運動不足解消とダイエット目的で縄跳びをはじめました

nawatobi1

縄跳びをはじめました

運動不足と体重増加のため、何か運動をやらなきゃと思ってから、数ヶ月が経過。何か気軽にできる運動はないかと考えたところ、縄跳びが思い浮かびました。

これだ!きっと縄跳びこそわたしが求めていた理想のダイエット法に違いない(根拠なし)。ってことで、今日から縄跳びダイエットをスタートしました。

縄跳びのメリット

縄跳びは、ウォーキングやジョギングと同じ有酸素運動です。家の外に出ればすぐに始められますし、それほどスペースも必要ありません。この手軽さこそ縄跳び最大のメリットですよね。

時間あたりの消費カロリーが高いというのも良いですね。それほど時間をとれなくても効果は期待できそうです。

お金がほとんどかからないのも魅力的です。跳び縄、ウェア、スポーツシューズがあればできます。跳び縄は持ってなくても、ウェアやスポーツシューズをすでに持っている方は多いですよね。最悪ダサい部屋着でもイケますから安心してください。

縄跳びのポイント

最初は無理せず跳ぶことにします。50回やって5分休憩を4セットくらい。慣れてきたら20分以上跳び続けます。20分以上経過しないと脂肪燃焼は始まらないので、20分以上続けたいですね。

二重跳びは、足腰に負担がかかるのでやりません。後ろ二重跳びとかはやぶさなどのトリッキーな技もやめておきます。っていうかできません。

縄跳びに慣れてきたら筋トレもやろうと思います。筋トレ後は代謝が高まるので、筋トレ→縄跳びの順番でやるのが効果的です。

武田真冶さんと縄跳び

素晴らしい肉体美が話題の武田真冶さん。武田さんは顎関節症になった時、ジムに通えるようになるまで、ずっと縄跳びをして身体を慣らしていたそうです。

運動になれていない方が、急にランニングをしたりジムに通うと、身体を痛める危険性がありますが、それに比べて、縄跳びは身体への負担は比較的少ないと武田さんもおっしゃっています。

[ss url=”http://www.gentosha.jp/articles/-/2422″ width=”200″ class=”alignleft” title=”幻冬舎plus 人生のチャンスは準備ができている心と体にやってくる!” caption=”武田真治さんの美しい肉体がいかに作り上げられたか――? 実は、この肉体、コスト0円のきわめてシンプルな方法によるものなのです。武田さんの新刊『優雅な肉体が最高の復讐である。』の刊行を記念して、本書から一部抜粋してお届けいたします。” hatebu=1 tweets=1 likes=1 rel=”nofollow” alt=”人生のチャンスは準備ができている心と体にやってくる!”]

瞬足なわとびをやってみた

わたしが買ったのは「瞬足なわとび」です。あの小学生に大人気のシューズ「瞬足」シリーズですね。こちらの「瞬足なわとび」は、アキレス株式会社のライセンスのもとに作られた商品です。

「瞬足なわとび」は、跳びやすい太さと硬さの全長2m70cmのロープで、長さの調整も簡単ですし、滑りにくいグリップになっています。日本製ですよ。

実際にやってみましたが、30回で息切れがすごいです。ふくらはぎのつっぱり具合もやばいですね。じじいなの?(笑)じじいは無理せずにやったほうがいいなと思いました。

まとめ

ジムに通う時間やお金がもったいない方、運動に慣れていない方に、手軽で安全な縄跳びはおすすめです。効果のほどは今後続けてみて報告していきます。お楽しみに。

家の外にスペースがないけど、どうしても縄跳びがやりたいという縄跳びにとりつかれた人たちは、家の中でエア縄跳びでもしてください。

nawatobi1

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。