富士宮市 静岡東部のグルメ

【レストラン ビオス】富士宮の雄大な自然と凄腕シェフによる至高のフレンチ!

2020年2月26日

「レストラン ビオス」とは?

富士宮の里山にある「レストラン ビオス」は、オーナーである松木一浩さんが営む静岡県を代表するフレンチレストラン。

2017年に就任(この時弱冠23歳)した本岡将シェフによる五感に響き渡る至高のフレンチを味わってみてください。

はなげっくす
本岡シェフは、「RED U-35」や「Gault & Millau(ゴ・エ・ミヨ)」などの輝かしい受賞歴があるよ。

「レストラン ビオス」はこんなお店

自然に囲まれた僻地にぽつんと佇む「ビオス」。すぐ隣には自家農園があります。重厚な扉を開けて入店しましょう。

ビオス周辺の風景

ビオスの外観

ビオスの外観

クラシックが流れる風格のある店内。静かな時間がゆっくりと流れていきます。

ビオスの店内

ビオスの店内

大きな窓からは、雄大な富士山とヤギの親子愛を眺めることができてほのぼの。

ビオスの店内

ぺこ
自然の豊かさを感じる昼、ぐっと高貴なムードになる夜、どちらも違った魅力がありそう。

「レストラン ビオス」のメニュー

「ビオス」のメニューはコースのみ。自家農園で採れた有機野菜と地元の野菜が主役。たくさんの感動を味わっていただきたいのでフルコースがおすすめ。

コースメニュー

  • 季節のティスティングコース(12皿程度):9,500円
  • 季節のティスティングコース(6皿程度):5,800円

※別途10%のサービス料と消費税がかかります。

テロワールの奥深さに感動!

長谷川農園のマッシュルームを使用したコンソメ。シンプルだからこそ引き立つ芳香。ふわっと生姜の風味。

マッシュルームのコンソメ

ガヴォットというお菓子の中にマッシュルームのピューレ、上にはスライスしたマッシュルーム。香りを楽しむ料理。力を加えると簡単に崩れてしまうくらい繊細。

ガヴォットとマッシュルームのピューレ

エスプーマした里芋にマリネした長芋とレンコン。キャラメリゼした玉葱とパルミジャーノ。

里芋と玉ねぎ

ひよこ豆のチップスの上にターサイとレンズ豆。複数の食感が見事に重なり合います。

ひよこ豆のチップスとターサイ

自家製リコッタは、シャリっとする甘いメレンゲ、極上のなめらかさのチーズ、オリーブオイルの風味、ほんのりスモーキーな香りが調和。

自家製リコッタ

焼き上がったばかりの天然酵母のパンは、驚くほどカリカリでふわふわ。煮詰めた牛乳とバターをホイップして作ったホイップバター。

天然酵母のパン

シャキシャキとした食感を絶妙に残したアスパラガス。心地良い青い香りが鼻へ抜けます。グアンチャーレ、ホタテとのバランスも完璧。

アスパラガス

朝採れた冬野菜の温かいサラダ。これほどまでに野菜を美味しいと感じたのは初めてかも。とてつもない存在感。

冬のサラダ

南瓜のフランの上には、複数の海老とエキスたっぷりのソース。南瓜の甘味と海老の風味がベストマッチ。

南瓜のフラン

南瓜のフラン

メインは真鴨のロースト。下にはマスタードのソースとふきのとうのソース。ほどよい噛み応えがありつつ、とってもしっとりとした歯ざわり。

真鴨のロースト

真鴨のロースト

シャリシャリのりんごと綿雪のようなシャーベット状のミルク、上にはりんごの皮でとったソース。爽やかな味わいが広がります。

りんごとミルクのデザート

りんごとミルクのデザート

ブラックカカオとアマレットのデザート。こんなところにも野菜が。苦味がアクセントに。

ブラックカカオとアマレットのデザート

ブラックカカオとアマレットのデザート

農園の土を見立てたようなデザートは、ぶどう山椒が効いた生チョコレート。お茶ともぴったり。

生チョコレート

生チョコレート

とてつもなく感動!

はなげっくす
感動の余韻が止まらないね。心震える至高のフレンチ。間違いなく最高峰。
お前の小ボケが許せるくらい心が豊かになった気がするよ。
ぺこ

「レストラン ビオス」のここがおすすめ

「ビオス」のおすすめポイントをおさらいしていきましょう。

  • コンテストなどの受賞歴がある期待の星・本岡将シェフ。
  • 自家農園の有機野菜を中心とした最高峰のコース。
  • 五感に響き渡る料理で感動の余韻がすごい。

お店の情報

店名 レストラン ビオス
住所 静岡県富士宮市大鹿窪939-1
TEL 0544-67-0095(完全予約制)
営業時間 11:30~13:30(L.O.)、17:30~1:30(L.O.)
定休日 火曜日、水曜日
座席数 25席ほど
タバコ 完全禁煙
駐車場 あり
富士宮市大鹿窪939-1

まとめ

「レストラン ビオス」は、野菜の美味しさと力強さに心が震える農園直営のフレンチレストランでした。本岡シェフの妙技に酔いしれてみてください。

フレンチに関する記事はこちら

▼「ゴ・エ・ミヨ」の特集記事はこちら。

『ゴ・エ・ミヨ2020』に掲載された静岡の飲食店まとめ!

『ゴ・エ・ミヨ2020』静岡掲載店 『ゴ・エ・ミヨ』は、フランス発祥のレストランガイド。日本に上陸したのは2016年なの ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はなげっくす

はなげっくす

静岡のグルメブロガー。月間35万PVの静岡グルメブログ「はらぺこリズム」を運営中。グルメの分野から静岡を盛り上げたい!気に入った飲食店をランチ・ディナー問わず紹介、全力で応援しています。ぐるなび「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。「ことりっぷ」パートナーメディア。地元のSBSラジオやトークイベントに出演経験あり。

-富士宮市, 静岡東部のグルメ
-

Copyright© はらぺこリズム , 2020 All Rights Reserved.