眼精疲労フィーバーなわたしがおすすめするロート目薬ベスト4

dryeye

疲れ目生活

みなさんは、眼精疲労やドライアイに悩まされていませんか?涙の量は年齢とともに低下していきますが、涙の分泌を増やす治療法は、いまだ確立されていません。ですので、補助アイテムとして目薬を活用すると良いと思います。

わたしは、仕事とプライベートで1日10時間以上パソコンを使っています。当然ながら、眼精疲労がハンパないです。今日は、そんなTHE疲れ目ブロガーのわたしがおすすめするロート製薬さんの目薬を4つ紹介しますね。

疲れ目ブロガー的目薬ランキング

第4位 ロート ソフトワン点眼液

第4位は、ロート ソフトワン点眼液。塩化カリウム 0.1%、塩化ナトリウム 0.4%と、シンプルで涙に近い成分の目薬です。ドライアイ、目の疲れ、目のかすみに有効です。防腐剤を使っていないのも嬉しいです。

1本5mLの小さい容器が4本入ってるのですが、それほど頻繁に目薬を使わない方は、これぐらいの小分けのタイプのほうが便利ですよね。ポケットに入れても全然気になりません。

第3位 ロートビタ40α

第3位は、ロートビタ40α。これ300円以下で安くて結構使ってましたね。天然型ビタミンE、ビタミンB6、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム、L-アスパラギン酸カリウムなど、4つのビタミン・アミノ酸類を配合した目薬です。12ml。

血行促進や細胞の代謝を促す成分などで、目の疲れや目のかすみを改善できるので、普通の疲れ目の人なら、この目薬で充分だと思います。ただ、わたしのようなベビー眼精疲労の場合、ちょっと効き目がわかり辛いかもしれません。

第2位 ロート ゴールド40

第2位は、ロート ゴールド40。栄養補給、血行促進、かゆみ制御、ピント調節、新陳代謝促進、細胞呼吸活性の6種の有効成分を最大濃度で配合した目薬です。パソコンをよく使う方に最適だと思います。たっぷり20mlなのも嬉しいですね。

これは個人的に良い目薬だなと思いました。これを使うまでは目の疲れが本当に辛かったのですが、使い出してからはそこまで疲れている感じがなくなりました。

第1位 ロートV11

第1位は、ロートV11でした。約1,300円するので、当然といえば当然の1位ですね。

疲れ目の改善、目の炎症の沈静化、充血・かゆみの抑制に効く、11種類の有効成分がバランスよく配合されている究極の目薬。値は張りますが、これは疲れ目に効きますよ。

疲れ目を改善する成分として、ネオスチグミンメチル硫酸塩 0.005%、ビタミンB6 0.1%、酢酸d-α-トコフェロール 0.05%、L-アスパラギン酸カリウム 1%、タウリン(アミノエチルスルホン酸) 0.5%、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 0.1%。

充血・かゆみを抑える成分として、クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.03%、塩酸テトラヒドロゾリン 0.05%。

目の炎症を鎮める成分として、グリチルリチン酸ニカリウム 0.1%、硫酸亜鉛水和物 0.05%、アラントイン 0.1%。

これだけの成分が入っているんです。よくわかりませんが、なんかすごいですよね。

まとめ

目薬は、会社も値段もいろいろありますが、ロート製薬さんの高い目薬なら間違いないと思います。ぜひ参考にしてみてください。

ちなみにロート製薬さんの商品名の「40」って数字、40歳の「40」って知ってました?わたしはしばらく知らずに使っていましたよ(笑)

目薬の使いすぎは、本来の涙を流す機能が衰えるおそれがあります。記載されている用法・用量は守るようにしましょう。
dryeye

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。