掛川市 静岡西部のグルメ

【アンティークカフェロード】掛川の秘境にあるレトロなカフェで癒しの清流ランチ!

「アンティークカフェロード」とは?

掛川の秘境にある「アンティークカフェロード」は、若者を中心に絶大な人気を誇るレトロな癒しカフェ。

アンティークカフェロードの看板

秘境といっても山奥というわけではなく、旧東海道・日坂宿から、比較的すぐのところ。木々や小川など自然の音を聞きながら、スローな時間を体感してみましょう。

「アンティークカフェロード」はこんなお店

外観からレトロな感じ全開で心をくすぐる「アンティークカフェロード」。

アンティークカフェロードの外観

アンティークカフェロードの外観

店内は広くて開放感あり。席数は多く、ソファ、チェアの種類も豊富。外にも席があって森林浴しながらランチを楽しめます(虫に刺されないようにご注意を)。

アンティークカフェロードの店内

アンティークカフェロードの店内

はなげっくす
店名の通り、アンティークな家具やアイテムが至るところにあって、オラわくわくすっぞ。
飾られているアイテムは実際に購入することもできるよ。
ぺこ

清流を眺めながらのランチ、これが「アンティークカフェロード」の最上級の楽しみ方。ああ癒し。

アンティークカフェロードの窓際の席

「アンティークカフェロード」のメニュー

「アンティークカフェロード」のメインメニューは、カレーとパンセット。コーヒーや紅茶、デザートもあるので、ランチだけでなくカフェ利用も可能です。

メニューの一部

  • オリジナル・カレー(ミニサラダ付き):1,200円
  • パンセット(パン+季節のスープ+サラダ):1,000円
  • ミックスベリースムージー:600円
  • トロピカルスムージー:600円
  • メロンソーダ:600円
  • ミックスジュース(子供のみ):300円
  • チーズケーキ:500円
  • ガトーショコラ:500円
  • アサイーボウル:700円

清流ランチで癒されよう

特別観のある窓際の席で「アンティークカフェロード」の代表作「オリジナル・カレー(ミニサラダ付き)」をいただきましょう。

オリジナル・カレー

16穀米と2種の豆入り鶏挽肉のカレー。ひょっこり顔を出すスパイスと鶏挽肉の旨味、サラサラしたやさしい舌触りでうまー。

オリジナル・カレー

オリジナル・カレー

オリジナル・カレー

食後には「ミックスベリースムージー」「チーズケーキ」がおすすめ!

ベリー系たっぷりだけど、バナナと豆乳が入っているので酸っぱさは控えめ。それでいてマイルド過ぎないのが良いですね。

ミックスベリースムージー

チーズケーキめちゃうま。まったり大賞!ホールで持って帰りたい一品。

チーズケーキ

最高の癒し空間!

はなげっくす
ロケーションがたまらないし、レトロな雰囲気も素敵すぎるね。しばらくここで暮らすわ。
迷惑だから暮らさないで?
ぺこ

お店の情報

店名 アンティークカフェロード
住所 静岡県掛川市大野1776-7
電話番号 090-4853-0851
営業時間 11:00~17:00
定休日 月曜日・火曜日
座席数 各種ソファ、テーブルあり。広め。
タバコ 完全禁煙
駐車場 あり

看板を頼りに細い山道を抜けていきます。1台しか通れないので、前方からの車にはくれぐれも気をつけてくださいね。

アンティークカフェロードへ続く道

まとめ

掛川でカフェをお探しなら、「アンティークカフェロード」で決まり!レトロな空間で森林浴も楽しめる贅沢なカフェでした。

▼掛川市のカフェならこちらもおすすめ。

【いっぷく茶屋 ひぐらし】掛川の和風カフェがレベル高くて感動した!

いっぷく茶屋ひぐらしとは? 「いっぷく茶屋ひぐらし」は、掛川城のほど近くにあるレトロな佇まいの喫茶店です。掛川城に行く途 ...

続きを見る

【konohi(コノヒ)】掛川のステーショナリーカフェでまったり素敵な時間を過ごそう!

「konohi(コノヒ)」とは? 掛川市細谷の「konohi(コノヒ)」は、カフェの営業と文房具の販売をしているステーシ ...

続きを見る

はらぺこグルメマップ(β版)

Go To Eat
YouTube
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はなげっくす

はなげっくす

静岡のグルメブロガー・グルメライター・ユーチューバー。月間最高35万PVの静岡グルメブログ「はらぺこリズム」を運営中。グルメの分野から静岡を盛り上げたい!気に入った飲食店をランチ・ディナー問わず紹介、全力で応援しています。ぐるなび「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。「ことりっぷ」パートナーメディア。地元のSBSラジオやトークイベントに出演経験あり。

-掛川市, 静岡西部のグルメ
-

© 2020 はらぺこリズム