WordPressで特定記事の広告を非表示にしたい

display-widgets

WordPressで広告を非表示にしたい

WordPressやはてなブログなどでブログを運営しているみなさんは、Google AdSenseなどの広告によって収益を得ていると思います。しかし、Google AdSenseでは、規約で認められていないコンテンツがいくつかあります。

  • ・アダルト関連
  • ・ビールなどのお酒の紹介
  • ・著作権侵害(違法アップロードされた動画など)
  • ・オンラインカジノなどのギャンブル関連
  • ・違法薬物
  • ・たばこ

とにかく、道徳的にNGなものはダメです。しかし、ビールやたばこがダメなのは意外ですよね。知らなかった!わたしも「ビール」「肛門」「おっぱい」「パンチラ」などきわどいコンテンツがあるので気をつけます(笑)

広告の配信が停止されないためにも、こういった記事がある場合は注意してください。

もし、若干危うい内容の記事を書いている場合は、Google AdSenseの管理画面の「広告の許可とブロック」で、該当のURLを登録すれば非表示にできます。

display-widgets3

しかし、これだと、該当ページの広告の部分が空白になるだけで、不自然なホワイトスペースができてしまいます。そんな時はプラグインを使いましょう。

WordPressで広告を非表示にできるプラグイン

「Display Widgets」というプラグインを使うとてっとり早いです。早速インストールしてみましょう。

Display Widgetsのインストール方法

1.WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加の画面で、検索フォームに「Display Widgets」と入力、Enterキー(returnキー)で検索します。

display-widgets1

2.「今すぐインストール」をクリックしましょう。

display-widgets2

3.インストール完了後、「有効化」をクリックすることで、適用されます。

Display Widgetsの使い方

続いて、Display Widgetsの使い方を見ていきましょう。WordPressの管理画面 > 外観 > ウィジェットで、Googl AdSenseの広告コードが入っているウィジェットを開くと、こういった画面が表示されます。

display-widgets4

ここに記事IDを記入することで(カンマ区切りで複数入力可)、該当記事だけ広告を非表示にすることができます。

記事IDは、記事のタイトルにカーソルをのせると調べることができます。

display-widgets5

まとめ

WordPressの特定記事で、Google AdSenseなどの広告を非表示にするやり方は、今回のプラグインを使う方法以外にもありますが、そのうちの一つとして利用してみると良いと思います。

display-widgets

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。