掛川市 静岡西部のグルメ

【konohi(コノヒ)】掛川のステーショナリーカフェでまったり素敵な時間を過ごそう!

2019年5月4日

「konohi(コノヒ)」とは?

掛川市細谷の「konohi(コノヒ)」は、カフェの営業と文房具の販売をしているステーショナリーカフェ。

レトロ感たっぷりな店内で、揺れる木々を眺めながら、ほっと一息。今日というこの日を特別な一日にしてみませんか?

「konohi(コノヒ)」はこんなお店

天竜浜名湖線・いこいの広場駅から徒歩1分、緑豊かな場所にある「konohi」。ちょっと遅めの12時オープン。

konohi(コノヒ)の外観

木々が生い茂るアプローチを抜けると、古い校舎のような建物が登場。

緑豊かなアプローチ

konohi(コノヒ)の外観

レトロな匂いと共に、ノスタルジーを感じる店内。多くの文房具が陳列されていて、実際に購入もできます。

konohi(コノヒ)の店内

光と影が織り成す落ち着きのあるカウンター席。外の景色を眺めながら、ゆったりした時間に触れてみてください。

カウンター席の様子

窓からの眺め

ぺこ
店員さんのやさしい応対が、お店の雰囲気とマッチしていてとっても素敵。

「konohi(コノヒ)」のメニュー

「konohi」のメニューは、藤枝市にある「苑」の珈琲豆を使用したコーヒーのほか、茎緑茶のブレンドティーなど、ドリンクが豊富。

「konohi(コノヒ)」のメニュー

スープやホットサンドなどの軽食、スイーツ、季節限定のドリンクもあります。

「konohi(コノヒ)」のメニュー

「konohi(コノヒ)」のメニュー

極上のまったり空間でランチ

「自家製スープ(単品)」は、春ごぼうのポタージュ。口に入れた瞬間にふわっとごぼうの風味が広がるやさしいスープ。

自家製スープ

自家製スープ

自家製スープ

食べやすいサイズにカットされた「ホットサンド(ツナ&チーズ)」。ツナを覆うとろーりチーズとカリッとしたパンがシンプルに美味しい。

ホットサンド

ホットサンド

ホットサンド

「ひとときグリーンティー」は、ハーブのクセが控えめなほんのり甘いブレンドティー。3杯分あるのでゆっくり楽しめます。

ひとときグリーンティー

季節限定の「クリームソーダ」は、ベニバナとクチナシの天然色素なので、身体にもやさしいドリンク。アイスもたっぷり。

クリームソーダ

クリームソーダ

同じく季節限定の「ジンジャーエール」は、生姜・八角・カルダモン・なつめなどを酢と氷砂糖に漬け込んだシロップで作られています。

一般的なジンジャーエールのような刺激的な炭酸ではなく、とっても飲みやすいです。

ジンジャーエール

「なつめレア」は、なつめと発酵バターのレアチーズケーキ。底には黒胡麻のペーストとなつめの甘露煮。しっとり上品な一品。

なつめレア

なつめレア

まったり選手権優勝!

はなげっくす
静かでのんびりできる。何でもない一日に特別感を与えてくれるカフェだね。
私も貴様のせいでストレス溜まってるから、毎日ここでまったりしたい。
ぺこ

「konohi(コノヒ)」のここがおすすめ

「konohi」のおすすめポイントをまとめてみました。

  • 文房具の販売とカフェの営業という異色の組み合わせ。
  • レトロで落ち着いた雰囲気の店内。
  • 店員さんの応対がすごく丁寧で気持ちが良い。

お店の情報

店名 stationery cafe konohi(ステーショナリーカフェ コノヒ)
住所 静岡県掛川市細谷535-1
TEL 0537-26-1036
営業時間 12:00〜19:00
定休日 月曜日、火曜日
座席数 不明
タバコ 完全禁煙
駐車場 あり
掛川市細谷535-1

まとめ

緑豊かな敷地とレトロな建物が特徴の「konohi」は、ゆったりした時間が流れる素敵なカフェでした。

ちょっと疲れた時に、ぜひ癒しを求めて足を運んでみてください。

カフェに関する記事はこちら

  • この記事を書いた人
はなげっくす

はなげっくす

静岡のグルメブロガー。月間35万PVの静岡グルメブログ「はらぺこリズム」を運営中。グルメの分野から静岡を盛り上げたい!気に入った飲食店をランチ・ディナー問わず紹介、全力で応援しています。ぐるなび「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。「ことりっぷ」パートナーメディア。地元のSBSラジオやトークイベントに出演経験あり。

-掛川市, 静岡西部のグルメ
-

Copyright© はらぺこリズム , 2019 All Rights Reserved.