【みふくさぼう】三保の松原すぐ近くの民家カフェが快適すぎて泣ける!

「みふくさぼう」とは?

みふくさぼう」は、世界文化遺産として人気の景勝地・三保の松原のすぐ近くにあるおしゃれな民家カフェ。2017年6月7日に待望のグランドオープンとなりました。

今回、プレオープンでお邪魔してきたので、その模様を最速(たぶん)でレビューしたいと思います。

「みふくさぼう」はこんなお店

民家を改築した「みふくさぼう」は、緑色が印象的な建物。広いお庭は美しく手入れされており、玄関までのアプローチで期待は高まります。

民家カフェということで、店内は広め。フローリングの板は、踏み心地の良い厚いものを使用しているんだとか。家具はどれも素敵ですね。

店主やスタッフとの会話が楽しめそうなカウンター席、和室の雰囲気をダイレクトに味わえるテーブル席、広いお庭を眺めることができる窓際のソファ席など、さまざまなタイプの席で食事を楽しめます。

特に、窓際のソファ席は風が心地良くておすすめ。大きな窓からは、たくさんの光が差し込みます。お庭を眺めながらの食事は最高ですね。あー、ビール飲みたい。

ちなみに8人くらいで利用できる個室もあるそう。お子さん連れのママ会には便利ですね。

「みふくさぼう」のメニュー

ランチメニューは6種類。いずれもコーヒー(アイス・ホット)か紅茶(アイス・ホット)が付いています。

夜は、お酒に合うメニューが揃っています。昼夜で楽しみ方が異なるので、ぜひ夜も訪れてみたいですね。

オープニングはこれぐらいのメニュー数だとして、いずれ新メニューの登場もあると思いますし、今後が楽しみなカフェですね。

「羽衣ごはん(1,350円)」は、マグロとしらすで富士山を、周りの野菜で羽衣を表現しているそうです。羽衣伝説のある三保の地ならではのごはんですね。あれ、味噌汁の位置がおかしい?(笑)

野菜は新鮮で、味付けもちょうど良かったです。1,350円という価格設定は、高いと感じる方もいるかもしれませんが、最高のロケーションで食事ができることを考えると、個人的には満足でした。

「豚肩肉のしっとりロースト(1,200円)」は、低温でじっくり焼き上げた豚肩肉がしっとり柔らか。どちらかと言うと、こっちのほうが満足感はありそうです。

このパンナコッタは、プレオープンのサービス。ぷるんとした食感でとってもまろやか。

「みふくさぼう」のここがおすすめ

「みふくさぼう」のおすすめポイントをおさらいしましょう。

  • 広々とした店内でのんびりした時間を過ごすことができる。
  • 席の種類がたくさんあるのは魅力的。
  • きれいなお庭を眺めながら食事ができる。
  • 家具や器がどれも素敵。

ディナーで使用する予定という陶芸家・小國加奈さんの器はどれも素敵なので、料理の良さをぐっと引き上げてくれると思います。

はなげっくす
窓際のソファ席は最高。時間を忘れるくらいゆっくりできるよね。
ぺこ
料理はちょうどいい味付けだったなぁ。ディナーも気になるね。

お店の情報

店名 みふくさぼう
住所 静岡県静岡市清水区折戸4丁目7-54
TEL 054-336-8500
営業時間 ランチ・11:00~14:30
カフェ・14:30~17:00
ディナー・17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 火曜日
座席数 36席くらい?
タバコ 全席禁煙
駐車場 あり(10台)

まとめ

2017年6月7日グランドオープンの「みふくさぼう」は、今後大注目のカフェとして話題になること間違いなし。みなさんもぜひ幸せな時間を過ごしてみてください。

清水界隈でこういったお店はなかなかないので、かなり貴重。こんな素敵なカフェを開いてくれてありがとう!個人的にすごく応援しています。

プッシュ通知を

関連記事

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。