静岡中部のグルメ 静岡市葵区

【Buco(ブーコ)】静岡の街中でおしゃれに飲めるダイニングバー!

投稿日:2018年2月20日 更新日:

「Buco(ブーコ)」とは?

静岡市葵区七間町にあるダイニングバー「Buco(ブーコ)」。とっても雰囲気が良くておしゃれなので、大人のデートにぴったり。それでいてハイコスパなのでおすすめです。

Buco(ブーコ)の看板

はなげっくす
Buco(ブーコ)っていうのは、イタリア語で「穴ぐら」とか「隠れ家」っていう意味があるらしいよ。ブー子っていう豚の名前かと思ってた。
お前だけは絶対に店主に怒られろ。絶対にだ。
ぺこ

「Buco(ブーコ)」はこんなお店

JR静岡駅から北に向かって、七間町通りに差し掛かる手前に「Buco(ブーコ)」があります。ビルの2階に上がればすぐ入口。

Buco(ブーコ)の外観

Buco(ブーコ)の入口

店内は、「Buco」の名前の通り、穴ぐらっぽい造りになっています。おもしろいですね。薄暗くて雰囲気も抜群ですよ。カウンター中心ですが、テーブル席もあります。

Buco(ブーコ)の店内

Buco(ブーコ)の店内

「Buco(ブーコ)」のメニュー

「Buco」のメニューを確認していきましょう。前菜・メインディッシュ・パスタ・パン・チーズなど、全メニューが完全にワインに合う料理。人気のおつまみに☆印が付いているのは親切。

Buco(ブーコ)のフードメニュー

Buco(ブーコ)のフードメニュー

ドリンクメニューに関しては、ワインが主体なので、もちろんボトルワインのラインナップは豊富。

Buco(ブーコ)のドリンクメニュー

料理のレベルはかなり高め

まずは「生ビール キリンハートランド(550円)」「本日のグラスワイン(600円〜)」の白で乾杯。ワインについては、ワインに重きを置くか料理に重きを置くかで、マスターがわかりやすく紹介してくれました。

ビールとワイン

生ビールの泡のきめ細かさは申し分なし。

ビールの泡のきめ細かさ

こちらは「ハチミツがけマスカルポーネパン(550円)」。ハチミツとチーズの相性は間違いないですね。

ハチミツがけマスカルポーネパン

「パプリカのマリネ(400円)」は、それほど酸っぱくなくてちょうどいい塩梅。見た目も花のように美しいです。

パプリカのマリネ

パプリカのマリネ

シャキシャキの「にんじんサラダ(400円)」

にんじんサラダ

一般的にイメージするキッシュとは全く異なる「焼きたてキッシュ(550円)」。とにかくアツアツでトロトロ。

焼きたてキッシュ

「鶏の白レバーペーストとスライスパン(650円)」は、臭みもなく食べやすいですね。たっぷりパンにつけて召し上がれ。

鶏の白レバーペーストとスライスパン

この日一番のヒットだった「豚ばら肉のバルサミコ角煮(1,000円)」

豚ばら肉のバルサミコ角煮

なにこれうまー。

豚ばら肉はトロトロ。バルサミコはそれほどきつくなく、絶妙な味付け。これは食べてもらいたい一品。

はなげっくす
こりゃうまい。ピンクペッパーが多いんじゃないかと思ったけど、全然そんなことない、適量。
うんうん。ソースが絡んだマッシュポテトもすごく美味しいよ。
ぺこ

実はこれに合わせてもらったワインがかなり料理とマッチして驚きました。ワインだけでは少し渋めなのに、料理と合わせたらちょうどいい!おそるべしマスター。

「ボロネーゼ(1,000円)」もおすすめ。牛ひき肉の旨味がしっかり出ています。

ボロネーゼ

はなげっくす
全体的にレベル高めで美味しかった。満足。また来たいな。
料理7品+ビール2杯+グラスワイン3杯で7,500円!ハイコスパだねー。
ぺこ

「Buco(ブーコ)」のここがおすすめ

「Buco(ブーコ)」のおすすめポイントをまとめてみました。

  • 穴ぐらのような店内で、薄暗くて雰囲気が抜群。
  • 料理はどれも美味しくて、それでいて安い。
  • 「豚ばら肉のバルサミコ角煮」がイチオシ。

お店の情報

店名 Buco(ブーコ)
住所 静岡県静岡市葵区七間町10-10 七間町光ビル2F
電話番号 054-251-5987(予約可)
営業時間 18:00~25:00(L.O.24:30)
定休日 日曜(祝日の場合は翌日)
座席数 12席
タバコ 喫煙可能
駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)

まとめ

静岡の街中でおしゃれに飲める「Buco」は、デートに最適でハイコスパなダイニングバーでした。マスターの的確なワインのチョイスも魅力です。

▼ダイニングバー・ビストロまとめの記事はこちら。

夜のデートにおすすめ!静岡市のダイニングバー・ビストロまとめ!

静岡市のダイニングバー・ビストロを厳選! 夜デートといえば、やっぱりお酒。ビールやワインを飲みながら、あーだーこーだ言い ...

続きを見る

▼静岡市のダイニングバーならこちらもおすすめ。

【マップルーム】清水駅前のカフェバーで味わう至福のひととき!

「マップルーム」とは? 静岡市清水区の「マップルーム(cafe MAP ROOM)」は、落ち着いた雰囲気の中で、のんびり ...

続きを見る

【キッチン96】自家栽培の新鮮野菜と洋食メニューが豊富なダイニングバー!

「キッチン96」とは? 静岡市清水区にある「キッチン96」は、ドリンクとフードの種類が豊富なダイニングバー。 個人的にサ ...

続きを見る

【Pupitre(ピュピトル)】40種類以上のワインとベアードビールがある清水のワインバー!

「Pupitre(ピュピトル)」とは? 静岡市清水区の清水銀座内にある「Pupitre(ピュピトル)」は、自然派のワイン ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
はなげっくす

はなげっくす

静岡のグルメブロガー。月間35万PVの静岡グルメブログ「はらぺこリズム」を運営中。グルメの分野から静岡を盛り上げたい!気に入った飲食店をランチ・ディナー問わず紹介、全力で応援しています。ぐるなび「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。「ことりっぷ」パートナーメディア。地元のSBSラジオやトークイベントに出演経験あり。

-静岡中部のグルメ, 静岡市葵区
-

Copyright© はらぺこリズム , 2019 All Rights Reserved.