【銀太】倉沢アジを食べるなら由比を代表する寿司屋へ行こう!

「銀太」とは?

静岡市清水区のJR由比駅の近くに、旬の地魚を味わえるお寿司屋さんがあります。それが「銀太」。地元では幻の倉沢アジを出すお店として有名。倉沢アジは普通のアジとどう違うのか!?

倉沢アジについて書いた記事があるので、詳しく知りたい方はまずこちらをご覧ください。

「銀太」はこんなお店

なかなか歴史を感じさせる店構えの「銀太」に到着。駐車場は3台しかないので、できるだけ開店前に到着しておきましょう。

席はカウンターと座敷。個人的には、大将から魚に関する豆知識を聞くことができるカウンターがおすすめ。

はなげっくす
なかなか味のあるお店だね。アジだけに。
ぺこ
あ…ああ、そうかもしれないね。

「銀太」のメニュー

どうやらおすすめのメニューは、「鯵にぎり(3,000円)」「地魚にぎり(2,000円)」らしい。桜えびをふんだんに使った「桜えびフルコース(3,300円)」もあります。

これが倉沢アジだ

「銀太」の名物、倉沢アジを存分に味わえる「鯵にぎり」。幻の倉沢アジに一点集中の究極のメニューです。

むむむ、見た目からして知っているアジとは違います。脂がたっぷりのっている感じが伝わってきますね。

幻のアジをこんなにたくさんいいのでしょうか…すでに涙が止まらない。ではいただきます。

こ…これは…。うま…。

はなげっくす
なんという脂のノリ。もはやアジではないねこれは。
ぺこ
脂がたっぷりのった白身魚のような感じだね。

回遊しないメタボ気味の倉沢アジは、とにかく脂がのっています。事前情報で知ってはいたのですが、これほどまでとは。衝撃的でした。

超お得な地魚にぎり

由比漁港に揚がる地魚を楽しめる「地魚にぎり」は、ふぐ・すずき・花鯛・太刀魚・桜えび・鰆・倉沢アジ・石鯛で、なんと2,000円!

そのまま握って出すのではなく、昆布締めやもみじおろしとポン酢で出したり、一手間加えているのがいいですね。倉沢アジや桜えびも入っているし、いろいろ食べたい人はおすすめです。安いですしね。

あればラッキー・ハダカイワシ

倉沢アジが脂たっぷりなのには理由があります。回遊しないということと、主食のハダカイワシが脂たっぷりなんですね。

運が良ければ、メタボの原因であるハダカイワシに出会うことができます。食べてみると凄まじい脂。これを食べて動かないんじゃ、そりゃ太るわ(笑)

由比といえば桜えび

もちろん、桜えびのかき揚げもあります。1人前4枚。1枚は小さいので、とても食べやすいしシェアもしやすいです。サクサク系ではなく、結構しっとりしていますね。

スポンサーリンク

「銀太」での注意点

お店やお客さんの様子を見ていると、子供連れや時間のない人には向かないなと思いました。

まぐろやタマゴなどの子供が好きなメニューがないことと、大将ひとりで作っていて時間がかかるので、ファミリーや時間に余裕のない人は注意してください。

「銀太」のここがおすすめ

「銀太」のおすすめポイントをおさらいしましょう。

  • 幻の倉沢アジを味わうことができる。
  • 「地魚にぎり」はお得感がある。
  • 魚に関する豆知識を大将から聞くことができる。

お店の情報

開店直後に訪れることをおすすめします。倉沢アジがあるかどうかの事前確認はしたほうが良いかも。

店名 銀太
住所 静岡県静岡市清水区由比今宿165
TEL 054-375-5000
営業時間 11:00~23:00
定休日 火曜日
座席数 20席
タバコ 全席喫煙可能
駐車場 3台

まとめ

由比で倉沢アジを食べるなら「銀太」は外せません。ぜひ、大将のこだわりを感じてみてください。

プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。