【おがわ】静岡おでんの名店で心も体もあったまろう

静岡おでんの名店「おがわ」とは?

静岡市内には、静岡おでんのお店がたくさんあります。その中でも「おがわ」は、わたしが好きなお店のひとつ。

好きな理由は、小川さんの伝統を受け継ぐ姿勢がとても共感できるから。以前にぐるなびのグルメ取材をさせていただいて以降、すっかり「おがわ」のファンになってしまいました。

今や静岡グルメの代表格となった静岡おでんの魅力を「おがわ」から学びましょう。

「おがわ」は懐かしの雰囲気

静岡の浅間神社へ続く浅間通り商店街。駿府城公園寄りの4番街に「おがわ」はあります。えんじ色の暖簾が目印。

店内は、おばあちゃんちのような懐かしさを覚える雰囲気で、リラックスムードで過ごせます。

雑然としていますが、昔やっていたお菓子屋の名残がところどころにあって、歴史を感じますね。

多くの芸能人が「おがわ」のおでんを口にしています。サインがズラリ。

スポンサーリンク

静岡おでんはなぜ黒いのか?

静岡おでんがなぜ黒いスープなのかご存知でしょうか?「おがわ」では、牛すじだしと醤油ベースのスープを長年継ぎ足しながら煮込んでいるので、このような黒い色になるのです。

一見すると「味が濃そうだな」と思いますが、実は驚くほどにあっさり。これは実際に味わっていただければわかります。

「おがわ」のメニュー

「おがわ」のおでんは、期間限定のものを含めて22種類ほどあります。遅い時間になると、売り切れになるおそれがあるので、早めに訪れることをおすすめします。

お酒もあるので、ぜひおでんと合わせてみてください。ビールとおでん最高でしょう。

静岡おでんはかき氷と一緒に食べるのが普通(食べたことないけど)。「おがわ」には、自家製シロップのかき氷があります。アンチ合成着色料のわたしとしては、自家製シロップはかなり嬉しいですね。

焼きそば・おにぎり・団子なども売っています。

静岡おでんを実食!

さあ、静岡おでんを食べましょう。牛すじ・黒はんぺん・じゃがいも・大根・しのだまき、人気の5品をいただきました。

ちなみに、おでんの上にかかっているのはこれです。だし粉(かつお節を粉状にしたもの)と青のり。これにより、おでんの旨味がより一層増します。

牛すじは歯がなくても大丈夫!それぐらいやわからい!

黒はんぺんは、市場に出回らないぶ厚いやつ!スーパーで売っているのはもっと薄いです。

じゃがいもはホクホクで、大根はみずみずしさがありました。これは見事に素材の良さをダイレクトに感じることができます。

ちなみに、先代の頃からずっと、じゃがいもは北海道今金町のものを使っているとか。

しのだまきって知っていますか?鱈のすり身と油揚げを合わせた練り物。お初でした。

「おがわ」のここがおすすめ

「おがわ」のおすすめポイントをまとめてみました。

  • 静岡おでんは見た目からは想像できないくらいあっさり。
  • おばあちゃんちのようなあったかい雰囲気が心地良い。
  • 自家製シロップのかき氷は一緒に合わせたい。

まとめ

おすすめ静岡おでんの名店「おがわ」は、とてもあったかい雰囲気で心が癒されました。おでんはあっさりしていて食べやすかったですね。

静岡の中心市街地には、おでん横丁を中心に、静岡おでんのお店がたくさんあるので、はしごしてみるのもおもしろいです。

プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。