バカ正直で散々損をしているけれど、ズルくなるくらいならバカ正直なままでいい

baka-honesty

バカ正直まっしぐら

わたしはよくバカ正直だと他人から言われます。そんな性格のせいで、損をすることもしばしば。どうしてこうなったのかと思うこともあるけれど、やっぱりズルくは生きれませんでした。

そもそもバカ正直って、正確にはどういう意味だろう。

正直すぎて機転や融通の利かないさま、臨機応変でないさまを表わす。

なるほど。基本的には、生きるのが下手そうだから、マイナスイメージかな?世の中、ズルいほうがうまくいくことは多いです。でもズルくなるくらいなら、バカ正直のままでいいです。

世の中のバカ正直な人たちにとって、何か気づきがある記事になればいいなと思います。

バカ正直のメリット・デメリット

バカ正直のメリットとデメリットを簡単にまとめてみましょう。

バカ正直のメリット

メリットは、気持ちがバカみたいにオープンなので、人に信用してもらいやすいってことですかね。単純でわかりやすいので、抵抗感なく付き合ってもらえるのではないでしょうか。

バカ正直のデメリット

デメリットは、人が離れるということですね。余計なことを言って嫌われてしまう。信用を失ってしまうことがあると思います。でもズルいほうが、より人は離れるし、より信用も失いますよ。

バカ正直でいたい理由

わたしがバカ正直でたくさんの失敗を経験しているにも関わらず、それでもバカ正直でいたい理由がいくつかあります。

本音を言わないズルさはいらないと思うから

基本的に、気持ちを隠すのが得意ではありません。すぐ顔に出ます。嫌なことがあった時に、笑ってごまかすのも苦手。だから、隠しません。言いたいことは言います。

相手が本音を言わないのであれば、わたしも本音を言わなければいいのですが、それって人と人の関わりなのに、すごく気持ち悪いことだと思いませんか?

それならば、バカ正直でもいい。どんな状況であれ、隠さずに本音は言いたいです。

こんな自分でも認めてくれる人がいるから

バカ正直ゆえの失敗はたくさんあります。こんなわたしは、人生の負け組なのかもしれません。しかし、バカ正直ゆえ信用を得ることもできます。認めてくれる人たちがたくさんいるのです。

バカ正直=単純なので、わたしに対する周りの理解度は高いと思います。周りの人たちが自分のことをよく理解してくれているって幸せなことだと思いませんか?

わたしは自分の周りに残ってくれた人たちを大事にしながら生きていきたいと思います。

バカ正直は直らないから

残念ながら、バカ正直な性格は直りません。もしかしたら、直すつもりがないのかもしれません。そもそも発言をする時に「自分はバカ正直だ」なんて思って発言するはずもありません。

何度も言いますが、ズルく生きるととことん人は離れるので、わたしはバカ正直のままでいいです。

まとめ

バカ正直すぎて損をすることはたくさんありますが、無理にズルくなって、ズルい人に合わせても、生き辛くなるだけです。バカ正直な人たちは、とことんバカ正直でいればいいじゃないですか。

ズルい人にはズルい人しかマッチングしません。バカ正直なあなたには、あなたを信頼する人たち、あなたを理解してくれる人たちが集まるでしょう。

baka-honesty

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。