用宗港「アジア食堂 amakara」のフォーガーがうますぎて感動すら覚える

「アジア食堂 amakara」とは?

「アジア食堂 amakaraは、静岡市駿河区用宗にあるアジアンレストラン。用宗港の前にあるのでわかりやすいと思います。

フォーガーをはじめ、どの料理も美味しくて感動したので紹介させてもらいますね。

店内の様子

お店に入ると、フレンドリーでノリのいいご主人が対応してくれました。ちなみに、こちらのご主人は、漁師と兼業でお店を切り盛りしているんだとか。

店内は、アジアン雑貨やアジアビールの瓶が並べられていて、アジアっぽさ満点。落ち着いた照明も良いですね。用宗にいながらアジアを感じることができます。

アジアに関する本や旅行の本がたくさん。アジア好き、旅好きの方は、料理の待ち時間も楽しめますね。

「アジア食堂 amakara」のメニュー

メニュー表を見て、頭を抱えましたね。生春巻き、青菜炒め、ホタテのタイ風蒸し、グリーンカレー、パッタイ、フォーガー…正直ね、全部食べたいんですよ。どれにしようか非常に迷ってしまいますね。

迷っているところに振り向いたら、おすすめメニューの登場。チャゾーも水餃子も気になる!どれだけ悩ませるのよ!

ビンタン・シンハ・タイガー・ライオンラガー・台湾ビール・サイゴンなどのアジアンビールやネプモイ・ルアモイなどのベトナムウォッカもあります。もし車じゃなければ、アジアのお酒を料理に合わせたいところですね。

料理が全部美味かった

私が一番感動したのが、こちらのフォーガー。まずこの器から溢れんばかりの具材に驚きました。ファーストインプレッションは上々。

スープを飲んで再び驚きました。うまい、うまいよ!

フォー系って、店によってかなり薄味で物足りなかったりするんですけど、「amakara」のフォーガーは、本当に絶妙の味加減。鶏の旨味もよく出ています。

高菜の酸味とパクチーがかなりスープとマッチしています。特に高菜はかなり効いてますね。これがあるからこそ、ここまで感動を覚えたのだと思います。もちろん、たっぷりのパクチーも良い感じだし、パクチー好きとしては嬉しいですね。

バーミーヘンは、自家製焼豚とパクチーなど6種の薬味がトッピングされたタイ風汁なし合え麺。これにも驚きを隠せなかったんです。

思い切り混ぜ混ぜしてから麺をすすると、濃厚な味わいが口いっぱいに広がって箸が進む進む。これはクセになる!ナッツの食感もいいなぁ。

生春巻きは、大きめで食べ応え充分。シャキシャキのレタスとスパイスの効いたそぼろがグッド。カリカリの食感のものが入っていますが、これはタイのもち米を炒ったものだとか。シャキシャキとカリカリで、これまた食感がいいです。オリジナリティが溢れていますね。

秘伝のタレに漬けてから焼いたタイ風焼鶏は、プリプリの鶏肉と濃厚なタレの味がたまらないです。

正直、あまりお腹空いてなかったのに、夢中で食べてしまいました。本当に美味しかったです。次の日にはまた行きたくなったくらい。レベルの高いアジアン料理に出会えて良かったです。ありがとうございます。

お店の情報

店名 アジア食堂 amakara
住所 静岡県静岡市駿河区用宗2-17-1
TEL 090-8953-1328
営業時間 17:00〜21:30
定休日 水曜日、祝日
座席数 18席
タバコ 喫煙可能
駐車場 あり(お店に問い合わせください)

駐車場の場所は、到着してからお店の方に尋ねてください。教えてくれます。

ご主人が桜エビ漁兼業なので、桜エビ漁の時期(4月・5月、11月・12月)は臨時休業が多いそうです。漁期は、ツイッターで毎日14時までに営業状況が更新されるので、必ず確認するようにしましょう。

まとめ

「アジア食堂 amakara」は、本格的なアジアン料理の中に、オリジナリティを感じさせるこだわりのアジアンレストランでした。かなりおすすめなので、アジアン好きのみなさんはぜひ行ってみてください。

プッシュ通知を

関連記事

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。