【東京グルメ】世界のビール博物館・ソラマチ店で、世界のビールに陶酔せよ!

world-beer-museum-solamachi1

世界のビール博物館とは?

世界のビール博物館」は、東京・大阪・横浜・名古屋に展開しているビアレストランです。

最大の特徴は、なんといってもビールの種類。200種類以上のボトルビールと20種類以上の輸入樽生ビールがあるということで、ビールファンは涙を流して喜んでください。

今回はビール好きのわたしが「世界のビール博物館」のソラマチの店舗に行ってきたレポートをお送りします。

世界のビール博物館・ソラマチ店の特徴

「世界のビール博物館」のソラマチ店の特徴をまとめてみました。

とにかく広い店内

なんと300人以上が座れるという広い店内。究極の贅沢は、テラス席から東京スカイツリーを眺めながらのビール。ただし、テラス席ではなかったので、その究極の写真はなし。ご自身で体感してください。

world-beer-museum-solamachi2

とにかく豊富なビール

ビアレストランなので、やはりビールです。ドイツ・イギリス・アメリカ・ベルギー・日本・チェコの20種類以上の「世界の樽生ビールコレクション」は、とにかく注目。驚きは200種類以上の直輸入ボトルビール。ありすぎて涙が出るくらいの数。

「フランツィスカーナーヴァイスビア(300ml・900円)」は、バナナのような香りで苦味がなく口当たりがマイルド。「ホフブロイミュンヘナーヴァイス(300ml・900円)」は、すっきりシャープで飲みやすい印象。

world-beer-museum-solamachi3

「世界のビール博物館」に来たなら、これは飲んでほしい。5種類のビールが楽しめる「日替わりミュージアムビールセット」です。ドイツ・イギリス・アメリカ・ベルギー・チェコのそれぞれ全く異なるビールが味わえます。

world-beer-museum-solamachi7

とにかくビールに合う料理

ビアレストランですから、当然ビール合う料理が用意されています。

ツナマヨCOBBサラダ(980円)。まずは野菜で空腹を軽減させましょう。結構ボリュームあります。

world-beer-museum-solamachi4

おすすめのアメリカンナチョス(980円)。チリコンカンとアボカドの組み合わせは、ビールにベストマッチ。

world-beer-museum-solamachi5

お待たせしました、こちら「世界のビール博物館」の名物「バーベキュー スキュアー(3,980円)」です。牛・仔羊・燻製チキン・カジキマグロ・海老・チョリソー・パプリカ・ししとう・パイナップルが一堂に会し、観客を盛り上げます。

world-beer-museum-solamachi6

さまざまな種類を一気に楽しめるので、これは必ず注文したいところですね。動画も載せておきます。

とにかく昼から飲める

「世界のビール博物館」のソラマチ店ですが、午前11時からやっています。昼からビールが飲めるなんて最高じゃないですか。皆さん、テラス席で優雅に夢を語り、そして愛を語り、極上のひとときを楽しんでいました。

まとめ

「世界のビール博物館」のソラマチ店は、ビールが豊富でビール好きにはたまらないビアレストランでした。

東京スカイツリーに行った後は、こちらのお店で昼からビールを楽しんでみてください。

「世界のビール博物館」の公式サイトはこちら。

world-beer-museum-solamachi1

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。