【シェ・モンピエール】優雅な雰囲気に浸れる静岡の一軒家フレンチレストラン!

「シェ・モンピエール」とは?

シェ・モンピエール」は、静岡市駿河区敷地の住宅地にある一軒家をレストラン。地元の朝採り野菜をたっぷり使ったヘルシーなフレンチを楽しめます。

たまにはちょっと奮発して贅沢なランチはいかがでしょうか?

「シェ・モンピエール」はこんなお店

静岡駅から石田街道を南下、登呂遺跡や東名高速道路を越えたあたりに、ゴージャスな洋館があります。それが「シェ・モンピエール」。緑の木々とお花のアーチをくぐって入店しましょう。

シェ・モンピエールの外観 シェ・モンピエールの外観

テーブル28席ほどの店内。やや格式のある雰囲気ですが、別にドレスコードがあるわけではないし、アットホーム感もあるので、気軽にどうぞ。

はなげっくす
『ドラえもん』で例えると、スネ夫の家に遊びに来たような感じかな。
ぺこ
へー、そうなんだ(なんでお前は『ドラえもん』で例えたんだよ…)。
8名まで利用可能な個室もあるそうで、お子さん連れは個室のみ利用OK。家族でフレンチなんて素敵すぎる。

「シェ・モンピエール」のメニュー

「シェ・モンピエール」のランチは3つのコースから選ぶことができます。

  • メニュー・フルール:2,600円
  • メニュー・ラ・セゾン:3,700円
  • メニュー・スペシャル:5,500円

※内容によって価格は多少変動するものと考えられます。

一番安いコースでも充分な内容だとは思いますが、「メニュー・ラ・セゾン」がおすすめ。

「フルール」と「ラ・セゾン」の違いとしては、料理の品数が増えて、デザートもワゴンから好きなだけ選べるタイプにバージョンアップします。

ランチのコース「メニュー・ラ・セゾン」を堪能した!

シェ・モンピエールビギナーの私たちは、ランチコースの「メニュー・ラ・セゾン」をいただきました。

オリーブ・アンチョビ・ローズマリーなどを使った個性的な味わいの自家製バター。自家製パンにつけていただきます。

自家製バター

「セップ茸風味のシャンピニョンのフラン、藁で燻したじゃがいものソース」は、いわゆる洋風茶碗蒸し。ソースがほんのりスモーキー。

セップ茸風味のシャンピニョンのフラン セップ茸風味のシャンピニョンのフラン

続いては「タルタルサーモンフュメのコルネ、塩いくら添え」。中には、自家製スモークサーモンのタルタルが入っていて、いくらの塩味やパリパリの食感と見事に融合。

タルタルサーモンフュメのコルネ

これまた印象的な見た目の「さんまのテリーヌのカナッペ、ムースポワブロン、パッションフルーツのムラング」。ポロねぎのローストの香りや下部のパンの食感が楽しい一品。

さんまのテリーヌのカナッペ さんまのテリーヌのカナッペ

「神谷さんの温泉卵、コンソメジュレ、クレームシャンピニョン、ソルべフォアグラバニラ風味」は、フォアグラ風のソルベがすごくマッチしていて、一体感にびっくり。

神谷さんの温泉卵、コンソメジュレ、クレームシャンピニョン、ソルべフォアグラバニラ風味 神谷さんの温泉卵、コンソメジュレ、クレームシャンピニョン、ソルべフォアグラバニラ風味
はなげっくす
さすが神谷さんだなぁ。
ぺこ
絶対知らないだろ。

ボタンエビの風味が濃厚な「シャンピニョンとフロマージュのキッシュ、ボタンエビのクレーム」は、素材の食感が心地良いです。ソースをたっぷり吸いこんだキッシュもたまりません。

シャンピニョンとフロマージュのキッシュ シャンピニョンとフロマージュのキッシュ

「季節の温野菜」は、中にたっぷりの温野菜。野菜本来の美味しさが際立ちますね。

季節の温野菜 季節の温野菜

メインは、肉料理か魚料理を選択することができます。お肉は朝霧高原ポークで、彩りもきれいでした。

肉料理

ワゴンにのせられたデザートから、好きなだけ選べる「ワゴン・デセール」。1個ずつは少量なので、お腹に余裕があるなら、7個くらい選んだほうがインスタ映えします(笑)

ワゴン・デセール ワゴン・デセール
ぺこ
頼みすぎに注意。残さないように気をつけようね。
デザートには、コーヒー・紅茶が付きますが、いずれもホットのみ。

スポンサーリンク

「シェ・モンピエール」のここがおすすめ

「シェ・モンピエール」のおすすめポイントをおさらいしていきましょう。

  • ゴージャスな洋館で優雅な食事を楽しむことができる。
  • ランチは3つのコースから選択可能。ディナーのコースは5,250円~。
  • 素材選び・味付け・食感など、料理のバランスが非常に良い。

お店の情報

店名 シェ・モンピエール
住所 静岡県静岡市駿河区敷地1-5-27
TEL 054-236-0255(予約可)
営業時間 11:30~13:30、18:00~20:30
定休日 月曜日、第2・4日曜日の夜
座席数 28席
タバコ 完全禁煙
駐車場 あり(7台)

まとめ

静岡市で女性を中心に人気の高い「シェ・モンピエール」は、料理のバランスが見事なフレンチレストランでした。ちょっと贅沢したい時に、ぜひ訪れてみてください。

▼静岡市のフレンチならこちらもおすすめ。

【ninosa(ニノサ)】ちょっと贅沢なランチを食べられる静岡のフレンチレストラン!(移転)

2018.06.16

【クラヤカトウ】食通も絶賛!用宗の完全予約制レストラン!

2018.06.03

【トワクルール】素材にこだわり抜いた静岡・人宿町離宮のフレンチ!

2018.05.16

【Bon Masuda(ボン・マスダ)】は飲み放題が破格のカジュアルフレンチ

2016.11.03
プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。