静岡土産のおすすめを静岡県民が本気でまとめてみた!(中部多め)

静岡土産を集めてみました

「静岡の名物って何?」という方のために静岡土産についてまとめてみました。もちろん全部購入して、実際に食べておすすめできるものを紹介しています。

静岡土産を厳選して紹介
はなげっくす
この記事を読むと、こんな得があります。やった、ラッキー!
  • 静岡土産について、どんなものがあるのか知ることができる。
  • 静岡県外の方に、静岡の名物を送ることができる。
  • 気になるお土産をお取り寄せすることができる。
  • 静岡観光の際に何を買うのか、大体の目星をつけることができる。

静岡土産をお探しの方、静岡に興味がある方、お土産マニアの方、ぜひ参考にしてみてください。

原材料に保存料や合成着色料などを使用した商品は、お土産にはあまり相応しくないので、選外となっています。

厳選!静岡土産

定番から変わり種まで、静岡土産を紹介していきます(現時点ではほぼ中部)。記事は随時更新していくので、どうぞお楽しみに。

安倍川もち

「安倍川もち」は、静岡市を流れる安倍川のほとりの茶店で、徳川家康が食べたとされる和菓子。「桔梗信玄餅」もこの「安倍川もち」をヒントに作られたそうです。

現在では、安倍川もちの復活に奔走した「やまだいち」や慶応三年創業の老舗「松柏堂」といった会社が、お土産用の安倍川もちを販売しています。

安倍川もち

基本的に、きな粉餅とあんこ餅の2種類が入っています。左の「やまだいち」はきな粉の小袋付き。右の「松柏堂」は楊枝が太め。

安倍川もち

追いきな粉ができる分、やまだいちのほうがきな粉の風味が強いです。かたや「松柏堂」は、あんこ餅がより柔らかめな印象。好みは分かれるかもしれませんが、どちらも甘さ控えめで良いです。

「安倍川もち」の特徴
  • 国産原料にこだわっており、添加物は不使用。
  • 食べきりサイズでありながら、2種類のお餅が入っている。
  • 素朴な味わいで、老若男女問わずでも楽しめる。
  • 生菓子なので、賞味期限は短め。

清水のお茶

JAしみずオリジナルの「清水のお茶」は、地元・清水産の茶葉を使用した缶ボトルタイプのお茶。清水のブランド茶「まちこ」に抹茶を加えた「濃旨」もおすすめ。

すっきりした味わいで抜群の飲みやすさの「清水のお茶」。一方の「濃旨」は、より風味は豊かになっているものの、苦くはないので思いの外飲みやすいです。

「清水のお茶」の特徴
  • 地元・清水産の茶葉を使用した清水ならではのドリンク。
  • よりすっきりしたものがお好みなら「清水のお茶」がおすすめ。
  • より風味が豊かなものがお好みなら「清水のお茶 濃旨」がおすすめ。

黒はんぺん

静岡県でかなりメジャーなグルメといえば「黒はんぺん」。もちろんお土産もありますよ。静岡では、はんぺんといえばこれなので、白はんぺんを初めて見た時、誰もがびっくりするのは静岡あるある。

黒はんぺん

注意しないといけないのは、保存料を使っているメーカーもあるということ。由比の老舗「さすぼし蒲鉾」の「黒はんぺん」なら問題なし。

黒はんぺん

黒はんぺんは開封してすぐ食べれますし、おでんやフライにしても美味しいです。個人的には、生姜醤油で軽く焼くのが好きですね。

黒はんぺん生姜醤油焼き
「黒はんぺん」の特徴
  • 静岡らしさがあるので静岡土産としては最適。
  • 魚のすり身から作られているので栄養価が高い。
  • さまざまな調理法で食べることができる。

うなぎパイ

圧倒的なシェアを誇る説明不要のキングオブ静岡土産、春華堂の「うなぎパイ」。定番中の定番ですが、もらうと結構嬉しいんですよね。

うなぎパイ

パイのカリッサクッとした食感。粗めのグラニュー糖とバターの風味は、やっぱり安心する味。うなぎエキスで元気になれる(なった気がする)お菓子です。

うなぎパイ
「うなぎパイ」の特徴
  • 静岡土産の王道。定番だけど絶対的な安心感あり。
  • パイの食感とやさしい甘みがGood。
  • 本当にうなぎエキスが入っている。

こっこ

静岡市の定番土産といったら、やっぱり「こっこ」。クリームの入った蒸しケーキで、静岡市内の土産物屋に必ずある商品。

こっこ

季節限定の「いちごこっこ(11〜4月)」や「夏バナナこっこ(5~8月)」、バレンタインの時期限定「義理ちょこっこ」など、その季節にしか出会えない味もあるんです。

  • こっこ
  • 抹茶こっこ
  • いちごこっこ
  • 夏バナナこっこ
  • チェコバナナこっこ
  • 義理ちょこっこ
  • こっこゴールド

2個入り・6個入り・8個入り・16個入りなどタイプは様々。このように、1個ずつ包装されています。

こっこ こっこ

そのまま食べても充分美味しいのですが、30秒ほどレンジでチンすると、中のクリームがとろとろになって、5倍くらい美味しくなります。これ本当なので、ぜひやってみてください!

