【静岡土産】だしップスはクセになる食感のおからとだしのお菓子

daships

だしップスって?

沼津市・静浦海産物協同組合が生んだ、だしップスというお菓子を知っていますか?

おからとだしを使ったお菓子で、これがもうクセになる食感なんです。まだ食べたことがない人は、チェックしてみてください。静岡土産としても最適です。

だしップス

だしップスの特徴

だしップスの特徴を確認していきましょう。

主原料のこだわり

原材料のおから、小麦粉、粗糖は国産。だしは、100%沼津産のサバとカツオの粉をまぶしているということで、主原料にこだわりがあるようです。

揚げ油のこだわり

遺伝子組み換えではない圧搾一番搾りのなたね油を使用しているそうです。一番搾り油は、香りが豊かでカラッと揚がるといった特徴があります。

堅めの食感

最大の特徴と言っても良いでしょう。カリッボリッな食感が面白くて、かなりクセになります。お子様のあごの成長に一役買うようなお菓子ですね。

だしップスを食べてみた

だしップスは、しお味・わさび風味・醤油味・マヨ味の4種類。早速、全て食べてみましょう。

だしップス

袋を開けると、だしの匂いがふわっと香ります。だしの味が口によく広がって、美味しいですね。カリッボリッな食感がいいですね。すごくクセになって、手が止まらなくなります。

だしップス

しおは、全ての味のベースとなるようなシンプルな味付け。だしップスをシンプルに味わいたい人にはおすすめ。わさび風味は、ピリッとしたわさび感がたまらないですね。酒の肴にぴったり。

だしップス

醤油味は、かつお節に醤油を垂らした味を想像してもらうのが一番いいかもしれません。しお味より濃いめの味付けです。マヨ味は、だしとマヨネーズがぴったりですね。個人的に一番好きでした。

だしップス

完全にビールに合う

だしップスを食べて思ったことは、「これ絶対にビールに合うやろ」ってことでした。

おからとだしが主原料の為、後味がちょっと重めなんです。だから喉が渇くというか。ビールが欲しくなるというか。ビールを早く飲ませろというか。そんな気分になります。だから試してみましたよ、だしップスとビール。

「間違いねぇ、合う。」

だしップス

だしップスとビールのマッチングには、ただただ「ブラボー」と賞賛を送りたいです。静岡の皆さんはもちろん、他県の皆さんにもぜひ味わっていただきたい!

だしップスはどこで買える?

だしップスは、基本的に静岡県東部のコンビニ・キヨスク・ホテル・旅館などで買うことができます。ちなみにわたしは、いけすやという沼津の定食屋で買いました。主な取扱販売店は、以下のページでご確認ください。

ごく一部の店舗しか取り扱っていませんが、楽天市場でも買えるようですね。

まとめ

だしップスは、カリッボリッの食感がたまらない、おからとだしを使った不思議なお菓子でした。静岡土産として、他県の皆さんに配りたいぐらいです。

最後に、だしップスダンスの動画を見てお別れしたいと思います。わかります、見るに堪えないですね。でもほら、だしップスと一緒でなんかクセになりません?ならないか(笑)

「だしップス」の公式サイトはこちら。

daships

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

静岡のグルメ・イベント・観光地の情報を中心に、Webサービス・商品レビュー・オピニオン・音楽の記事も書きます。また、ぐるなびの「みんなのごはん」では、地方ライターとして静岡のグルメを全国に発信中。だいたいビールを飲んでます。