【静岡ラーメン】「あじぶか」の味わい深いスープには中毒性があるよ

ajibuka1

新鋭ラーメン店「あじぶか」とは?

あじぶか」は、2016年3月に、私の友人のお兄さんが静岡市清水区梅ヶ谷にオープンさせたラーメン店です。

ajibuka2

「あじぶか」という店名の由来は、大将の座右の銘である「味わい深い人生」からきているそうです。なるほど、人生もラーメンも味わい深くということですね。「あじぶか」の味わい深いこだわりのラーメンを食べに行ってきましたよ。

「あじぶか」の店内

店内はカウンターとテーブルのシンプルかつコンパクトな構成。おしゃれラーメン店が乱立する現在、流行りに逆行している感じが好印象。昔懐かしい雰囲気が落ち着きますよね。

ajibuka3

「あじぶか」のメニュー

看板メニューの鶏醤油ラーメンこく醤油ラーメンは、それぞれノーマル、メンマラーメン、チャーシューメンの3種類ずつあります。

ajibuka5

サイドメニューの餃子・チャーシュー皿・メンマ皿も好評だそう。どれもビールとの相性は抜群ですね。

ajibuka6

こくチャーシュー麺レビュー

私が注文したこくチャーシューメン(1,100円)。国産豚肉を使用して作ったこだわりの自家製チャーシューが6枚ほど、あとはこちらも自家製のメンマ、ネギが散りばめられています。

ajibuka7

スープの見た目はかなり濃いですが、意外にもしつこくない。むしろすっきりしています。ごくごく飲める中毒性がありますね。こちらと同じような味のスープには出会ったことがありません。

ajibuka8

細麺にスープが絡まり、口の中に深い味わいが広がります。喉越しも非常にスムーズで良い感じ。

ajibuka9

これがこだわりチャーシューですね。脂っこくなく何枚でも食べられそう。んまい!

ajibuka10

こちらは友人が注文した鶏チャーシューメン(1,100円)。こくチャーシューメンより、スープが黒いことがよくわかると思います。

ajibuka12

スープは、色の印象とは違って重くはないですね。こくシリーズと味が全然違うので、友人や家族と行く時には、両方のラーメンを注文してシェアして食べ比べると違いがよくわかります。

「あじぶか」のおすすめポイント

大将のこだわり

こくシリーズ、とりシリーズのスープを煮込む時間はそれぞれ違うそうで、大将の研究とこだわりによって丁寧に作られています。

自家製のチャーシューは、同業者も認める逸品。こちらは1本丸ごと買える(4,000円〜5,000円)そうで、今夏よく売れたとのこと。うーん、確かに冷たいビールにチャーシュー最高ですね。

ajibuka11

大将の人柄

「あじぶか」の大将はとてもフレンドリーな方です。「あじぶか」ファンは、ラーメン自体にハマっているのはもちろんですが、こちらの大将の人柄を気に入る人が本当に多いんですよね。

ajibuka4

「一元」とのコラボ企画実施中

清水の名店である「一元」の八木間店さんとコラボ「昔なつかしラーメン(750円)」を無期限で提供中。「あじぶか」と「一元」それぞれの特色があるとのことで、食べ比べてみるのも面白いかもしれません。

ajibuka15

お店の情報

店名 あじぶか
住所 静岡県静岡市清水区梅ヶ谷242-1
TEL ???
営業時間 11:00~14:00
17:00~20:00
定休日 月曜
座席 14席
駐車場 あり(3台)

JR清水駅を背にひたすら山の方角へまっすぐです。駐車場は3台しか停めることができないのでご注意を。

ajibuka16

まとめ

清水の新鋭ラーメン店「あじぶか」のラーメンには、また食べたくなる不思議な魅力が詰まっていました。「あじぶか」に魅せられたファンも多いようで、私が訪れた時も3組ほど常連さんがいましたよ。ぜひ皆さんも食べてみてください。

ajibuka1

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。