行動すれば世界が変わる、世界が変われば自分が変わる

behavior

自分が変われば世界が変わる?

「自分が変われば世界が変わる」という言葉があります。一見もっともなことを言っているように思うのですが、人間ってそう簡単に変われますか?本当の意味で自分が変われるのって、もっともっと先の話ではないのでしょうか。

個人的には、「自分が変われば世界が変わる」ではなく「世界が変われば自分が変わる」でないかと思います。成果が出て周りの状況が変わってこそ、自分に自信を持つことができると思うからです。

世界の変え方

では「世界を変える」にはどうしたらいいのか。行動です。それは行動しかありません。興味を持ったことにとことん情熱を注ぐ。それによって、自分の周りの環境はどんどん変わっていきます。

ただ、ちょっと行動しただけでは、まだまだ自分は変わっていないです。現にわたしもいろいろなことに興味を持って、いろいろと行動はしてきました。しかし、行動しても続かずに止めてしまった過去の経験を思い返すと、本当の意味で自分が変わったという実感はありません。

歩みを止めれば、自分を変えるチャンスを逃します。行動に移したら、それを継続することです。そうすれば、次第に世界が変わります。継続して行動した先には、新しい自分が待っているでしょう。

行動することのメリット

基本的に何かをやるのは良いことです。悪いことなんてひとつもありません。何かをやるということは、自分を変えたいという気持ちの表れです。そして行動が自分を変えるきっかけになります。まずはそこからです。

「やったことがないこと=できないこと」と思いがち

「おれなんかにはできない」というセリフをよく聞きますが、それ、できないのではなくて、ただやったことがないだけじゃないですか?頭で考えていても何も変わりません。もっと単純に、好きなことをとことんやればいいのです。

継続して行動した先に

「行動」→「世界を変える」→「自分が変わる」を繰り返すことで、次第に影響力を持つようになります。その分野に精通してくるからですね。どんな分野でもスペシャリストに人は集まりますよね。継続して行動した先には、影響力を持つスペシャリストの自分が待っているのではないでしょうか。

まとめ

行動して世界を変える力は誰もが持っています。成果が出て周りの状況が変われば、自分に自信を持つことができます。人生は、小さな成功の繰り返しです。小さな成功を繋いで、大きな成功に変えていくのです。

あなたにもきっとできます。何はともあれ、今日から行動してみませんか?

behavior

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。