【ラマシェリ】独創的な料理を提供するエレガントな静岡のフレンチレストラン!

「ラマシェリ」とは?

静岡市駿河区南町にある「ラマシェリ」は、2017年10月にオープンしたフランス料理店。

シェフの徹底した下準備と独創的な料理には可能性を感じることでしょう。

「ラマシェリ」はこんなお店

JR静岡駅南口から徒歩5分ほど、ちょっぴり静かな場所にある「ラマシェリ」。紫色のカーテンがエレガントさを醸し出す外観。

ラマシェリの外観

艶やかな女性のように色っぽさのある店内。清掃も行き届いていて、清潔感あり。

テーブル6席・カウンター4席のコンパクトさで、カウンターはシェフの調理や盛り付けを間近で見たり会話もできます。

「ラマシェリ」のメニュー

「ラマシェリ」のランチは予約なしでもOK。ディナーは完全予約制で、前日までの予約必須なのでご注意を。

ランチメニュー

プリフィックス コース:2,000円(税込)
  • アミューズ
  • スープ
  • 自家製パン
  • お魚 or お肉料理
  • デザート
  • コーヒー or 紅茶

※予約したほうがスムーズに提供可能とのこと。

ディナーメニュー

ムニュ・テロワール:5,000円(税込)
  • アミューズ1品
  • オードブル1品
  • スープ
  • 自家製パン
  • お魚料理
  • お肉料理
  • デザート

※前日までの予約必須。

ムニュ・スペシャリテ:8,000円(税込)
  • アミューズ3品
  • オードブル2品
  • スープ
  • 自家製パン
  • お魚料理
  • お肉料理
  • デザート

※前日までの予約必須。

はなげっくす
シェフはほぼ独学で料理を覚えたというから驚き。もちろん修行はしただろうけど、オリジナリティに期待。

これが「ムニュ・テロワール」だ!

ディナーコースの「ムニュ・テロワール(5,000円)」をいただきました。

トリュフ香る「有精卵のウフ・ブルイエ」。スクランブルエッグのフレンチバージョン。

有精卵のウフ・ブルイエ 有精卵のウフ・ブルイエ

皮付きのまま5時間ほど低温で火を入れ続けた「かぶらのロースト」

かぶらのロースト

果物や野菜は、皮の真下が一番美味しいということから、シェフ曰く「皮を食べるための料理」。素材の良さを最大限に引き出した一品。

かぶらのロースト
ぺこ
うん、味も香りもいいね。

自家製パンは、外側カリッと中がほどよくふんわり。

自家製パン

クリーミーな味わいの「ポワローのポタージュ」底にフランと呼ばれる洋風茶碗蒸しが敷いてあります。ポワローは西洋ねぎのこと。

ポワローのポタージュ ポワローのポタージュ

「ラマシェリ」の定番である鰆を使用した「粕漬けにした鰆のミ・キュイ」

粕漬けにした鰆のミ・キュイ

お酒の風味が力強すぎる感じだけど、しっとり柔らかい鰆と桜えびを使用したアルベールソースが良好。

粕漬けにした鰆のミ・キュイ

歯に吸い付くような強い噛み応えの「和牛もも肉のロティ」

和牛もも肉のロティ

お肉はちょっと固い印象だけど、旨味がじわっと出て酸っぱい赤ワインソースと良く合います。

和牛もも肉のロティ

添えられたキノコは香りが強くて美味。こちらも3〜4時間かけてキノコの香りを閉じ込めているそう。

和牛もも肉のロティに添えられているキノコ

安納芋の甘さをそのまま活かした「安納芋のモンブラン」。下のパウダーはほうじ茶なので、和風テイスト。

安納芋のモンブラン
はなげっくす
正直なところ、やや惜しい部分もあったけれど、良い部分も多く、他の料理も食べてみたいと思った。
ぺこ
私はグルメ気取りのお前を叩き潰したいといつも思ってる。
はなげっくす
えっと…ぺこちゃん仲間だよね?応援して?

スポンサーリンク

「ラマシェリ」のここがおすすめ

「ラマシェリ」のおすすめポイントをまとめてみました。

  • エレガントな雰囲気の店内はデートにぴったり。
  • カウンター席はシェフの仕事を間近で見られる。
  • 素材の良さを倍増させる徹底した下準備。

お店の情報

店名 ラマシェリ(La Macherie)
住所 静岡県静岡市駿河区南町11-16
TEL 054-204-4848
営業時間 【ランチタイム】11:30〜13:30
【ディナータイム】18:00〜21:00
【バータイム】21:00〜22:30
※夜と土曜日のランチは予約のみ。
定休日 日曜日
座席数 10席ほど
※貸切では最大20名ほど対応可能。
タバコ バータイムのみカウンター席で喫煙可
駐車場 なし(周辺にコインパーキングあり)

まとめ

静岡市駿河区の「ラマシェリ」は、優雅な食事を楽しめるフレンチレストランでした。まだスタートしたばかりなので、今後に期待したいです。

▼静岡市のフレンチならこちらもおすすめ。

【エーグルドゥース】静岡市で必ずチェックしたいハイコスパのフレンチ!

2018.12.03

【セラヴィ】晴れた日が似合う静岡の一軒家フレンチレストラン!

2018.11.27

【シェ・モンピエール】優雅な雰囲気に浸れる静岡の一軒家フレンチレストラン!

2018.11.08

【クラヤカトウ】食通も絶賛!用宗の完全予約制レストラン!

2018.06.03

【トワクルール】素材にこだわり抜いた静岡・人宿町離宮のフレンチ!

2018.05.16

▼静岡市のクリスマスディナーまとめはこちら。

【2018年版】静岡市でクリスマスディナーを楽しめるレストランまとめ!

2018.11.29
プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。