3ヶ月間の無料延長のお詫びも提示されました。

今回の障害で、「やっぱりmixhostはやめよう」と思った方が多いのも確かですが、個人的には、誠実な障害対応を見て、信頼度が少し上がりました。

mixhostはまだ歴史が浅く、こういった障害は致命的ですが、今後に期待したいと思っています。

まとめ

mixhostは、日本で初めて「LiteSpeed Enterprise」という高速のWebサーバーを採用した注目のレンタルサーバーです。

30日間の無料お試し期間でその力は充分にわかりますので、みなさんもぜひ試してみてください。



メイン画像出典:https://mixhost.jp/

プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。