【たったの100円】noteで有料マガジンを始めました

note3

鼻毛で世界を変える

「鼻毛によって世界を平和にしたい」そんな思いで始めたブログも8ヶ月が経過しました。少しずつ世界は光を取り戻しつつあります。しかし、まだまだ闇の中。わたしの活動は続きます。

当ブログ『鼻毛イズム』の読者をわたしは鼻毛ピープル(通称・鼻ピー)と呼んでいますが、鼻ピーのみなさんの鼻毛愛によって支えられています。本当にありがとうございます。

今回は、新しい活動のご案内です。

noteを始めました

この度、わたしはnoteにて有料マガジン『鼻毛的しあわせ生活』を始めることにしました。

価格については3日寝ないで考えましたが、買い切り100円に決めました。通常100,000円のところ、今なら100円です。信じられます?すっごくお得ですね。ブログでは書けないようなクソみたいな記事を書いて、100円をむしり取るという魂胆です。

今回は、鼻ピーのみなさんには特別に有料記事をひとつ公開しますね。

オナラ問題に一石を投じる

わたしだ。はなげっくすだ。

誰もいない岩盤浴でオナラをして気づいたことがある。オナラで世界を変えられないか、と。今日は近くにいる人がオナラをした時の反応について考えてみたいと思う。

近くにいる人がオナラをしたら、その臭いによってあなたは嫌な顔をするだろう。ふざけるなと思うかもしれない。殴りたいと思うかもしれない。それだ。それが、未だ世界が平和にならない理由だ。

ここであなたが発するべき言葉は「ふざけるな」ではない。「ありがとう」だ。「オナラをしてくれてありがとう」それを今日から言ってほしい。実践してほしい。

さあ一緒に。

「オナラをしてくれてありがとう」

もう一度。

「オナラをしてくれてありがとう」

よし、いいぞその調子。

それを言われた相手は戸惑うかもしれない。しかし、すぐに「ありがとう」という言葉に「ありがとう」と思うだろう。

「ありがとう」は「ありがとう」を生む。「ありがとう」の花が咲き、「ありがとう」の光が差し込む。「ありがとう」という名の列車は走り、「ありがとう」という名の果実がなる。

「ありがとう」は世界を変える。つまりは、オナラが世界を変えるのだ。

これがオナラによって生まれる「ありがとう」の連鎖。これをオナラチェインと呼ぶ。覚えるな、試験には出ない。

オナラをしてくれてありがとう。わたしは今日も幸せです。

はなげっくす

これを見てピンときた変態のみなさんは、ぜひ登録してみてください。

講読料の用途

みなさんからいただいた講読料については、正しい用途で、ありがたく使わせていただきます。

  • 鼻毛のケア用品の購入。
  • 鼻毛フェス開催に向けての貯金。
  • 小腹がすいた時に食べるうまい棒の購入。
  • カラカラの喉を潤す為のウーロン茶の購入。

まとめ

これからも楽しく活動していきたいと思いますので、noteのご購入ぜひお願いします。

絶対に登録しないで。
note3

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。