【マグロック&フジソニック2018】静岡を代表する野外フェスに参戦しよう!

静岡発の野外フェス・フジソニック&マグロック

静岡市清水区を代表する野外フェスといえば、清水マリンパーク内イベント広場(エスパルスドリームプラザ横)で開催されている「マグロック」と「フジソニック」です。

もちろん、2018年(4年連続)も開催決定!今年は「マグロック」と「フジソニック」が合体。「マグロック&フジソニック2018」の2DAYS開催。

2018年10月6日(土)10月7日(日)は、フェス好き・音楽好き・静岡好き、みんな清水に集まれ!

「マグロック&フジソニック2018」ラインナップ

10月6日(土)は、TOTALFATや電気グルーヴをはじめ、ライブパフォーマンスに定評のあるBiSHも決定。続報が待ち遠しいですね。

TOTALFAT
電気グルーヴ
SILENT SIREN
BiSH
PassCode
Track’s
DJダイノジ

10月7日(日)も注目バンドがたくさん。2017年にDJダイノジと一緒に歌った「誰かが」を覚えている人なら、The Birthdayの参戦は涙モノ。常連となったBRADIO、D.W.ニコルズも必見。

The Birthday
BRADIO
アルカラ
Xmas Eileen
D.W.ニコルズ
DJダイノジ

原点となった野外フェスがある

「フジソニック」と「マグロック」の詳細を確認する前に、歴史を紐解いていきましょう。

実は原点となった野外フェスがあります。それが、2008年に同じ場所で開催された、お笑いコンビ・ダイノジ主催の伝説の「マグロックフェスティバル’08」

この野外フェスには、かりゆし58、GO!GO!7188、TRICERATOPS、BEAT CRUSADERS、the pillows、フラワーカンパニーズなどの豪華アーティストが出演しました。2日目にわたしも行っています。

なんと、まだホームページが残っていました(笑)

この野外フェスは大赤字だったようで、それ以降、マグロックは開催されませんでした。ダイノジ・大谷さんも「もう二度と野外フェスはできないなって。いろんな人に迷惑かけて。」と語るように、とても厳しい状況だったようですね。

それが、2015年に「マグロック2015」「フジソニック2015」の2DAYSで復活。これには正直びっくりしましたね。きっと2008年を知っている人は発狂したことでしょう。

ダイノジやファンの思いが詰まっている

これまでのストーリーやこのツイートを見ると涙が出ます。ダイノジのお二人が一番待ち望んでいたと思うけど、それと同じくらい待っていた人たちがいたんですね。

静岡市民として、彼らの強烈な思いは本当に嬉しかったんです。清水にこだわって、同じ場所にこだわって、7年ぶりにやってくれたこと、そして今年もやってくれること。ダイノジの夢を一緒に追いかけたいなと思いますよね。

スポンサーリンク

2017年のラインナップ

2017年もさまざまなアーティストが登場しました。初めてSOUNDSHOWER ark STAGEも登場!

「フジソニック2017」ラインナップ

まさかの大御所!加山雄三さん率いるTHE King ALL STARS、ヘヴィメタバンド・ANTHEMの出演が決定!DJダイノジ以外はすべて初登場。ジャンルレスなラインナップで、ここでしか見れないステージになりました。

  • ANTHEM
  • BiSH
  • フジファブリック
  • THE King ALL STARS
  • TRF
  • POLYSICS
  • ムック
  • Creepy Nuts
  • ベッド・イン
  • DJダイノジ
  • BiS(ark STAGE)
  • Phantom Excaliver(ark STAGE)
  • ゆるめるモ!(ark STAGE)
  • 緑黄色社会(ark STAGE)
  • 小林太郎(ark STAGE)
  • Sano ibuki(ark STAGE)
  • MC:森直美(静岡朝日テレビアナウンサー)

「マグロック2017」ラインナップ

注目は岡崎体育さんとヤバイTシャツ屋さん。岡崎体育さんとそのミュージックビデオの制作を手掛けるヤバイTシャツ屋さんのボーカル・こやまたくやさん(寿司くん)の夢の共演!

