映画『君の名は。』は圧倒的なスケール感の「結び」の物語

映画『君の名は。』とは?

映画君の名は。』は、『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』『言の葉の庭』などで、国内外を問わず大きな評価を受けた新海誠監督が手がけたアニメーション作品。

全世界での興行収入は2億8101万2839ドル(日本円で337億円)を超え、『千と千尋の神隠し』の2億7492万5095ドルを上回る大ヒットとなっている。

『君の名は。』のあらすじ

まずは物語のあらすじを確認していこう。公式サイトより引用させていただく。

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計にきになる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。

「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

一方、東京で暮らす男子高生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高生になっているのだ。

繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。二人は気づく。

「私/俺たち、入れ替わってる!?」

いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていく。しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心する。

「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。」

辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた……。

出会うことのない二人の出逢い。運命の歯車が、いま動き出す

出典:映画『君の名は。』公式サイトより

予告動画を見たほうがよりわかりやすいと思う。

他の映画を観た時に、この予告動画を何度か目にしたけれど、ずっとこの映画を観たいと思っていた。初めて目にした時から、ずっと心を奪われていたのだ。

映画『君の名は。』の感想

映画『君の名は。』の感想を書いていく。

ストーリーが秀逸

「人が入れ替わる話」と聞いて、学園ドラマで同じ学校の男女が道でぶつかって入れ替わるというベタなストーリーを想像していた。そんな自分のイメージは、すぐに崩れ落ちることになる。新海誠監督に謝罪したい。

時空を超える壮大なストーリー、神秘的でドラマティックな展開に、ぐいぐい引き込まれた。退屈する時間なんて1分もなかった。

時を結び、距離を結び、人を結ぶ。この映画には「結び」というテーマがある。ストーリー全体に散りばめられた「結び」に関するキーワード、キーアイテム。全てが結ばれた時、自然と涙がこぼれるだろう。

映像美に心を奪われる

立花瀧が住む都会の風景、宮水三葉が住む田舎町の風景、それぞれが非常に細かく描かれている。

都会のリアリティや自然の雄大さはもちろん素晴らしいけど、葉の間から差し込む光などがとてもきれいで、とにかくその映像美に心を奪われた。

声優陣がプロフェッショナル

特に立花瀧を演じた神木隆之介が素晴らしかった。役者としても数々の映画・ドラマには出ているし、アニメーション作品の経験も豊富だ。バイト先の先輩・奥寺ミキを演じた長澤まさみの色っぽさもいいし、三葉の祖母・宮水一葉を演じた市原悦子の存在感は言うまでもないだろう。

RADWIMPSの曲が素晴らしい

『君の名は。』の主題歌、劇中に流れる音楽を担当したのがRADWIMPS。1年半かけてこのプロジェクトに取り組んだそうだ。主題歌は「夢灯籠」「前前前世」「スパークル」「なんでもないや」の4曲。この4曲が本当にいいところで流れる。

例えば、訳も分からず進む2人の入れ替わり生活のめまぐるしさは「前前前世」。余韻に浸るエンドロールでは「なんでもないや」。それぞれが、観客が欲しているタイミングで流れる。

「なんでもないや」を聴きながら涙を流し、この余韻がずっと続けばいいなと思ったぐらいだ。

通常映像に合わせて作る音楽を、『君の名は。』に関しては、RADWIMPSの曲がかかる瞬間が映画のピークになるように、映像を変えていったそうだ。

また、全米公開に合わせて、RADWIMPSが書き下ろした英語版の主題歌「Zenzenzense (English ver.)」が、オフィシャルYouTubeで発表された。

英語版の主題歌を書き下ろしたRADWIMPSに対する新海誠監督のコメント。

「RADWIMPSにとって、メロディと歌詞は切り離せないもののはずです。にもかかわらず、英語圏の観客のために素晴らしい英語歌詞を作ってくれたRADWIMPSに、心より敬意と感謝を申し上げます」

『君の名は。』が世界的に大ヒット

『君の名は。』はこれまでに数々の記録を樹立。この勢いはすごい!

  • 日本での興行収入は232億円を突破。歴代3位の『アナと雪の女王』に肉薄。
  • すでに全世界での興行収入は『千と千尋の神隠し』を超えた。
  • これまでに世界125の国と地域で上映。中国、タイ、台湾で日本映画の歴代興行新記録。
  • 2017年4月7日から全米とカナダ(計200館以上)で上映決定。

組紐が大人気

『君の名は。』に登場する組紐が今注目されている。京都の組紐専門店「昇苑くみひも」では、映画の公開直後から注文が殺到しており、多い時は週に250本の注文が入るなど、制作が追いつかない状況。

20代の若者が、2本まとめて購入することが多いそうで、「カップルで身につけるのではないか」と店主は話している。

まとめ

なんだろう、これほどまでに心が震えて、これほどまでに優しい気持ちになれる映画が、未だかつてあっただろうか。

ストーリー・映像美・音楽がひとつに結ばれ、自然と涙がこぼれた。わたしが、人生の糸を手繰って出逢えた人たち、そしてこの夏出逢えた『君の名は。』に心から感謝したい。

『君の名は。』の公式サイトはこちら。

メイン画像出典:映画『君の名は。』公式サイト

プッシュ通知を

関連記事

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。