【雨降り 喫茶と民藝】心温まるチャイと民藝に出会える三島の小さなカフェ!

「雨降り 喫茶と民藝」とは?

雨降り 喫茶と民藝(amefri chai&craft)」は、タイやインドを旅していたオーナーが伊豆箱根鉄道、三島田町駅の側で、2016年1月にオープンしたお店。

インドの茶葉で作るチャイをメインにした喫茶と、アジアの民藝(みんげい)品が迎えてくれます。心も体も温まる、ホッとする一杯に出会えますよ!

テツ
テツのカフェ記事、第14弾!どうぞご覧ください。
「雨降り(amefuri)」の入口

「雨降り 喫茶と民藝」はこんなお店

三島田町駅の向かいにある建物が雨降りさんの店舗。階段から2階に上がって行きましょう。

雨降り(amefuri)の外観 雨降り(amefuri)の外観 雨降り(amefuri)の入口

隠れ家的な雰囲気の店内は、トータル10席ほどの空間でカウンター席もあり。思い思いの時間を過ごせます。

雨降り(amefuri)の店内

テーブル上に敷かれた布や照明など、細かい飾りが良い雰囲気を出していますね。

雨降り(amefuri)の店内

タイやインド、マレーシアといったアジアの民藝品の販売もしています。全てオーナーが現地で買い付けてきた品物で、織物から文房具までさまざまですよ。

雨降り(amefuri)の店内

「雨降り 喫茶と民藝」のメニュー

雨降りさんのドリンクメニューは、チャイをはじめとするお茶系がメイン。

チャイにはインドの茶葉、煎茶や紅茶、ほうじ茶には三島産の茶葉を使用するこだわりようです。チャイのメニューはこちら。

チャイのメニュー
  • チャイ(冷・温):600円
  • 豆乳のチャイ(温のみ):650円
  • ほうじ茶のチャイ(冷・温):600円
  • ストレートチャイ(冷・温):500円

この他に、自家製のシロップを使ったジンジャーエールやレモネード、コーヒーにスパイスを合わせた「鳥巣珈琲(とりのすこーひー)」など、個性的なものもあります。

フードは軽食と甘味が主なラインナップ。

フードの主なメニュー
  • みかん風味の和風パスタ 680円
  • ホットサンド 450円
  • ベーグルwithクリームチーズソース 580円
  • ブラウニー 500円
  • クリームあんみつ 600円

通常メニュー以外にも予約限定の「菜食ランチ」や、日曜のみですがモーニング(8:00~10:30)もやっていますよ。

スパイシーかつ甘いチャイで癒しの時間を過ごそう

「チャイ」「ブラウニー」のコンビを注文。ブラウニーはハーフサイズでオーダーしています。

チャイとブラウニー

雨降りさんの「チャイ」は、生姜をメインにクローブ、カルダモン、ナツメグなど6種類のスパイスをしっかり効かせたタイプ。

スパイシーな刺激と香りの後に、優しいミルクの甘さがやってきて互いの味を際立たせてくれます。

チャイ
テツ
チャイはオーダー時に甘さの調整もしてくれますが、初めての方はそのままいってみるのがオススメです。

「ブラウニー」は甘さ際立つ濃厚タイプ。「チャイ」の甘さと喧嘩する事なく、むしろ一緒に口に入れたくなる美味しさ。

ブラウニー

名前から気になっていた「みかん風味の和風パスタ」。和風だしを効かせたスープパスタに近いテイスト。

みかん風味の和風パスタ

控えめにいって美味い!和風だしの穏やかな味に柑橘系の爽やかさがベストマッチ。たっぷりのキノコに小松菜のシャキッとした食感も言う事なし。

みかん風味の和風パスタ

合わせるのは「自家製ジンジャーエール」。強めのジンジャー感で飲みごたえも充分、食中にもピッタリです。

自家製ジンジャーエール

スポンサーリンク

「雨降り 喫茶と民藝」のここがおすすめ

「雨降り 喫茶と民藝」のおすすめポイントをおさらいしていきましょう。

  • 隠れ家的で落ち着いた雰囲気
  • 本場の素材を使った本格的なチャイが楽しめる
  • 現地から仕入れた民藝品に出会える

お店の情報

店名 雨降り 喫茶と民藝(amefri chai&craft)
住所 静岡県三島市北田町3-55 2F
TEL 090-7696-7520
営業時間 【水・木】11:00〜21:00
【金・土・日】11:00〜23:00
※日曜日のみモーニング(8:00~10:30)あり
定休日 月曜日、火曜日
座席数 10席ほど
タバコ 完全禁煙
駐車場 なし

まとめ

三島の「雨降り 喫茶と民藝」さんは、スパイスの香りと穏やかな時間の流れを楽しめる空間でした。チャイで一息ついて、心も体も温まりましょう。

▼三島のカフェならこちらもおすすめ。

【イワセコーヒー】ホッと一息つける場所、三島大社目の前の隠れ家カフェ!

2018.09.22

【ディレッタントカフェ】三島・源兵衛川沿いのカフェで究極の癒しランチ!

2016.05.24
プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

tetsu

インスタフォロワー5000人以上!静岡市のカフェ通・tetsuさん。「はらぺこリズム」でカフェ記事を担当してもらっています。その情報網と情報量には感服するばかり。はなげっくすが信頼を寄せるカフェ好きナイスガイに、ぜひ注目してみてください。