女医と肛門様

koumon

体調に関して気になるところ

会社に属している方は、定期的に健康診断を受けていると思いますが、これはわたしが会社の健康診断に行った時のどうでもいい話です。

事前に渡される問診表に記入をする必要があるのですが、よくある質問としては、「今までにご病気や手術をしたことがあるか」「現在、服用している薬があるか」「タバコはどれぐらい吸うか」「アルコールはどれぐらい飲むか」ですかね。

その中に「現在、体調に関して気になるところはあるか」みたいな質問があったので、わたしはこう書きました。

肛門痒い

ってね。

肛門というデリケートな部位のため、最初は恥ずかしかったのですが、もしかしたら重病で明日死ぬかもしれないし、正直に書いたほうがいいなと思ったわけです。

健康診断当日

とある医療施設にて健康診断当日。着替えてすぐに問診があるのです。「問診で肛門のこと聞かれるな」と思いながら待合室で待っていると、わたしが呼ばれました。

部屋に入ると、なんとそこにはキレイな女医さんがいたのです。

てっきりオッサンだと思っていたので、「あー、女性に肛門が痒いことについて聞かせるとか最低の人間だ。人間のクズだ。」と、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

それと同時に、女医に肛門のことを聞かれるというセンセーショナルな状況に、ある種の興奮を覚えたのです。

今から肛門のことを聞かれて、肛門はいつ診てもらうのだろうか。この狭い部屋では無理だ。ここでは問診だけだ。あとで診察室でじっくり肛門を診るのか?それとも後日?肛門に指を突っ込むのだろうか?いろいろな考えが脳内を巡りました。

先生は、問診表の上から順に確認していきます。慌てるな、肛門は一番下の欄だ。ひとつひとつ答えていき、次はおそらく最後の「現在、体調に関して気になるところはあるか」の欄だろうというところまできて、先生はこう言いました。

「以上です。ではこのあと順番に検査を受けてくださいね。」

odoroki

まさかの肛門スルー。

女医が肛門を華麗にスルー。

先生は、わたしの「肛門」という名のセンタリングを、ゴール前で華麗にスルーしたのです。ゴールはすぐ目の前だったにも関わらず。なぜだ!?

先生、わたしの肛門のことは?ねえ、明日死んだらどうするの?肛門のこと聞いてよ。先生、先生!わたしは心の中で懇願しました。

先生はわたしのことを、女性に肛門のことを聞かせる変態だと思ったのでしょうか。違うんだ、そうじゃないんだ。心の底から肛門が心配なんだ。先生、信じてほしい!

わたしはその場を立ち去り、順番に検査を受けました。「きっと途中で聞かれるんだ」という僅かな望みも虚しく、肛門の「こ」の字も出ずに、健康診断は終了。

わたしにとって肛門って一体なんだったのでしょうか。肛門に振り回されたこの数時間を返して。

まとめ

帰りに薬局で、小林製薬の「オシリア」を買いました。小林製薬の安定のネーミングセンス(笑)ばっちり効きましたよ。

※皆さんは、少しでも肛門が痒いと感じたら、ちゃんと病院に行ってくださいね。

わたしはこの日以来、「女医」と「肛門」というワードに敏感になりました。いつかは女医に肛門を診てもらいたい。そう思いながら、地平線に落ちていく真っ赤な夕日を見つめていたのでした。

koumon

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。