こっこは温めると美味しい
「こっこ」の特徴
  • まるで卵のようなクリーム入りの蒸しケーキ。
  • ノーマルタイプのほか、いちご・夏バナナなど期間限定の味もあり。
  • 温めると通常の5倍くらい美味しくなる。

清水もつカレー

もつカレさまです!静岡市清水区を代表するB級グルメ・もつカレー。はごろもフーズから発売されている「清水もつカレー」は、手軽に食べられる缶詰タイプ。ノーマルとおそば屋さん風の2種類があります。

清水もつカレー

お皿に移して温めると、カレーのいい香りがしてきます。

清水もつカレー

どちらも完全にビールに合うやつ。個人的にはノーマルが好きです。おそば屋さん風はちょっとピリッとした辛さあり。プニプニしたもつっぽさはないので、苦手な人でも食べられると思います。

清水もつカレー 清水もつカレー おそば屋さん風
「清水もつカレー」の特徴
  • 手軽に食べられる缶詰タイプで2種類から選べる。
  • カレーの味は好みが分かれそう。個人的にはノーマルがおすすめ。
  • いい意味でもつっぽさがないので、苦手な人でも大丈夫。
こちらの商品は、もつカレーの元祖「金の字 本店」とは一切関係がありません。清水もつカレー総研監修の商品です。

わさび漬

静岡の定番土産のひとつである「わさび漬」は、日本酒が好きな方へのお土産に喜ばれそう。元祖は田尻屋さんですが、一般的なのは土産物屋でよく見かける田丸屋さん。

わさび漬

原材料はシンプル。保存料・甘味料・合成着色料など余計なものは使用されておりません。

自園で育てた静岡産のわさびを使用。シャープなわさびの辛みと酒粕のまろみを味わいましょう。

わさび漬

日本酒のお供にそのまま食べてもいいですし、かまぼこや黒はんぺんにつけても美味しいですよ。

わさび漬
「わさび漬」の特徴
  • 静岡の定番土産として、日本酒好きの人に喜ばれる。
  • わさびの辛みと酒粕のまろみを味わえる。
  • 黒はんぺんなどの練り物との相性が良い。

CHIYOの和(バウムクーヘン)

「静岡っぽいけど、定番じゃないちょっとしゃれたお土産ない?」という方には、おやいづ製茶が展開する「雅正庵」の「CHIYOの和」はいかがでしょうか?

CHIYOの和

静岡県産一番茶100%「静岡抹茶」と足久保地区にある清水養鶏場の「美黄卵」を使用した静岡茶のバームクーヘンは、強い抹茶の味わいが口に広がりますよ。

CHIYOの和

まわりのフォンダンが結構甘いので、たくさん食べるとくどくなりますが、静岡土産としてはふさわしいスイーツだと思います。

CHIYOの和
「CHIYOの和」の特徴
  • 原材料に静岡産のお茶と卵をたっぷり使用している。
  • 鮮やかな緑色できれい。もちろん着色料は不使用。
  • 温めるとちょっとふわっとしっとりで美味しさが増す。

静岡麦酒

静岡生まれの「静岡麦酒(しずおかばくしゅ)」は、バランスのとれた非常に飲みやすいビールです。

静岡麦酒

以前は、静岡の飲食店でしか飲むことができませんでした。缶が発売され、近年では通販で購入することが可能です。これまで、静岡でしか飲めないという特別感があったので、ちょっと複雑な思いですが、ぜひ味わっていただきたい!

「静岡麦酒」の特徴
  • 企画・開発・製造・人など、全て静岡にこだわっている。
  • 苦味が少なく、飲みやすい。バランスのとれたビール。
  • 以前は通販で購入できなかったが、現在は購入可能。

まとめ

静岡土産について、おすすめできる商品をまとめてみました。特産であるお茶やわさびを使用した商品は多いですが、他にもいろいろあるので、今後も随時更新していきたいと思っています。

はなげっくす
静岡土産を通じて、少しでも静岡を感じてもらえたら嬉しい!
ぺこ
あの人に静岡土産を送りつけてやりましょう!
プッシュ通知を

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

はなげっくす

静岡のグルメ情報を中心に、静岡の観光やイベント情報も発信。グルメ系の商品レビューやオピニオンなど、いろいろ書いています。ぐるなびの「みんなのごはん」、アルバイトタイムス「DOMO+」ライター。地元のSBSラジオに出演経験あり。ビールと温泉が好き。