大注目のうなぎいもは久保ひとみさんも大好きな浜松名物だ!

うなぎいもってなに?

みなさん、浜松名物のうなぎいもを知っていますか?うなぎいぬではありません。

何とも変わった名前ですが、うなぎいもは、うなぎの加工の際に出る頭や骨を肥料に使って育てたさつまいものこと。

浜松といえば、うなぎ養殖発祥の地。また、消費量も日本一ということで、「浜松=うなぎ」の知名度を活かしたこのうなぎいもが、今注目を浴びているのです。

うなぎいものここがいい!

うなぎいものいいところをまとめてみました。

うなぎいもの特徴

うなぎいもの特徴は、甘くてねっとり。糖度の高いもので40度を超えると言われています。その舌触りから、ハマる人が続出。

自然の甘みを活かしたスイーツも数多く販売されています。

うなもがかわいい

久保ちゃんと共に、うなぎいもの普及活動に一役買っているのが、公式キャラクターのうなも。家康くんよりかわいい気がします。

頭がさつまいもで、体がうなぎの愛らしいフォルム。頭が相当でかいようですね(笑)

「なも〜」「優しいだけの男じゃつまらない」が口癖だとか。どんなキャラなの?(笑)

久保ひとみさんがうなぎいも大使

あの静岡を代表する人気タレント・久保ひとみさんも、うなぎいもに魅了された一人。うなぎいも協同組合より、うなぎいも大使に任命されています。なんだか、うなもに似てますね(笑)

出典:はまぞうニュース

久保ちゃんのうなぎいも愛で、浜松から全国へ広まっていくといいですね。

商品が豊富

うなぎいもは、スイーツを中心にたくさん商品化されています。

プリン、シュークリーム、ロールケーキ、タルト、ドーナツ、クッキー、生クリーム大福、サブレ、ラスク、切干しいも、どら焼き、せんべい、ラングドシャ、焼きチップス、あんころ、パイ、かりんとうなど、驚くほどの種類があるんですね。

カフェがある

うなぎいも王国カフェでは、自慢のスイーツを楽しむことができます。

出典:うなぎいも協同組合公式ブログ

どれにしようか迷った時は、うなぎいもアイス・うなぎいものスイートポテト・うなぎいもの大学芋を味わえる「スイーツ3種盛合わせ」を。組み合わせは日によって変わる場合があるそうです。

うなぎいもプリン 250円
うなぎいもアイス 350円
大学芋 380円
いもQ(揚げ団子) 350円
いも団子(10個) 300円
スイートポテトタルト 350円
スイートポテトパイ 380円
スイーツ3種盛合わせ 600円

各種スイーツに+150円でコーヒー or ソフトドリンクが付けられます。良心的な価格設定は嬉しい限り。

毎週金・土・月曜日は、恒例となっている「うなぎいも詰め放題」が行われます。なんと400円!これはやるっきゃないですな。

店名 うなぎいも王国カフェ
住所 静岡県浜松市南区卸本町50
TEL 053-443-8352
営業時間 10:00~18:00
定休日 日曜日
座席数 28席
タバコ 完全禁煙
駐車場 あり(お店の前に3台、卸商センターアルラ前駐車場)

まとめ

久保ひとみさんも大好きなうなぎいも。うなぎいも王国カフェを訪れて、その味を確かめてみてください。

プッシュ通知を

関連記事

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。