【サバーイ・ディール】静岡県内唯一のタイ政府認定店のカレーとガパオのコンビが最強!

本格タイ料理「サバーイ・ディール」

サバーイ・ディール」は、1992年オープンの静岡初のタイ料理店で、県内唯一のタイ政府認定店。バンコク出身のシェフが作っているので、まさに本場の味。本格的なタイ料理を味わいたい人にはぴったり。

個人的に、過去最高クラスのグリーンカレーとガパオライスだったので、ぜひみなさんもその味を確かめてみてください。

「サバーイ・ディール」はこんなお店

静岡市葵区紺屋町にある「中島屋グランドホテル」の向かいのビルの2階に「サバーイ・ディール」があります。ちなみに「サバーイ・ディール」はタイ語で「お元気ですか」という意味らしいです。

入り口の木像が「お元気ですか」と言っているようです(気のせい)。

店内の雰囲気は、まあよくあるアジアンレストランといった印象。怪しいお経のようなエキゾチックな音楽が流れていました。

「サバーイ・ディール」のメニュー

「サバーイ・ディール」のランチメニューで注目なのは、ハーフ&ハーフ。グリーンカレーと汁めん、レッドカレーとアジアンなおかずなど、さまざまな組み合わせをチョイスできます。

グリーンカレーとガパオライスのどっちかを食べようと思っていたら、グリーンカレーとガパオの「二種盛り(980円)」という神すぎるメニューを発見!迷わずこちらを注文しました。

屋台料理や宮廷料理など幅広いタイ料理がなんと80種類以上。ディナーは、2名から注文可能なおまかせコース(3,000円〜)も気になります。

追パクは100円。パクチストも安心ですね。お好みで追加しましょう。

スポンサーリンク

グリーンカレーとガパオが最強すぎた

「二種盛り」が運ばれてきました。ごはんの両サイドには、グリーンカレーとガパオ。どちらも楽しみたい欲張りな方におすすめ。

グリーンカレーは、鶏肉・ナス・ピーマンなど具がたっぷり。早速食べてみましょう。

ヒャホオおおおおおおおお!

普段、グリーンカレーに全く興味のないわたしですが、これには降参。うますぎました。

はなげっくす
グリーンカレーってこんなうまかった?たぶん過去最高クラスのグリーンカレー。
りい
口に入れた瞬間は甘いけど、すぐ後から追いかけてくる辛さが刺激的でたまらないわ!

こちらは、鶏ひき肉とホーリーバジルの甘辛炒め。いわゆるガパオライスですね。

タイ語で、ホーリーバジルのことを「ガパオ」と呼びます。日本では、ひき肉が主役っぽいイメージのガパオライスですが、実はバジルが主役だったんですね。メニューにも書いてある通り、本来は「グラパオ」と言うようです。

さあ、グリーンカレーと比べてどうでしょうか。期待に胸を膨らませながら、口に運びます。

ハァアアアンんん!

はなげっくす
容赦ない辛さ!しかしうまい!おそらくこれも過去最高クラスのガパオライス。
りい
かなり辛いけど、ナンプラーかな?醤油の味がしっかりして、引き締まった味付け。

個人的に、グリーンカレーもガパオライスも過去最高クラス。一度で二度美味しい「二種盛り」は最高に贅沢ですね。ちなみに、この2つは混ぜても美味しいです。ごはんで区切られた境界線なんて取っ払っちゃいましょう。

お店の情報

店名 サバーイ・ディール
住所 静岡市葵区紺屋町6-13 松永ビル2階
TEL 054-253-5778
営業時間 【平日】11:30~14:00(L.O.13:30)、 17:00~22:30(L.O.21:30) 
【日曜・祝日】11:30~14:00(L.O.13:30)、 17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 木曜日
座席数 38席
タバコ 一部禁煙(土日ランチは完全禁煙)
駐車場 なし(近隣に有料パーキングあり)

まとめ

本場のタイ料理を味わえる「サバーイ・ディール」は、個人的にかなりおすすめ。日本人向けにアレンジされたアジアンが嫌いな人にはぴったりだと思います。

プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。