変われない人は『嫌われる勇気』を読めば何かが変わる

kirawareruyuuki

『嫌われる勇気』とは?

「心理学の三大巨頭」であるフロイト、ユング、アドラー。ベストセラーとなった『嫌われる勇気』は、アルフレッド・アドラーの思想であるアドラー心理学を哲人と青年の対話形式で、わかりやすくまとめた本である。

アドラー心理学に関する疑問は、青年が哲人にぶつけながら解かれていくので、青年を自分に置き換えて読むとよく理解ができる。

『嫌われる勇気』の概要

『嫌われる勇気』に関して、印象に残ったことを列挙していく。もしかしたら、間違いがあるかもしれないけど、だいたいこんなことが書いてあったと思う。

トラウマなど存在しない

アドラーは、トラウマという存在を否定している。たとえ、虐待など過去に辛い出来事があったとしても、それが今に影響を及ぼすことはないとしている。

虐待された過去があるから、人間関係がうまくいかないとすると、全ての人間が同じ結果になるはずだ。虐待されても明るく生きている人はたくさんいるし、必ずしも同じ結果になるとは限らない。

トラウマの是非はどうであれ、虐待があったから今がうまくいかないという原因論で話をすると、人間は前に進めないのである。

過去の意味づけは変えられる

家庭環境の問題や恋愛における失敗など、過去の出来事は変えることができない。しかし、それを自分にとって不幸な出来事だと定義していると、いつまでも過去を引きずることになる。

過去の出来事は、今の自分にとってこういう意味があったんじゃないか、こんな価値があったんじゃないか、と意味づけを変えてあげると、ぐんと今の生きやすさは変わる。

全ての悩みは対人関係

アドラーは、人間の悩みは全て対人関係の悩みだとしている。確かに人間が抱く劣等感は、他人がいるからこそ抱く感情だし、人間が優越性を追求するのも他人がいるからである。

この世に誰もいなくて一人で生きていたら、劣等感を抱く必要もないし、優越性を追求することもないだろう。

変われない人は変わる勇気がない

「変わりたいけど変われない」と言う人はよくいるが、それは変われないのではなくて、変わる勇気がないだけなのだ。

今の生き方は幸せではないかもしれないが、変わらないでいたほうが、この先どんな人生になるのかだいたいわかるし、そのほうが楽だと思っている。変われないのではない、自らが変わらないことを選択しているのだ。

課題の分離

自分の課題と他者の課題を分離して、他者の課題を切り捨てると、対人関係で悩むことはなくなる。

どれが自分の課題でどれが他者の課題か、分離の仕方は簡単で、その課題の結果を誰が受け取るかで切り分ける。例えば、「子供が勉強しない」という課題がある。その結果、受験に失敗するかもしれないが、その結果を受け取るのは子供なので、これは他者の課題だ。

他者の課題に首を突っ込んで、いろいろアドバイスをしても、おそらく他者との関係はこじれることになるだろう。他者の課題には、一切介入しない。しかし、これは見捨てるということではない。子供が助けを求めてきた時には全力で助ける。課題の分離は、ちょうど良い距離感を保つことである。

今を真剣に生きる

人生は連続する刹那であり、過去も未来も存在しない。

過去や未来が見えてしまうのは、人生全体にぼんやりとした光を当てているからだ。今という瞬間に強烈なスポットライトを当てれば、過去も未来も見えなくなる。

過去に何かあったかどうかは今をどう生きるかには関係ないし、未来がどうであるかも今考えるべき問題ではない。今ここだけを真剣に生きるべきだ。

『嫌われる勇気』はこんな人におすすめ

このような人生に迷っている人に『嫌われる勇気』をおすすめしたい。

  • 過去の出来事を引きずっている。
  • 自分は劣等感のかたまりである。
  • 今が幸せではない。絶望している。
  • 人間関係で悩んでいる。
  • 人生の生き方がわからない。

まとめ

『嫌われる勇気』を読んで、私は多くの気づきがあり、今を生きれるようになった。あなたがこれを読んで、変わるのか変わらないのかそれはわからないけれど、どう捉えるのかはあなた次第だ。

読書が苦手な人には、私も利用しているオーディオブック配信サービスの「FeBe」がおすすめ。


オーディオブック配信サービスの「FeBe」は読書が苦手な人におすすめ

2016.09.12

kirawareruyuuki

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。