日清カップヌードル「謎肉祭」に「謎肉祭の素」を全部入れたらひどいことになった!

日清カップヌードル「謎肉祭」

2016年に発売され好評を博した、日清カップヌードルの「謎肉祭」。「カップヌードルビッグ」の10倍の謎肉が入っているということで話題となり、売り切れが続出しました。

今回、なんと「帰ってきた謎肉祭W」として復活。通常の謎肉に加え、白い謎肉が追加され、パワーアップして帰ってきました。恐怖(笑)

普通に食べるだけだと、まったくもって面白味がないので、「オムニ7」で販売されている「謎肉祭の素」をすべて「謎肉祭」にぶち込んでやりましたよ。

そもそも謎肉ってなに?

「謎肉」はその名の通り、謎に包まれているお肉ですが、どなたでも一度は見たことがあるはず。日清カップヌードルでよく見かけるあの四角いお肉のかたまりですね。

カップヌードル46周年の今年、なぜか日清は「謎肉は大豆です」と秘密を明かしてしまいました。なんでやねん。これにより、もはや謎肉ではなくなったわけです。

正式名称を「ダイスミンチ」と呼び、「豚肉と大豆由来の原料に、野菜などを混ぜて味付けしたもの」なんだとか。

「帰ってきた謎肉祭W」の紹介

「帰ってきた謎肉祭W」の原材料や成分表はこんな感じです。スープまで飲み干すと、食塩5.8g!これは飲み干してはいけないやつですね。

謎肉の量を確認。充分な量が入っています。これに謎肉を追加する必要性は全くありません。ちなみに白い謎肉は鶏肉と大豆ベースです。

スポンサーリンク

「謎肉祭の素」の準備

こちらが「謎肉祭の素」。「カップヌードルビッグ 謎肉祭」の謎肉だけをパッケージングしたもの。「いつでも どこでも 謎肉祭!」という不可解なメッセージが書かれていますね。

駄菓子感覚で4連パックとなっています。

1パックをお皿に出してみました。気をつけたいのは塩分量ですが、たったこれだけで1.1gもあります。

せっかくなので、4パック全てをお皿に出してみました。すごい量。まつりばやしが聞こえてきそう。

「謎肉祭」で踊り狂う

「帰ってきた謎肉祭W」の中に全部ぶち込んだ状態がこちら。すごいな、ぎりぎり入りました。ぎりぎり入るサイズに設計されているのでしょうか。

なんだか腹立つヴィジュアルですね。

お湯を入れたら蓋が浮いたので、エイヤーと上から押してなんとか入りました。

2分後。←かためが好き

…。

…。

…。

はなげっくす
全然食べたいという気持ちになれない。吐きそう。
ぺこりーぬ
「カップヌードルビッグ」の40倍の謎肉がこれってことね。

謎肉が邪魔をして、はっきり言って食べづらい。きれいに麺を持ち上げるのは一苦労。

味は読者のみなさんの想像通り。ただ、こんな風にすぐに謎肉が絡んできて、とにかく食べづらい。くそっ。

カップヌードルを食べ終えた後に、底に沈んでいる謎肉で謎肉丼を作ってみました。

はなげっくす
余った謎肉がまだこんなにあったんかい!
ぺこりーぬ
恐怖としか言いようがない。

そう、お分かりの通り、すごく食べづらい。でも味は意外に美味しいです。

はなげっくす
謎肉の入れ過ぎは食べづらい、そして塩分過多。これ今日の教訓。
ぺこりーぬ
もうこんなことやめようね。普通に食べたほうが美味しいんだよ?わかった?

まとめ

「謎肉祭の素」を全部ぶち込むのはダメ。お祭りどころではなくなる。

プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。