【タンフン】ここはベトナムの食堂なのかと錯覚!静岡で本格ベトナム料理を味わう

「タンフン」とは?

静岡市清水区にある「タンフン」は、ベトナムの方が作る本格的なベトナム料理を味わえるお店。「日本人向けにアレンジされたアジアン料理じゃ物足りない!」という人におすすめ!

アジアン料理大好き・はなげっくすが、個人的にも何度か足を運ぶ「タンフン」の魅力に、ぐぐぐいーっと迫ります。

「タンフン」は本格的な味

日本人向けにアレンジされたアジアン料理は、それはそれで美味しいんですけど、個人的にはクセがあったほうが好き。「タンフン」は、「本場のベトナム料理を知ってもらいたい」という思いから、そういったアレンジは一切していません。

「タンフン」のオーダー方法

メニューは、ひとつひとつ写真があってとても親切。ベトナム料理の名前だけ並んでいてもイメージしづらいですからね。これは大変ありがたい。オーダーは、紙に数量を記入して店員さんに渡します。

春巻きファンのみなさん喜んでください。「タンフン」の春巻きは、「生」「蒸し」「揚げ」の3種類あります。それぞれ異なる特徴があるので、全部頼んで食べ比べするのも楽しいと思います。

こちらは「揚げ春巻き」。ほら、魅惑のきつね色。パリパリの皮の食感が心を鷲掴み!

もちろん、定番の「生春巻き」も外せません。打って変わって、こちらはモチモチの皮。ボリューム満点だけど、野菜たっぷりでヘルシー。

続いて、ファンの多い「きゅうりのサラダ」。食欲のない夏には毎日食べたいくらい爽やか。パクチーも適度な量で、それぞれの素材の分量が絶妙。えびせんにのせて食べます。パチパチッと音が鳴っておもしろいですよ。

「豚肉レモングラス焼 冷やしビーフン」は、豪快にまぜまぜしてから食べます。豚肉は結構ワイルドな味付けですが、他の素材があっさりしてるので、全体的なバランスは取れていますね。

最後は「牛肉のフォー」です。スープを一口飲んで目を閉じると、ベトナムの食堂がまぶたの裏に浮かぶよう。ベトナム行ったことないけど。

でも本当に日本人向けのアレンジがされていないことがわかります。これはまさしく本場の味わいなのでしょう。

人によっては物足りなさを感じると思いますので、アジアンな調味料で調整しましょう。

「タンフン」のここがおすすめ

「タンフン」のおすすめポイントをまとめてみました。

  • ベトナムの方が作る本場の味を楽しめる。
  • 春巻きの「生」「蒸し」「揚げ」のバリエーションは魅力。
  • 野菜をたっぷり摂れるのは嬉しい。
  • 全体的に安い。コスパがとても良い。
  • テイクアウトができるので、自宅でアジアンパーティーも可能。

お店の情報

店名 タンフン
住所 静岡県静岡市清水区中矢部町9-3
TEL 054-368-6925
営業時間 10:00〜14:00、16:00~21:00
定休日 水曜日
座席数 14席
タバコ 完全禁煙
駐車場 あり(7台)

まとめ

清水には「茶香茶花」というアジアン料理のお店もありますが、「茶香茶花」はどちらかというと、日本人向けにアレンジされています。

食べやすさを求めるなら「茶香茶花」。クセのある本格的な味を求めるなら「タンフン」をおすすめします。

プッシュ通知を

関連記事

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。