激アツロックバンド・WANIMAを見逃すな!

wanima

話題のロックバンド・WANIMAとは?

WANIMAは、2010年結成の熊本県出身の3ピースロックバンド。PIZZA OF DEATH RECORDS所属。名前の由来は、メンバー3人の頭文字。KAT-TUNみたいな感じね?「WA」だけは前任のドラマーの頭文字で、現ドラマーの藤原の「WA」ということでこじつけている(笑)

昨年は、ROCK IN JAPAN FESTIVAL、SUMMER SONIC、SATANIC CARNIVAL、京都大作戦など、各主要フェスに参戦するなど、2015年のロックシーンで最も勢いのあったバンドと言われている。そしてその勢いはよりいっそう増すばかり。最も目が離せないバンドのひとつだ。

WANIMAの魅力とは?

3人とも外見はもじゃもじゃしているのだが、青春や家族のことを情熱的に歌うアツさには心が揺さぶられる。ただアツいだけではなく、時にはちょっと(だいぶ?)エロかったりと、そのほどよい軽さが魅力なのだろう。

まずは「1106」。このタイトルは、ボーカル&ベース・松本健太のおじいさんの命日。この曲を聴いた時、「なんてストレートであったかい歌なんだろう」と感じた。外見はチャラくても心はチャラくないのだ。

続いてヘビロテ間違いなしの「THANX」は友との別れを歌った名曲。別れをこんなにアツく前向きに歌えるバンドが他にいるだろうか。何度も繰り返し登場する「離れるのは距離だけと」のフレーズは、本人たちも大切にしてる言葉だ。

アツい曲とは一転。こんなノリの曲も歌う。しかしこんなノリあってこそのWANIMAなのだろう。ライブで盛り上がること間違いなしだ。

名曲をカバー

皆さんも小学校でよく歌っただろう。カーセンサーCMソングとして、財津和夫さんの名曲「切手のないおくりもの」をカバーしている。往年の名曲を勢いのあるバンドが違った表現で発信するのはとても素晴らしいことだ。

まとめ

今年も数々のライブへの出演が決定しているWANIMA。やはりその魅力はライブで知ることができるだろう。私も6月開催のSATANIC CARNIVAL’16にて、この目と耳でWANIMAを体感したいと思う。今年ますます目が離せないWANIMA。ワンチャンどころか、フルチャンあるでこれ。

WANIMA公式サイトはこちら

wanima

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。