3年連続キュウソネコカミ!そしてまさかのMrs. GREEN APPLE!これには震えました。

  • BRADIO
  • Nulbarich
  • SCANDAL
  • 打首獄門同好会
  • ヤバイTシャツ屋さん
  • 岡崎体育
  • キュウソネコカミ
  • Mrs. GREEN APPLE
  • クリープハイプ
  • DJダイノジ
  • ADAM at(ark STAGE)
  • FINLANDS(ark STAGE)
  • フレンズ(ark STAGE)
  • Newspeak(ark STAGE)
  • Track’s(ark STAGE)
  • The Songbards(ark STAGE)
  • MC:広瀬麻知子(静岡朝日テレビアナウンサー)

2016年のラインナップ

「フジソニック2016」と「マグロック2016」のラインナップはこんな感じでした。

「フジソニック2016」ラインナップ

「フジソニック2016」のヘッドライナーに、ASIAN KUNG-FU GENERATION。静岡にゆかりのあるアーティストということで、昨年も噂されていましたが、今回初登場となりました。

「マグロック’08」を知るthe pillowsの参戦は感慨深いものがありますね。個人的にはレキシを見れるのが嬉しい!!

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • SPECIAL OTHERS
  • the pillows
  • ウルフルズ
  • 岩崎愛
  • パスピエ
  • レキシ
  • たこやきレインボー with DJ KOO
  • アップアップガールズ(仮)
  • DJダイノジ
  • MC:森直美

「マグロック2016」ラインナップ

「マグロック2016」のヘッドライナーに、KANA-BOON。ボーカルの谷口鮪さん、良かったですね!

TOTALFATは2年連続!初登場のTHE ORAL CIGARETTES、フレデリックなど注目バンドが登場しました。

  • KANA-BOON
  • THE ORAL CIGARETTES
  • BRADIO
  • フレデリック
  • TOTALFAT
  • go!go!vanillas
  • BUZZ THE BEARS
  • キュウソネコカミ
  • あゆみくりかまき
  • DJダイノジ
  • MC:広瀬麻知子

2015年の様子

「マグロック2015」と「フジソニック2015」の様子です。わたしも「フジソニック2015」に参戦しましたが、とても楽しかったです。

fujisonic-magurock2

「マグロック2015」は、ただ一人「マグロック’08」を知るLOW IQ 01。のちに「PUNKSPRING2016」でヘッドライナーを務めたTOTALFATなど、話題性抜群のラインナップ。

「フジソニック2015」は、LINDBERG、森高千里、斉藤和義、電気グルーヴ、吉井和哉など、ベテランアーティストが多数出演のラインナップでした。

「マグロック」と「フジソニック」の魅力

簡単に「マグロック」と「フジソニック」の魅力をまとめてみました。

  • 静岡にゆかりのあるアーティストが多数出演する。
  • 会場はそれほど大きくないので、ステージとの距離が近い。アーティストがよく見える。
  • マグロの水揚げ量日本一の静岡ならではの中とろ丼など、美味しい静岡グルメを味わえる。
  • 「アメトーーク!」の「ローカル番組やってます芸人」の回に出演して可愛いと話題になった、静岡朝日テレビの広瀬麻知子アナを見れる。森直美アナも美人。
  • ダイノジの情熱がたくさん詰まっている。

まとめ

静岡の皆さんも県外の皆さんもぜひ静岡発の野外フェス「マグロック&フジソニック2018」に遊びに来てください。

絶対に楽しい2日間になると思います!思い切り騒ぎましょう。

「マグロック&フジソニック2018」の公式サイトはこちら。

アイキャッチ画像出典:フジソニック&マグロック公式サイト

プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。