【コールドストーン】海老名サービスエリア限定メニュー・リッチミルクの濃厚さに震えろ

rich-milk1

コールドストーンのリッチミルクとは?

コールドストーンといえば、アメリカ発のアイスクリームブランド。日本には2005年に初上陸しました。

オーダーを受けてから、アイスクリーム・ナッツ・フルーツなどをキンキンに冷えた石の上で、歌いながらかき混ぜる狂気のパフォーマンスが有名ですね。

rich-milk2

そんなコールドストーンにソフトクリームがあるのをご存知ですか?実は、海老名サービスエリア限定メニューの「リッチミルク」というソフトクリームがあるんです。

コールドストーンファンはもちろん、ソフトクリーム好きにも見逃せません!明日、朝一で海老名サービスエリアまで車を走らせましょう。

リッチミルクの詳細

コールドストーンのリッチミルクというソフトクリームは、海老名サービスエリア(下り)にある店舗で限定販売されています。リッチミルクは、ワッフルコーンの違いで全4種類あります。

スタンダードなプレーン(520円)、ちょっと贅沢なチョコアーモンド(550円)、カラフルで着色料がヤバめなレインボー(550円)、プリティーなラズベリーホワイト(550円)の4種類。

rich-milk6

着色料が気になる私は、プレーンかチョコアーモンドの二択だったので、チョコアーモンドを選択しました。

写真のソフトクリームにピントが合ってないのは、こいつに出逢えた感動で慌ててしまったからです。

rich-milk3

見よ、この純白のソフトクリームを!「スイートクリーム」という生クリームをたっぷり使用しているようです。

rich-milk4

食べてみると、驚くほどねっとり濃厚。唇に吸い付くようなねっとり具合。チョコレートとアーモンドが相まって、味と食感の変化を生み出します。不思議な感覚だけど、とても美味しいです。

朝から食べれます

このコールドストーンのリッチミルクは、朝8時から食べれます。朝からどうしてもリッチミルクが食べたくて、気が狂いそうでも大丈夫ですね。夜は20時までやってますので、朝から夜まで楽しめます。

rich-milk5

まとめ

コールドストーンのリッチミルクは、海老名サービスエリア限定のソフトクリームですが、旅行の際の休憩で、ぜひ立ち寄ってほしいです。

濃厚なわりにペロリといけちゃうリッチミルク。カップもありますが、やはり変化を楽しんでほしいので、ワッフルコーンのチョコアーモンドがおすすめです。

海老名サービスエリアまで行けない方は、アイスキャンディで我慢してください。

rich-milk1

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。