今年のサタニックカーニバルのバンドが激ヤバな件

satanic-carnival16

SATANIC CARNIVAL’16開催!

2016年6月4日(土)に、幕張メッセ国際展示場で開催される「サタニックカーニバル」は、PIZZA OF DEATH RECORDS主催の音楽フェスです。今回わたしはこちらのフェスに初参戦なのですが、同じように初参戦の方、あまりバンドに詳しくない方の為に、バンドの紹介記事を簡単に書いていきます。

発表された参加バンドです。bacho、04 Limited Sazabys、10-FEET、AA=、ATATA、Crossfaith、CRYSTAL LAKE、Dizzy Sunfist、dustbox、G-FREAK FACTORY、HEY-SMITH、Ken Yokoyama、MAN WITH MISSION、MONOEYES、NAMBA69、SHANK、SiM、The BONEZ、TOTALFAT、WANIMA、ジャパハリネットの21バンド。うほー、すげー!

とりあえず、メンツが最強すぎるので、パンク、ラウドロック、ハードコアファンはぜひ参戦してみてください。ではライブに向けて予習していきましょう!

bacho

オープンニングアクトは、bacho。男くさい人間味のある歌が多いですね。熱いライブパフォーマンスには定評があるようです。

04 Limited Sazabys

バンド名の 04 Limited Sazabys(フォーリミテッドサザビーズ) は、ガンダムに登場するサザビーに由来しています。

ボーカル・GENの声は、好き嫌いがはっきり分かれそうですが、歌詞もメロディーもキャッチーなので、比較的聴きやすいですね。

10-FEET

ベテランの貫禄、10-FEETですね。野外ロックフェス・京都大作戦の企画者としても有名です。結成以来、ずっと同じメンバーでやっているのはすごいですね。「RIVER」好きでした。

AA=

AA=は、エーエーイコールと読みます。THE MAD CAPSULE MARKETSの上田剛士のソロプロジェクトです。楽曲がモード学園のCMソングに採用されて話題となりました。結構いろんな人とコラボしていますね。

ATATA

元BANDWAGONや元HOLSTEINなどのバンドメンバーで構成されたATATA(アタタ)。『Song Of Joy』や『Star Soldier』を聴いた感じでは、叙情的な歌詞やメロディーの中に、熱いものを感じました。

Crossfaith

Crossfaith(クロスフェイス)は、大阪の5人組メタルコアバンドですね。デスヴォイスが印象的ですが、ライブ感のあるメロディーは結構のれそうな感じ。『Devil’s Party』とか結構好きです。

CRYSTAL LAKE

CRYSTAL LAKE(クリスタル・レイク)は、東京を拠点に活動しているメロコアバンドです。こういう系統はあまり聴かないんですけど、ライブ盛り上がるだろうなぁ。

Dizzy Sunfist

女性ボーカルのスリーピースロックバンド・Dizzy Sunfist(ディジーサンフィスト)ですね。キャッチーで聴きやすくていいですね。歌えて楽器弾ける女子いいなぁ。

dustbox

今年で結成20周年、SUGAの突き抜けるハイトーンボイスが気持ちよいdustboxですね。2015年にドラムREIJIの脱退により、heのYU-KIが加入しました。

dustboxは昔から大好きなバンドなのですが、やはりライブが楽しいです。毎回ライブで見せてくれるSUGAさんの何言っているかわからない叫びがツボ(笑)

G-FREAK FACTORY

G-FREAK FACTORY(ジー・フリーク・ファクトリー)って、ようやく最近ちゃんと聴いたんですけど、すごく懐かしさと温もりのあるバンドですね。『いつの日か』とか良すぎて泣きそうです(泣いていない)。

HEY-SMITH

HEY-SMITH(ヘイスミス)は、サックス、トランペット、トロンボーンなどのホーンセクションが印象的なメロディックパンクバンドです。ライブへの出演回数はハンパないですね。

Ken Yokoyama

伝説的なパンクロックバンド・Hi-STANDARDのギター&ボーカル、BBQ CHICKENSのギター、PIZZA OF DEATH RECORDSのボスとして、いまだにパンクロック界を牽引するKen Yokoyamaです。

二児の父ですが、こんなかっこいいオヤジがいたら良いだろうなぁ。

MAN WITH A MISSION

おなじみのオオカミ頭の5人組ロックバンド・MAN WITH A MISSON(マン ウィズ ア ミッション)です。

彼らの音楽性ってすごい多彩じゃないですか?相当器用というかなんというか。いろいろできるけど、どの曲もキャッチーで聴きやすいですよね。

MONOEYES

MONOEYESは、2015年に結成された、ELLEGARDEN(活動休止中)、the HIATUSの細美武士がボーカルを務めるロックバンドです。

メンバーがこれまた豪華。ギターは、ART-SCHOOLの戸高賢史。ベースは、アリスターのスコット・マーフィー。ドラムスは、ASPARAGUS、the HIATUSの一瀬正和。

細美さんとスコットの全開の笑顔が最高に好きです。

NAMBA69

Hi-STANDARDのボーカル・ベース・難波章浩が率いるNAMBA69(ナンバシックスティーナイン)。音楽性の変化には賛否両論ありますが、健さんも出演しますし、ハイスタファンにはたまらないフェスになりそうですね。

SHANK

SHANKは、長崎県出身の3ピースのメロディック・パンクバンドです。「RESTART」を聴いた時は「すげぇバンドきた」と思いましたね。デビュー以来、精力的に活動していますね。年齢的にまだまだ若いので、今後も期待しています。

SiM

SiM(シム)は、メタルやパンクといったジャンルなんでしょうけど、『Life is Beautiful』みたいな曲もできますし、表情豊かでおもしろいバンドですね。

The BONEZ

RIZEのJESSEがソロプロジェクトで始め、のちにバンド形態となったThe BONEZ。文句なくかっこいい。

TOTALFAT

PUNKSPRING2016で、日本人として初めてヘッドライナーを務めて話題となったTOTALFAT(トータルファット)。

TOTALFATは、ほんとキャッチーなメロディーなので、すごい聴きやすくておすすめです。『宴の合図』とかクソキャッチーじゃないですか?めちゃ踊れる。

WANIMA

PIZZA OF DEATH RECORDS所属の期待の星・WANIMA(ワニマ)ですね。

いやー、勢いのあるWANIMAが観れるのは嬉しいです。 メッセージ性の強い熱い曲もあれば、エロい曲もあって、おもしろいバンドですね。

ジャパハリネット

2007年に解散したものの、2015年に再結成したジャパハリネット。「青春」という言葉が日本一似合うロックバンドですね。

『物憂げ世情』を聴いたらたぶん号泣します(笑)

まとめ

ほら「SATANIC CARNIVAL’16」に出演するバンドが魅力的すぎて、すごく行きたくなったでしょう?まだチケットの一般販売はしていると思いますので、ぜひ参戦してみてください。現地で会いましょう!!

追記

チケット紛失して(おそらく誤って捨ててしまった)、行けませんでした(笑)来年こそ…。

「SATANIC CARNIVAL’16」公式サイトはこちら。

[ss url=”http://carnival.satanic.jp/2016/” width=”200″ class=”alignleft” title=”SATANIC CARNIVAL’16” caption=”SATANIC CARNIVAL’16 presented by PIZZA OF DEATH RECORDS / 2015.6.4 (sat) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール 開催!!” hatebu=1 tweets=1 likes=1 rel=”nofollow” alt=”SATANIC CARNIVAL’16”]
satanic-carnival16

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。