【つむらや】ふくわうち?築200年の古民家で蕎麦と酒を楽しもう!

「つむらや」とは?

おしゃれスポット・鷹匠、人はそう「静岡の代官山」と呼びます。呼んだことないけど。そんな鷹匠にある蕎麦屋といえば、やはり「つむらや」。昭和51年創業の人気店です。

ずっと行きたかったのですが、ようやく行けました。「つむらや」の魅力はいかほどか、調査してきましたよ。

「つむらや」はこんなお店

鷹匠の路地を歩いていると、ひときわ目立つ「つむらや」。岡部から移築した築200年の古民家と言われています。どうりで貫禄があるわけですね。

つむらやの外観

揺れる木々、風情のあるアプローチは、気分を高揚させてくれます。

つむらやのアプローチ

外観のイメージ通り、店内は広くて80席ほどあるそう。木のぬくもりとやさしい照明でリラックスできます。

つむらやの店内

「つむらや」のメニュー

メニューは、冷たい蕎麦・温かい蕎麦・天丼など、このあたりはどの蕎麦屋にもありますが、変わり蕎麦やふくわうち、おにわそとなどは「つむらや」ならではですね。

つむらやのメニュー

アテが多いのも「つむらや」の特徴。お酒に合いそうなメニューがズラリ。

季節によっても変わると思いますが、やはり日本酒は豊富。久保田・初亀・若竹のほか、日本各地のお酒が揃います。

名物「ふくわうち」がおすすめ

おそらく、「つむらや」を訪れた多くの人が注文するであろう「ふくわうち(1,650円)」は、5種類の蕎麦が一堂に会する看板商品。

ふくわうち

わざわざ5種類を作るのは、お店側からしたら大変そうですが、お客側からしたら歓喜ですよね。ありがたい!

全然飲むつもりじゃなかったけど、お店の雰囲気が「飲んでいいのよ」と言っていたので(気のせい)、「生ビール(700円)」を注文。そりゃ美味いでしょうね。

月替わりの変わり蕎麦。今月は新生姜を使った「しょうがきり」。しょうがの風味がきつくなく、ほのかに香ってすっきり。食べた瞬間に、爽やかな初夏の風が心を吹き抜けました。

桜えびのかき揚げも美味しかったです。白髪ネギの食感もGood。

大ぶりの鶏肉、生麩のもちもち感、味のしみた椎茸煮。個人的にはこれが好き。

シャキシャキの蕎麦もやしがすごくさっぱりしていていい感じ。

いそでフィニッシュ。定番ながら安心感のある間違いない味わい。

1つずつは少量ですが、かき揚げや鶏肉などもあって、食べ終わる頃には満腹。鶏肉などは少しあたたかかったり。5種類が一定して「冷たい」ではなくて、途中で温度変化があるのは巧いなと思いました。

はなげっくす
5種類の蕎麦を食べることができるのは幸せすぎる。
ぺこ
次回もたぶん「ふくわうち」を頼むけど、「おにわそと」も気になるな。

「つむらや」の特徴

「つむらや」の特徴ですが、自家製粉石臼挽きの手打ちの二八蕎麦で、コシがあって喉越しもばっちりでした。

だしは数種類のかつお節をブレンドしていて、かえしは3ヶ月以上熟成させているそうです。つゆの味としては、甘すぎず辛すぎずちょうどいい感じ。

お店の情報

店名 つむらや
住所 静岡県静岡市葵区鷹匠2-13-17
TEL 054-252-4514
営業時間 11:00~15:00(L.O.14:30)
17:30〜20:30(L.O.20:00)
水曜日のみ昼だけ
定休日 木曜日、第三水曜日
座席数 82席(テーブル36席、座敷38席、囲炉裏8席)
タバコ 完全禁煙
駐車場 あり(15台)

まとめ

みなさんにも「つむらや」を代表する「ふくわうち」の満足感をぜひ味わっていただきたいです。日本酒やアテも豊富なので、飲みながら蕎麦を楽しめそうですね。

プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。