静岡中部のグルメ 静岡市葵区

【ごう】静岡の割烹料理店でハイレベルなコースを楽しもう!

投稿日:

「ごう」とは?

静岡市葵区常磐町の「ごう」は、東京の「銀座小十」で腕を振るったご主人が営む割烹料理店。

定評のある焼き物はもちろん、全体的に満足度の高い料理を味わうことができます。

「ごう」はこんなお店

飲食店がひしめくエリアで確かな存在感を放つ「ごう」。一人で大人な時間を楽しむも良し、大切な人をおもてなしするも良し。

ごうの外観

店内は、ご主人のお仕事を間近で見ることができるカウンター(6席)のほか、右手には個室もあり。

「ごう」のメニュー

「ごう」のメニューは、コース料理中心の構成。料理の内容は、季節や仕入の状況によって変わると思います。

  • おまかせおつまみコース:3,800円
  • お食事コース:5,000円・7,000円・10,000円

お酒主体で料理控えめなら「おつまみコース」、コースを堪能したいなら「お食事コース」といった選び方ができます。

7,000円と10,000円のコースは、基本的に前日までの予約が必要。

上品な和食をコースで堪能!

まずはキンキンに冷えた「生ビール」で渇いた喉を潤しましょう。くぅー!

生ビール

5,000円コースの始まりは「夏野菜の和え物」。さっぱりとしながらも焼きナスの香ばしさ、わさびの風味が活きている一品。器が美しい。

夏野菜の和え物

鮮やかなブルーの器で盛られた「雲丹と帆立の酢ゼリーがけ」。とろける雲丹と香ばしい帆立、ほどよい酸味の酢ゼリーの一体感が良好。

雲丹と帆立の酢ゼリーがけ

「いちじくのごまクリームがけ」は、いちじくのやさしい甘みとごまの風味が、違和感なく融合。中にはドライいちじくのコンポート。

いちじくのごまクリームがけ

いちじくのごまクリームがけ

とうもろこしのシャキシャキ感と甘みが口の中で躍る「とうもろこしの茶碗蒸し」

とうもろこしの茶碗蒸し

もうね、日本酒を飲まずにはいられないですよね。くいっと飲めば、ほわーっと気分も高揚。

日本酒

お刺身は、シコシコした歯触りの「コチ」とまったりとした甘みの「アカイカ」

焼き物は「クロムツの幽庵焼き」「カマスの塩焼き」の2種類。完璧な焼き加減と絶妙な味付け。

クロムツの幽庵焼きとカマスの塩焼き

「ちりめん山椒ごはん」「加茂ナスの煮浸し、牛しゃぶのせ」。山椒の強烈な風味が食欲を掻き立てます。ごはんのお供があるのは嬉しいですね。

ちりめん山椒ごはんと加茂ナスの煮浸し、牛しゃぶのせ

口の中をフラットな状態に戻してくれる「フルーツポンチ」。爽快でキレイな着地をキメてくれました。

フルーツポンチ

ブラボー!

はなげっくす
焼き物のレベルの高さはもちろん、コース全体でたくさんの工夫があって、すごく楽しめたよね。
落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくり食事をすることができたわ。
りい

「ごう」のここがおすすめ

「ごう」のおすすめポイントをまとめてみました。

  • 東京の有名店「銀座小十」で修行を積んだご主人。
  • ご主人との対話を楽しめるカウンター席。
  • コースで味わえるハイレベルで上品な和食。

お店の情報

店名 ごう
住所 静岡県静岡市葵区常磐町1-6-2
TEL 054-205-0017(予約可)
営業時間 18:00~翌2:00
定休日 火曜日
座席数 12席
タバコ 完全禁煙
駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)

まとめ

静岡の街中にある「ごう」は、ゆっくり美味しい和食を味わえる素敵な割烹料理店でした。

ちなみに、ご主人の実家は、西門町のラーメン店「さぶちゃん」。併せてチェックしましょう。

割烹・小料理屋に関する記事はこちら

  • この記事を書いた人
はなげっくす

はなげっくす

静岡のグルメブロガー。月間35万PVの静岡グルメブログ「はらぺこリズム」を運営中。グルメの分野から静岡を盛り上げたい!気に入った飲食店をランチ・ディナー問わず紹介、全力で応援しています。ぐるなび「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。「ことりっぷ」パートナーメディア。地元のSBSラジオやトークイベントに出演経験あり。

-静岡中部のグルメ, 静岡市葵区
-

Copyright© はらぺこリズム , 2019 All Rights Reserved.