石橋杏奈のラップに学ぶ自らギャップを作り出す重要性

石橋杏奈さんとは?

石橋杏奈さんといえば、世間をお騒がせ中の清水富美加さんの代役として映画「泥棒役者」に出演が決定した女優さんですね。

石橋さんに対する皆さんのイメージはどんな感じでしょうか?個人的には「清純派」や「透明感」という言葉がぴったりだと思います。ドラマでも清楚な役柄が多いですよね。

実は、石橋さんには見た目からは想像もできない特技があるのですが、今回はそんな彼女からモテる人間になる方法を学びます。

石橋杏奈プロフィール

簡単にプロフィールと略歴を確認していきましょう。

本名 石橋 杏奈
生年月日 1992年7月12日
出身地 福岡県
身長 162cm
血液型 A型
代表作 『ロストデイズ』『無痛~診える目~』

2006年に、あの伝統あるホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞。

2008年~2011年には、162cmの長身を活かし『セブンティーン』の専属モデルとして活躍。

2012年からNHKの「LIFE!~人生に捧げるコント~」でコントに挑戦するなど、モデル・ドラマ・映画だけにとどまらない多才ぶりを発揮しています。

清純派×ラップの意外性

さて、そんな石橋杏奈さんの特技、それはラップが超絶うまいこと。彼女が歌うニッキー・ミナージュの「Super Bass」を聴いた瞬間にやられました。

高速ラップもお手の物。しかも歌自体がうまいので、聴いていて心地良いです。

これ、ギャップ萌えや。

しかも歌い終わった後に「英語の意味はわからないんです。」と言っちゃうあたりのオチまで完璧。

そう、石橋さんの容姿からは想像もできなかったラップという特技。意外性のふり幅が大きいほど、人は人に魅了されるものです。

しかも石橋さんは「イカ大王体操」というへんてこなダンスも踊ります。意外性を2重3重に重ねると、ギャップ萌えの効果はより高まりますよね。

モテたいならギャップを意識

「おれってなんでモテないの?」「私ってなんでモテないの?」それはあなたに魅力がないからです。

真面目そうだけど実は面白い。普段はノリが良いけど恋愛は一途。人を殺してそうなくらい強面だけど誰よりも優しい。このような性格上のギャップは魅力的ですよね。

「性格なんて簡単に変えられないし…」なんて諦めることなかれ。石橋さんのようにラップやダンスなど特技を増やすことによって、自らギャップを生むこともできるわけです。

つまりギャップ萌えは自分で操作できるということですね。モテたいならギャップを意識して、他人から意外だと思われそうな特技を増やしましょう。

モテないのは怠慢でしかない

モテないと嘆いている人は、特技を増やせばモテる可能性があるのに、それを全くやっていないということです。それはただの怠慢でしかないですよね。自分でチャンスを潰しているし、モテないのは当然かもしれません。

料理が下手と見られがちなら、プロにも負けないくらいの料理の腕を持てばいいし、運動音痴と見られがちなら、バスケとかフットサルを一生懸命やってみればいいじゃないですか。

人は意外性があればあるほど人に魅かれるのだから、自分の武器をもっと積極的に増やしましょう。話はそれからだ!

まとめ

石橋杏奈さんは、モデル・グラビア・映画・ドラマ・コント・歌(ラップ)・ダンスと多才で魅力的な女優さんでした。美人なのになんでもこなすところは、業界で重宝されそうですね。

そんな石橋さんから学んだ自らギャップを作り出す重要性。ギャップを意識すれば、きっと誰でも魅力的な人間になれるでしょう。

石橋さんのギャップ萌え要素たっぷりの「LIFE!~人生に捧げるコント~」には、内村光良さんを筆頭に、星野源さんやムロツヨシさんなど豪華なキャストが出演しているので、ぜひご覧ください。

メイン画像出典:石橋杏奈-ホリプロ公式サイト

プッシュ通知を

関連記事

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。