緊急事態宣言の発令によって、休業または営業時間の短縮をされているお店があります。事前にSNS・ホームページ・電話でご確認をお願い致します。

三島市 伊豆のグルメ

【桜家(さくらや)】三島の名店で受け継がれる伝統のうなぎを体感しよう!

「桜家(さくらや)」とは?

「桜家(さくらや)」は、水の都・三島で、名声をほしいままにする老舗のうなぎ屋さん。

県内でもトップクラスの人気を誇る名店中の名店で、江戸時代から受け継がれる伝統の味を体感してみてください。

「桜家(さくらや)」はこんなお店

創業安政三年というよくわからないくらい大昔から、うなぎの旨さを後世に伝え続けている「桜家」。新旧が融合した迫力ある外観に期待は膨らみます。

桜家の外観

はなげっくす
安政三年はとっても良い時代だったよね。
お前、歴史のこと何も知らねーだろ。
ぺこ

人気店=行列は覚悟の上でしたが、外のスタッフさんと中のスタッフさんが常に無線でやりとりして、スムーズに入店することができました。素晴らしい連携!

「桜家(さくらや)」のメニュー

「桜家」のメインは、もちろん「うなぎ丼」「うなぎ重箱」などのうなぎメニュー。「海老天丼」「天ぷら定食」などもあって、一般的なうなぎ屋さんよりもやや間口が広め。一品料理も豊富。

主なメニュー

  • うなぎ丼:4,400円(1匹)・6,000円(1匹半)
  • うなぎ重箱:4,400円(1匹)・6,000円(1匹半)・7,800円(2匹)
  • 丼柵二段入れ:8,000円
  • 蒲焼御飯:6,000円(1匹半)・7,800円(2匹)
  • 蒲焼定食:6,300円(1匹半+1品 or 1匹+3品)
  • 海老天丼:2,700円
  • 天ぷら定食:3,830円

これが伝統のうな重だ!

王道の「うなぎ重箱(1匹)」。威風堂々とした佇まいに高ぶるマイハート。「おれがうな重やで!」という声が聞こえてきそうなくらい堂々としていらっしゃる。

うなぎ重箱

完璧な焼き色と香りに、私のよだれはナイアガラの滝状態(誇張)。とにかく早く食べたい。

うなぎ重箱

うなぎ重箱

口に掻き込めば、ふわふわな食感とタレの香ばしい匂いによって幸せモードに突入。

うなぎ重箱

うなーー!

はなげっくす
もうね、このうなぎの絨毯にダイブしたいね。
やれるもんならやってみな。
ぺこ

山椒で香りと刺激をプラスしてアグレッシブになった姿もまた魅力的。

うなぎ重箱

「桜家(さくらや)」のここがおすすめ

「桜家」のおすすめポイントをおさらいしていきましょう。

  • 安政三年の伝統を守り続けるうなぎ屋さん。
  • ふわふわ食感で香ばしいうなぎ。
  • うな丼やうな重だけではない豊富なメニュー。

お店の情報

店名 桜家(さくらや)
住所 静岡県三島市広小路町13-2
TEL 055-975-4520(予約可)
営業時間 11:00~20:00
※仕込みで準備中になることもあり(15:30~17:00)。
定休日 水曜日
座席数 100席(個室あり)
タバコ 完全禁煙
駐車場 契約駐車場あり
※シンコウパーキング、広小路パーキング、うちだパーキングのサービス券の発行あり。

まとめ

三島でうなぎといえば「桜家」。「桜家」を知らずして静岡のうなぎは語れません。味はもちろん、ホスピタリティの高さも感じ取ってみてください。

うなぎに関する記事はこちら

はらぺこグルメマップ(β版)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はなげっくす

静岡のグルメブロガー・グルメライター・ユーチューバー。月間最高35万PVの静岡グルメブログ「はらぺこリズム」を運営中。グルメの分野から静岡を盛り上げたい!気に入った飲食店をランチ・ディナー問わず紹介、全力で応援しています。ぐるなび「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。「ことりっぷ」パートナーメディア。地元のSBSラジオやトークイベントに出演経験あり。

-三島市, 伊豆のグルメ
-

© 2021 はらぺこリズム Powered by AFFINGER5