静岡中部のグルメ 静岡市葵区

【壱(いち)】枠にとらわれない静岡の日本料理店で懐石コースを楽しもう!

2020年2月16日

「壱(いち)」とは?

人宿町で人気の「壱(いち)」は、枠にとらわれない個性派の日本料理店。

おまかせコースと日本酒を味わいながら、じっくりと大人の時間を楽しめるお店です。デートや接待におすすめ。

「壱(いち)」はこんなお店

「SOZOSYA Mビル」の1階で、人宿町の夜をやさしくぼんやりと照らす「壱」。

壱の外観

店内は静かで落ち着いた雰囲気。店主さんの調理を眺められるカウンターのほか、個室もあり。

はなげっくす
目を見開いてすべての調理工程をくまなくチェックします。
お前だけは出禁になってもらいたい。
ぺこ

「壱(いち)」のメニュー

ランチの「炊きたて土鍋ご飯とおばんざい」は、16品が並ぶインスタ映え必至の人気メニュー。お得なランチコースもあり。

ランチ

  • 炊きたて土鍋ご飯とおばんざい:2,500円
  • お昼のミニ会席:3,500円
  • 昼の懐石コース:5,000円〜10,000円

ディナーは「おまかせ懐石コース」のみ。内容は金額によって変わります。

ディナー

おまかせ懐石コース:5,000円〜10,000円

はなげっくす
ランチ・ディナーともに完全予約制なので、事前の連絡を忘れずに。

バラエティ豊かな懐石コース

「おまかせ懐石コース(7,000円)」の始まりは、ヤリイカと芹を合わせた一品。

ヤリイカと芹

身が引き締まっている明石の鯛は土佐醤油で。

明石の鯛

濃厚な「フォアグラの茶碗蒸し」は、京人参の餡によってくどくならない工夫。

フォアグラの茶碗蒸し

外はカラッと中はねっとりの「海老芋の唐揚げ」は山椒塩で。

海老芋の唐揚げ

なめらかでクセがない「レバーペースト」。メープルシロップをかけるとまた違った味わいに。

レバーペースト

噛み応えしっかりの京鴨、とってもやわらかい聖護院大根

京鴨と聖護院大根

香ばしく焼かれた大ぶりの「ふぐの白子」。上にかかっているのはからすみ香煎

ふぐの白子

「信州プレミアム牛のローストビーフ」は、ジュワッと旨味が溢れて幸福感で満たされる一品。こりゃうまい。

信州プレミアム牛のローストビーフ

身がふんわりやわらかい「甘鯛のカブみぞれ仕立て」。柚子がさわやかに香ります。

真鯛 カブのみぞれ仕立て

粒山椒の刺激がたまらない「じゃこ飯」。お味噌汁の濃さは控えめで、ごはんとのバランスが良好。

じゃこ飯

デザートにプリンをいただいて、ごちそうさまでした。

プリン

口福やーん!

はなげっくす
ローストビーフは思い出すだけでよだれが出そう。うまかったなぁ。
充実した内容だったね。料理を提供するテンポも良かったわ。
ぺこ

「壱(いち)」のここがおすすめ

「壱」のおすすめポイントをおさらいしていきましょう。

  • 日本料理という枠にとらわれない内容。
  • ランチのおばんざいはインスタ映え。
  • おまかせの懐石コースは5,000円〜。

お店の情報

店名 壱(いち)
住所 静岡県静岡市葵区人宿町1-1-10 SOZOSYA Mビル 1F
TEL 054-204-0037(完全予約制)
営業時間 12:00〜14:00(L.O.)
18:00〜22:00(L.O.)
定休日 月曜日
座席数 14席(個室あり)
タバコ 完全禁煙
駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
静岡市葵区人宿町1-1-10

まとめ

人宿町の「壱」は、バラエティ豊かな料理を味わえる日本料理店でした。デートや接待で、大人の夜を楽しみましょう。

割烹・小料理屋に関する記事はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はなげっくす

はなげっくす

静岡のグルメブロガー。月間35万PVの静岡グルメブログ「はらぺこリズム」を運営中。グルメの分野から静岡を盛り上げたい!気に入った飲食店をランチ・ディナー問わず紹介、全力で応援しています。ぐるなび「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。「ことりっぷ」パートナーメディア。地元のSBSラジオやトークイベントに出演経験あり。

-静岡中部のグルメ, 静岡市葵区
-

Copyright© はらぺこリズム , 2020 All Rights Reserved.