肉フェス静岡で長蛇の列に並ばずに楽しむ方法

肉フェス静岡開催中

今、静岡で一番アツいイベントといえば、肉フェス静岡2017」ですね。首都圏を中心に開催されているお肉の祭典が、昨年静岡に初上陸。今年2回目の開催となります。

5/7(日)まで開催されていますが、特にGW期間中は混みます。わたしが、肉フェス静岡で消耗しない術をみなさんに伝授しましょう。

肉フェス静岡はすごい混む!

肉フェス静岡は、GW期間中の開催とあって、すごい混みます。昨年(2016年)の様子をお届けします。

緑豊かな駿府城公園。こちらで肉フェスが開催されています。やっぱり天気が良いと最高ですね。

nikufes2

ぎゃふーん。混んでるー。

nikufes3

ばひーん。混んでるー。

nikufes4

しかし、せっかく待望の肉フェスに来たのだから、長蛇の列に並ぼうということで、ドネルケバブエアーズロック・ローストビーフを購入。友人たちと手分けして並んで、意外とすぐに買えました。

nikufes9 nikufes10

ただ、ドネルケバブは大量に作り置きしているため、完全に冷めてます。美味しいですけどね。エアーズロック・ローストビーフは、写真と実物の落差が激しく、コスパも悪いです。

「オワタ・・・」わたしは肩を落とし、さまよい歩きました。

フェスティバルgardenに逃げ込もう

肉フェス静岡から去ろうとした時、奇跡的に同じ駿府城公園内に楽園を見つけました。砂漠を歩いている時にオアシスを見つけた感覚と似ています(砂漠を歩いたことないけど)。

nikufes5

この暑い中、肉フェス会場周辺は日陰の席は埋まってるし、日向の芝生ぐらいしか空いてないわけです。それに比べ、ここは屋根付きの席。最高じゃないですか。

nikufes8

どうやら、「ふじのくにせかい演劇祭」の関連企画で、「観客とアーティストの出会いの場」として設けられたスペースが、こちらの「フェスティバルgarden」というオープンカフェらしいです。

プロデュ―サーは、スノドカフェの代表・柚木さん。2017年も5/4〜5/7の4日間の開催です(以下の写真は2016年の様子)。

アオイビールやワイン、お茶やコーヒーだってあります。

nikufes6

チキンカマージ、チャパティロール、スパイシーフライドポテト、ナポリタンなど料理も充実。

nikufes7

ナポリタン(500円)。肉フェスと比べると良心的な値段設定です。

nikufes11

チキンカマージ(600円)。たっぷりのチキンとスパイシーな感じが良いですね。何より温かい。

nikufes12

ポテトもお酒のつまみには嬉しいですよね。

nikufes13

マルヒデ岩崎製茶さんの冷茶・初摘みまちこ(300円)。暑い日には嬉しいですね。

nikufes14

ああ、なんだ、ここでいいじゃん。ここが最高じゃん。

nikufes15

ということで、肉フェスの長蛇の列に並ぶのが嫌な方は、こちらの「フェスティバルgarden」が超絶おすすめです。ただし4日間限定なのでご注意を。

スポンサーリンク

まとめ

肉フェスに出店しているお店の中には、確かに美味しくてコスパも良いお店があるかもしれません。全部味わっていないので、わたしも「がっかりフェス」と断言はできません。

ただ、長蛇の列に並んで日焼けして、味にがっかりするよりは、肉フェスの雰囲気はほどほどに味わっておいて、他のところで楽しみを見出したほうが良いかなと感じました。

ぜひ、肉フェス静岡に疲れた時は、究極の癒しスポット「フェスティバルGarden」に救いを求めてみてくださいね。

プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。